マウスピース矯正一覧

マウスピースに関する情報を掲載しているページです。マウスピースのメリット・デメリット、費用、経過、体験談などについて詳しくご紹介しています。

マウスピース矯正って?

マウスピース矯正は、近年急速に普及してきました。従来の矯正方法では矯正治療を行えなかったという方でも、マウスピース矯正の普及によって、手軽に矯正治療をはじめられるようになってきたのです。

従来の矯正方法は、ブラケットと呼ばれる装置を歯に装着し、ワイヤーをそのブラケットに巻きつけることで、歯を締め付け、矯正を行っていくという方法でした。

マウスピース矯正では、それらの器具を装着することなく、透明なマウスピースを装着することによって矯正を行っていくという矯正方法です。

従来の矯正方法に比べ、痛みが少ない、透明で目立たないといったことが特徴として挙げられるマウスピース矯正ですが、まずはマウスピース矯正のメリットを見ていくことにしましょう。

マウスピース矯正のメリットとは?

マウスピース矯正には数多くのメリットがあります

  1. 見た目が目立たない
  2. 取り外しができ食事が楽しめる
  3. 虫歯のリスクを減らすことができる
  4. 装置が外れる心配がない
  5. 金属を使用しない

マウスピース矯正のメリット①見た目が目立たない

マウスピース矯正を選ぶ理由としてまずは見た目が目立ちづらいということが挙げられます。

ワイヤー矯正などの従来の歯列矯正に比べると、見た目の面に関しては、透明であることから周りからは気づかれることもありませんし、人と接する機会の多い営業職の方であっても安心して着用することができるのです。

マウスピース矯正のメリット②取り外しができ食事が楽しめる

取り外しができるという点は、透明だから見た目が目立たないといったメリットと共にマウスピース矯正の最大の特徴ということができます。

取り外しができることによって、不自由なく食事を楽しむことができるのです。ワイヤー矯正などのこれまで主流であった歯列矯正方法では、患者一人ひとりにあった調整をすることが難しく、ワイヤーの締め付けが強すぎることによって、時には豆腐のような柔らかい物であっても痛くて噛むことができないといったような方もいるくらいでした。

そうした中、マウスピース矯正の登場によって、患者一人ひとりにあった、無理のない段階を踏んでいく矯正方法ができるようになっていきました。無理のない歯列矯正が行えるようになったことで、これまでの歯列矯正方法に比べて痛みを感じることも少なくなり、さらには、ワイヤーに食べ物が引っかかってしまうといったこともなくなりました。

マウスピース矯正のメリット③虫歯のリスクが低減

また、自由に取り外しができるようになったおかげで虫歯のリスクも以前の歯列矯正に比べたら、格段と少なくなったということができるのです

取り外しができ、歯磨きの際にもワイヤーなどが邪魔するといったことがないので、歯石が残ってしまうこともなく、歯周病や虫歯のリスクが低くなっていきます。

しかしながら、マウスピースの洗浄などを怠ると、マウスピースにも汚れはどんどん蓄積していくので、虫歯になる可能性は否定できません。

水で洗い流すだけで十分だという説明を受けるかもしれませんが、実際に同じマウスピースを2週間使用し続けるので、臭いや汚れは気になっていきます。そうしたなかで、手間を掛けることのなく、洗浄剤などをつけることによって簡単に手入れを行えるのでぜひ、マウスピースの洗浄を怠らないようにしてください。

マウスピース矯正のメリット④装置が外れる心配がない

また、マウスピース矯正では装置の外れる心配のないのがメリットです

ワイヤー矯正では器具が取れてしまったり、ワイヤーが外れてしまうということがおきていました。ブラケットと呼ばれる小さな器具を歯につけるわけですが、これが取れてしまうというトラブルが生じてしまうのです。顎間ゴムを使った矯正においても、ゴムが外れて期待していた効果が発揮できないということもありました。

そうした中で、1日の中で20時間以上着用し続けるわけですが装置が外れる心配もなく、トラブルなく矯正治療が行えると言えるでしょう。

マウスピース矯正のメリット⑤金属を使わないので、アレルギーでも心配なし!

ワイヤー矯正では、金属でできた器具を着用するため、金属アレルギーがある人は、歯列矯正ができないといったことがありました。

最近では、ワイヤー矯正でも金属を使わない種類もでてきましたが、マウスピース矯正では、プラスチック製でありこれらの矯正方法は、誰でも利用できる安心した矯正方法と言い替えできるのです。

