顎変形症は手術が必要!?歯列矯正を安心してはじめよう!!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

歯列矯正では、歯並びだけを治しても噛み合わせが良くなるとは限りません。顎変形症といわれる症状の場合、歯並びだけでなく、骨格を治す必要があり、外科手術を行うケースもあります。

そこで実際に、「顎変形症を治すため」の歯列矯正をされている方に、お話を伺いました。伺った体験談をもとに、あなたの矯正治療のお役立てになればと思います。

最後には、症状の重い方でも手術なしで歯列矯正がはじめられる当サイト人気のクリニックについてもご紹介しますのでぜひご覧ください。

歯列矯正体験談(顎変形症にお悩みの方)

当サイトでは、北海道札幌市在住の21歳男性に歯列矯正のお話を伺いました。(2018年7月)

  • 北海道札幌市在住の21歳男性
  • 顎変形症に悩みをかかえる
  • 現在、ブラケットによる歯列矯正中
  • 一年半後、外科手術を予定(2018年7月現在)

ぜひ、今後の矯正治療の参考になさってください。

Q.あなたの歯列矯正体験を教えてください。

僕の歯列矯正の場合、歯並びだけを直しても噛み合わせが良くならないんです。 顎(受け口と左右のズレ)も矯正することを条件に、セットで受けることで保険が適用されています

顎は外科手術で「普通に整形では??」と思われますが、一応「審美」の部類からは除外されます。 そのほかにも、矯正器具は前側ブラケット等規制はありますが、トータルで30万程で収まるようです。

Q.歯列矯正の流れを教えてください。

歯科矯正は審美治療の場合もありますが、一方僕のように「歯列矯正をしなければ、本来の機能を十分に発揮できない。ゆくゆくは健康を害する可能性がある場合」に保険が適用されると説明されました。
その結果、見た目も良くなる。だから、審美はオマケで、機能改善がメインのようです。
僕が通っているのは、矯正歯科(同じ矯正を受けていた友人の紹介)と、整形外科です。
僕の今までの矯正治療の流れは、
  1. 矯正歯科 健診(レントゲン等で状況の確認)
  2. 歯型取りを経て、「外科手術で顎も矯正しないときれいな歯並びにならないと告げられる」
  3. 詳しい話(どういう手術をするか、その後の流れの説明)を聞いた上で、同意書を作成
  4. 整形外科 血液検査やMRIなど、外科手術を受けられるかの検査
  5. 抜歯(歯列矯正に必要、第四歯2本と親知らず3本)
  6. 矯正歯科ブラケット装着(現在3ヶ月目)
ざっくりと、こんな感じです。

Q.外科手術のタイミングなどを教えてください。

外科手術は、歯列矯正が終わったあと(約2年後)です。
外科手術が必要な場合は身体の成長が止まっている必要があるので、男性だと高校生以降でないと受けられないようです。
また、手術は口腔内で内側からの切開になるので、顔の面に傷がつくことはありません。 術後は2週間の入院が必要のようです。
外科手術後は、おそらく普通の歯科矯正と同じように後戻りを防ぐため通院が必要のようです。
おおよその、僕の症例をまとめますと、
  • 歯列矯正のみでは歯並びがよくならない為、外科手術が必要であること(顎変形症であること)
  • 身体の成長が止まっていること
  • 歯列矯正はブラケット(前側)のみ
といったところでしょうか。
現在は、型取り、MRI、抜歯、器具の装着くらいしか受けていないので、あまり特殊なことはなく、他の矯正治療をされている方と違いはないと思います。
ブラケットでいうと、
  • 調整後2日は物が噛めない(奥歯で撫でるのが限界)
  • 物がすごい挟まるので、食後は口をゆすぐのが必須
といったことが悩みですね。
外科手術自体はあと1年半後なので、経験された方のお話を僕も伺ってみたいです。

インタビューまとめ

今回は、顎変形症の方にお話を伺いました。矯正治療を始める方の多くは、外科手術を伴わない軽い症状をもつ方です。

外科手術を必要とする、顎変形症といった症状の場合には、近年注目を集めているインビザラインといった、マウスピース矯正を進めていくことは残念ながらできません

顎変形症の症状がある場合には、歯列矯正とともに骨切り手術と言われる外科手術を行う必要があるといえるのです。

歯並びを治すと同時に、あるいは歯並びを治したあとに機能を十分に発揮させるために外科手術を必要とするのが一般絵t機であると言えるでしょう。

外科手術無しで顎変形症を完治できる!?

近年、歯列矯正には、いままでのワイヤーをつかった矯正方法に加えて、透明で目立たない矯正方法であるインビザラインなどが登場してきました。

歯列矯正の種類が増えていくことで、いままでの矯正方法では上手に矯正を進めていけなかった方であっても、治療を行うことができるようになってきました。

さきほど、顎変形症のような症状の重いケースでは、骨切り手術という外科手術を行う必要があると述べました。

最後になりましたが、いままでの方法では外科手術が必要であった方であっても、手術なしで歯列矯正を進めていくことができる方法をご紹介していきたいと思います。

外科手術なしで顎変形症を完治!?

外科手術が必要な症例の治療を行うことは、医師にとっても難しいことでしょう。

そうした中で、外科手術なしで顎変形症を完治できるクリニックがあります

骨切り手術という外科手術は、口内からメスを入れて、顎の骨を削る手術ですが、手術では非常に高度な技術が必要になってくるため、一つのミスがとても大きく影響をおよぼしてしまうのです。

大塚駅前歯科は手術なしで治療可能!

顎の骨を削る手術では、骨を少しでも切りすぎてしまうと、顔のたるみの原因になってしまったり、顔のしわの原因になってしまったりします。

できることなら、手術をしないで、歯列矯正をはじめたいという方がほとんどだと思います。そこで、オススメのクリニックが、大塚駅前歯科なのです。

2000を超える豊富な治療実績!【大塚駅前歯科】

大塚駅前歯科では、独自の「重心矯正」と呼ばれる矯正方法を取ることで、手術なしでの歯列矯正を可能にしています

無料カウンセリングを活用しよう!

大塚駅前歯科では、国内外を問わず、、受け口、出っ歯などの症状の比較的軽い方や、顎変形症などの症状の重い方からの人気を集めているクリニックです。

症状の重い方が、手術をなしで治療できるクリニックは、日本中探しても多くはありません。

大塚駅前歯科では、無料カウンセリングのみならず、無料検査・診断を行っており、自分自身の症状について詳しく知ることができるので、歯列矯正をはじめてみたいという方に非常に人気のクリニックです。

特に、出っ歯や受け口、顎変形症といった症例の実績豊富なので、他のクリニックでは、症状が重くて手術をしないと治療できませんと言われた方であっても、大塚駅前歯科では手術なしで、治療できるので、まずは、無料相談に行かれてはいかがですか?

いますぐ無料カウンセリングへ!