歯の捻転には〇〇を!元歯科衛生士さんの歯列矯正とは?




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

笑みデンタルオフィスでは、矯正治療の体験談を随時募集しております。

体験談によって、これから矯正を始められる、あなたのお役に立てることを願っております。

今回は、歯科衛生士をなさっていた、てんつまさんにお話を伺いました。

てんつまさんは、歯科衛生士のお仕事をなさるとともに、自らも歯列矯正の経験を持っていらっしゃるので、治療をする側、受ける側の両方を体験されており、大変興味深いお話がいただけました。

上の前歯の捻転が気になっていましたが、いちばんのきっかけは歯科衛生士として歯医者で働き始めたことです。

2.どういった症状を改善するために矯正治療をはじめられたのですか。

私の悩みだったのは、上の前歯の「捻転」です。歯が回転してしまっていたため、まっすぐ向いていませんでした。

  • 「捻転」を改善したい、
  • きれいな歯並びを手に入れたい

という思いから、歯列矯正治療をはじめることにしました。

3.抜歯の経験、アタッチメント着用の経験はありますか?

歯列矯正に伴って、私の場合は、抜歯はしませんでした

歯の捻転が悩みでしたが、その他の部分は、症状が軽かったため、アタッチメントの着用をすることもなく、スムーズに治療を進めていくことができました

治療にかかった期間は、約7ヶ月間です。上顎のみの治療で、約7ヶ月程度治療を行いました。


4.歯列矯正での困ったこと、失敗談があれば教えてください。

最近人気を集めているマウスピース矯正ではなく、私の場合は、歯の表側にブラケットと呼ばれる矯正器具を着けての矯正治療でした。

矯正器具を、歯の表側につけていたので目立つのがとても嫌でした。また、歯列矯正で困ったこととして、食事が挙げられます。

特に、食事中笑えないことがつらかったですね。食事中に矯正器具に食べたものが引っかかる事が多く、非常に大変でした。
また、歯磨きも困りましたね。歯磨きもいつもより時間がかかり、虫歯になることも非常に心配でした。

5.歯列矯正で役に立った、つかってよかったアイテムを教えてください

歯列矯正では、歯のお手入れが非常に大変でした。歯磨きはいつもより時間がかかりますし、少しでもお手入れをサボってしまうと、虫歯になってしまうので、心配でした。

そこで私からは、歯列矯正で役に立った、つかってよかったアイテムとして、以下2つを紹介したいと思います。

  • 歯間ブラシの肢の長い物
  • タフトブラシ

歯をきれいに保つために、虫歯にならないようにするために、歯間ブラシの肢の長い物、ワンタフトブラシでの清掃が必須でした。

当サイトでは、虫歯予防について、「歯列矯正中に虫歯にならないために〇〇が効果的!?」という記事の中で詳しくご紹介しております。

6.これから歯列矯正をはじめられる方に一言お願いします。

歯列矯正には、ただ歯並びを綺麗にする。という目的以外にも歯列が綺麗になることで虫歯になりにくくなったり、歯磨きが楽になるメリットもあリます

ですので、歯列矯正で得られるものは非常に大きく、価値のあるものだと思います。

ただ、矯正をはじめるには、高額ですし、矯正後の保定もあるので、よく考えてから矯正していかなくてはいけません。

歯列をいじるということは噛み合わせも変わるということなので、そういったデメリットも考慮して慎重に、また歯科医と十分相談して、計画的に治療してほしいとも思います。

今回ご協力頂いた方をご紹介

最後になりましたが、今回、歯列矯正体験のインタビューにご協力いただいた、てんつまさんをご紹介させていただきたいと思います。
てんつまさんは、自身の歯科衛生士の経験をもとに、歯科情報や育児などさまざまなジャンルをブログにてまとめられています。
歯列矯正の治療をほどこす側についても、治療をうける側についても、知っておられるてんつまさんのブログをご覧いただくことで、歯科目線、患者目線の両方からの体験を理解いただけるのではないでしょうか。