マウスピース矯正のデメリットについて

さて、マウスピース矯正のメリットを見てきましたが、メリットだけでなくデメリットに関しても把握しておく必要があるでしょう。

マウスピース矯正のデメリットについては大きく分けて、以下のとおりです。

  1. 適用できない症例がある
  2. 効果に差が出やすい
  3. 手入れが面倒である

マウスピース矯正のデメリット①適用できない症例がある

マウスピース矯正では、症状によっては適用できない症例があることを把握しておく必要があります。

インビザラインには、各年層、各症状に適した種類が存在しています。10代向けに作られものであったり、部分的な矯正のために作られ比較的安価で治療が進めていけるものなど数多くの種類が存在するわけですが、どうしても症状が重い人の場合、骨格を変える、あるいは骨格を削る必要性も出てくるため、マウスピース矯正だけで治療を進めていくことはできません。

また、種類のラインナップが増えて多くの人がマウスピース矯正することはできるようになったわけですが、なかなか全種類に対応しているというクリニックはすくないため、クリニックによっては選ぶ選択肢が少なくなってしまうということも考えられるのです。

無料カウンセリングを行うクリニックは非常に多くなっていますし、マウスピース矯正とその他の矯正方法とを組み合わせて治療を進めていくこともできるので、まずは無料カウンセリングを受けることで、自分の症状がどのようなものなのかを把握して、自分にあった矯正方法を選ぶことが良いでしょう。

マウスピース矯正のデメリット②効果に差が出やすい

さてマウスピース矯正のデメリットを考えていくうえで、人それぞれによって効果に差が出やすくくなっていしまう恐れがあります。

マウスピース矯正は取り外しができるといったメリットを持ち合わせているわけですが、そのメリットが時にはデメリットになりうるのです。

マウスピース矯正では取り外しができることに加え、数ヶ月に一回の定期通院で済んでしまうので、医師が常に患者の状態をチェックするといったことが難しくなってしまいます。

マウスピース矯正は、その他の矯正方法に比べて、患者本人の裁量に任される比率が多くなってしまうのです。

着用を怠ることで、当初の計画とのズレが生じてしまい、人によって効果に差が生まれてきてしまうのです。

もちろん、症状の個人差があるため厳密に他の人と比較することはできないのですが、着用時間を如何に守ることができたのかということで、効果が実感できるのか否かが変わってくるのでしょう。

マウスピース矯正のデメリット③手入れが面倒

また、マウスピース矯正のデメリットとして、手入れが面倒なことが挙げられます。

マウスピースにはどうしても汚れがたまりやすいことは、先ほど述べましたが、ブラッシングなどで清潔な状態を維持することは大変難しくなってしまいます。

マウスピースをいかにしてきれいに手入れをしていくのかがマウスピース矯正を進めていく際に非常に重要になってきます。

ブラッシングでは、たいして綺麗になりませんし、時間も労力も多くかかってきてしまいます。そうした中で、マウスピースを簡単に手入れすることができれば、デメリットを減らしていけるので、ぜひ活用していくと良いでしょう。

マウスピース矯正は痛いのか?

マウスピースは痛いのでしょうか。

ワイヤー矯正では、一人ひとりの症状に完璧に合わせることはできません。医師の矯正治療の経験に左右されることも多く、ワイヤーの調整には、キツく締め過ぎたら痛みが増えていくし、緩くしてしまったら痛みはないものの矯正力が低くなってしまい、矯正の効果が発揮されなくなってしまいます。

これまでは調整の難しさが医師の技量によって左右されていたわけですが、マウスピース矯正が生まれたことにより、一人ひとりの症状に適しした矯正治療が行えるようになったのです

マウスピース矯正では歯型や口腔内のスキャンによってシュミレーションが行われ、完成形までの計画が一気に立てられます。

コンピュータを使い、シュミレーションを行うことにより、一人ひとりの症状に詳細までも的確に再現することができるようになったため、無理のない矯正が行われるようになり、マウスピース矯正では痛みを感じることが少なくて済む様になったのです。

マウスピース矯正の費用や期間について!

マウスピース矯正にはどれくらいの費用がかかってくるのでしょうか。もちろん人それぞれ症状に個人差があるため、かかってくる期間や、費用、値段も変わって行きます。

近年のマウスピース矯正の急激な広がりによって、マウスピース矯正には様々な種類が生まれてきました。そうした中で費用にも幅ができてきました。

歯列全体を矯正していく場合の費用と期間については以下の通りです。

  • 費用は80~100万円前後
  • 約二年の矯正期間(その後、保定期間)

部分矯正を行う場合の費用や期間については以下の通りです。

  • 費用は10~50万円
  • 期間は数ヶ月~半年程度

近年マウスピース矯正の中でも、もっとも注目を集めているインビザラインのかかる費用の一覧はこのようです。

インビザラインの種類 治療費用
インビザライン・フル 80~100万円前後
インビザラン・ライト 50万円前後
インビザラン・ティーン インビザライン・フルと同様
インビザライン・i7 10万円前後

インビザライン・フルとインビザライン・ティーンは、歯列全体の矯正方法となっていますので100万円前後の費用がかかってきます。

インビザライン・ライトやインビザライン・i7は部分矯正であり、症状が軽ければ軽いほど治療期間も費用についても安く短くなっていくといえるのです。