デメリット一覧

インビザラインのデメリットについてのカテゴリーページです。

インビザラインには、矯正していることが目立ちにくい、取り外しができることでストレスを感じずに食事を取ることができるなど、様々なメリットが存在します。

しかしながら、メリットばかりに注目するのではなく、インビザラインの矯正におけるデメリットにおいても詳細に知っておくことも重要です

メリットばかりに注目しがちですが、メリット・デメリットの両面の理解が欠かせません。

メリット・デメリットの両面を知ることで

  • インビザラインがどのような特徴を持っているのか
  • インビザラインが他の矯正方法よりも優れているのか

などを正しく理解することができるのです。

ぜひ、デメリットカテゴリーにある記事をご覧いただき、インビザラインがどういった矯正方法なのかを正しく理解したあとに、矯正治療に励んでいただきたいと思っております。

デメリット① 着用期間が決まっている

インビザラインには、食事の際に、取り外しができるというメリットがありました。

しかしながら、この取り外しができるというメリットこそが、デメリットにつながってしまう恐れもあるのです。

インビザラインには1日の着用期間が決められています

1日のうち20時間と決められているため、基本的には、食事の時以外はずっとインビザラインをつけていることになります。

着用期間が守られていないと、治療の最初の段階で決めた矯正の計画からのズレが生じてきてしまいます。

一度ズレが生じてしまうとなかなか対応することが難しく、矯正が失敗におわってしまう恐れも出てくるのです。

インビザラインでは、歯型やレントゲン写真、口腔内をスキャンすることによって、矯正を始める前に、コンピュータによって完成形までのシュミレーションが行われ、その完成形に向けたマウスピースが一気に作られていきます。

途中でつけ忘れたからと言って、もう一度前の段階に戻って、前のマウスピースに戻って治療を再開するということが厳しくなっていくのです

デメリット② 虫歯の原因

またインビザラインでは、虫歯にならないように徹底的に注意していかなくてはなりません。着用期間を守れなかったときと同様に、途中で虫歯になってしまい、当初の計画からのズレが生じてしまったらインビザラインの治療を進めていくことはできません

インビザラインは、一人ひとりにあったオーダーメイドのマウスピースです。

ですので、虫歯ができてしまい、今までの歯列と少しでも違いが生じてしまったら、マウスピースがうまくはまらなくなってしまいます。

歯とマウスピースの間に空間が生じてしまうのことになってしまい、インビザラインでの矯正治療は進めていけないのです。

ですので、まずはインビザラインの治療を進めていく上で、

  • インビザラインの着用期間を守るということ、
  • そして虫歯にならないために、虫歯予防を徹底していくこと

が重要になってくるのです。

デメリット③ 手入れが面倒くさい

どうして、虫歯になってしまうのだろう?ということを考えた場合、マウスピースの手入れが面倒である事が挙げられるでしょう

マウスピースの手入れと聞いて、歯ブラシを使ってブラッシングすることを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし実は、歯ブラシでブラッシングしていくだけでは、マウスピースに付着した汚れは洗い落とすことが難しいのです。

自分では、ブラッシングできれいになったと思ったとしても、洗い残しているために、口臭の原因になってしまったり、虫歯の原因になってしまうのです

超音波洗浄機や、洗浄液、洗浄剤などをしようすることで、インビザラインを清潔に保ち、虫歯になることもなくインビザラインの治療を進めていく事ができます。

オススメの洗浄方法につきましては、以下の参考記事において紹介しております。マウスピース矯正をすすめる上で欠かせない情報ばかりですので、併せてご覧ください。

デメリット④ アタッチメント着用が目立ってしまう

さてその次に考えられるデメリットは何でしょうか?

インビザラインでの治療では、アタッチメントと呼ばれる装置を着用する場合があります。

アタッチメントをつけることで、歯とマウスピースの密着度を高め、矯正の効果を最大限に発揮して、治療期間の短縮につながるというメリットがありました

しかしながら、アタッチメントと呼ばれる装置の着用によって、インビザラインの目立たないというメリットがなくなってしまう恐れがあるのです。

アタッチメントは、インビザラインで矯正治療をおこなう人全員が使用すると言うわけではありません。

どうしてもアタッチメントを着用したくないという方は、あらかじめ医師に相談しておくことで、アタッチメントなしで矯正治療を進めていく事ができるでしょう。

しかしながら、アタッチメントをつけないことのデメリットもあり、アタッチメントをつけることによって、歯列の細かい動きが可能になるといえるため、アタッチメントをつけないことによって、治療期間が長引いてしまうといった可能性も否定できません

アタッチメントは基本的に歯の色に近い、あるいはマウスピースと同じく無色透明です。

しかしながら、アタッチメントをつけることによって、特に前歯において目立ってしまいます。

アタッチメントによって歯の表面に凹凸が生じてしまい、周りの人から見たら、インビザライン自体は気にならなくてもアタッチメントによる凹凸が気になってしまうのです

インビザラインのアタッチメントにつきましては、アタッチメント着用で目立ってしまうのかどうか、口コミや体験談を含め、以下の記事でご紹介しております。ぜひご一読ください。

デメリット⑤ 適応できない症例がある

また、インビザラインのデメリットとして考えられるのは、適用できない症例があるということです。

歯並びや症状が重症の場合、インビザラインだけで直していくことは難しく、その他の矯正方法と組み合わせて、治療を行っていくことが求めら得ていくのです。

近年では、インビザラインにおいても様々な種類が誕生してきています

適応症状や適応年齢によって、現在ではインビザラインは4種類の矯正法が存在しています。

  • インビザライン・フル
  • インビザライン・ライト
  • インビザライン・ティーン
  • インビザライン・i7

値段やかかる費用においても違いができてきており、いままででは治療ができなかった小さなお子さんでも治療ができるようになってきました。

しかしながら、そうした新しいインビザラインについては、治療経験のあるクリニックがまだまだ少ないというのが現状であり、未だに、適応できないといったケースが多く見受けられるようです

デメリット⑥ 効果に差が出やすい

着用期間が守れず、インビザラインの矯正が失敗に終わってしまうといったデメリットをお伝えしました。

インビザラインのデメリットとして、効果に差が出やすいといったことも挙げられるでしょう。

従来の歯列矯正のメインであったワイヤー矯正においては、ワイヤーや器具を歯に固定し、定期的に通院する際にワイヤーの締め付けを強めていくという方法でした。

もちろん、ワイヤー矯正では器具を自分の手で取り外すということはできません。

しかしながら、インビザラインのようにマウスピース矯正においては、自分の手で取り外しができてしまします。

インビザラインでは、取り外しができてしまうことに加え、定期的な通院が必要ないがために、医師の目の届かない、着用時間や使い方に関してのことは、患者に任せることになっていしまうのです

そのため、効果に差が出やすいといったデメリットを生じさせてしまうのです。

デメリット⑦ つけたまま食事できない

インビザラインの最大の特徴として、取り外しができるといった点が挙げられます。

しかしながら、人によっては取り外しができるということがデメリットに感じてしまうのかもしれません

着用時間が1日20時間と決められていますが、食事の際には、取り外さないといけません。

つけたまま食事をすることも不可能ではないのですが、つけたまま食事をしてしまうと、マウスピースに食べ物の着色をもたらす恐れがあります。

さらには、マウスピースと歯の間に食べ物が挟まってしまったりと虫歯になる確率が増えていってしまうのです。

デメリット⑧ 飲み物にも注意が必要!

インビザラインの治療では、食べ物だけでなく、飲み物にも注意して生活しなくてはなりません。

食べ物による着色に加えて、飲み物での着色にも十分に注意しなくてはならないのです。

特に注意が必要になってくるのが、コーヒーや紅茶などの飲み物です。

色の濃い飲み物を飲まないように心がけることがインビザライン矯正の成功への第一歩になることでしょう。

その他、インビザライン矯正中に気をつけないといけない飲み物については以下の記事でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

デメリット⑨ インビザラインが痛い

これまでの歯列矯正方法に比べて、無理のない、そして患者自身の症状に併せて矯正していくことができるインビザラインですが、痛みを全く感じないというわけではありません。

インビザラインでは、約1週間に一度、新しい次の段階のマウスピースに取り替えていくわけですが、マウスピースを取り替えた数日間は、歯が動くことにより痛みを感じる可能性もあります。

また、マウスピースが、舌や歯茎に当たり痛みを感じるということもあります。

そうした場合には、マウスピースと歯茎が当たらにように守ってくれる歯科矯正用のワックスがあるので活用してみるとよいでしょう。

以下の記事では、インビザラインがどのようなときに痛みを感じやすいのか、そしてその解決策を取り上げております。ぜひご覧ください。

ワイヤー矯正に比べて、痛みが大幅に軽減されたインビザラインですが、デメリットを正しく理解していただくことで、あなたの歯科矯正がより良いものになっていくことを願っております。