ゼロから学べる!インビザラインについて徹底解説!!

【2018年7月現在】最新!当サイトの歯列矯正人気ランキング
【1位】インビザラインなら 精密審美歯科センター
充実した診断窓口と国内トップランクの医師の診断!
精密審美歯科センターについてもっと知りたい方は こちらの記事をご覧下さい

【2位】インビザラインなら 銀座クリアデンタル
豊富な治療実績と最新の矯正治療設備!
銀座クリアデンタルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい

【3位】 低価格で矯正するなら キレイライン矯正
低価格短期間での治療が可能!
キレイライン矯正についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい
Pocket

笑み
歯列矯正というとワイヤーで行うというイメージがありますよね。
笑み
ワイヤー矯正は、長い間装着しながら生活しなければならず、また白い歯の上に金属のワイヤーを取り付ける矯正装置は目立ってしまいます
笑み
そこで最近注目されているのが、マウスピース矯正という目立たない歯列矯正です。
笑み
マウスピース矯正の広まりとともに、最近ではますます歯に対識が高まってきています
笑み
そこで今回は、皆さんにインビザラインという矯正方法を知っていただくために、インビザラインについて徹底解説していきたいと思います。

このページの目次

インビザラインとは何か?

従来のワイヤーを使った歯列矯正とは違い、透明な装置を使うマウスピース矯正は世界各国で導入されるようになってきており、マウスピース矯正にもいろいろな種類がありますが、その中でも多くのシェアを握っているのがインビザラインです

インビザラインについての基本情報

インビザラインとは、マウスピース型の矯正装置です。

インビザラインは、1997年にアメリカで開発された比較的新しい治療法です。

その後、1998年にアメリカのFDAの医療品として認可を受け、1999年にアメリカで治療が開始され、ヨーロッパでは2001年、日本では2006年から導入されました。

マウスピース矯正は従来のワイヤー矯正と異なり、り外しができるため食事などの際に何不自由なく過ごすことが出来ます

ワイヤー矯正では食べ物がワイヤーに引っかかってしまい食べづらいという経験をしたという人もいるのではないでしょうか。

また、インビザラインの利用者数は、世界中であわせて500万人を超えていると言われています。

日本でも近年、マウスピース矯正を取り入れるクリニックが多くなってきて、それに併せてインビザラインを利用する人も増えてきているのです。

ではなぜワイヤー矯正ではなく、マウスピース矯正が選ばれるようになってきたのでしょうか。

そこでンビザラインとは何か、そしてインビザラインを含めマウスピース矯正が選ばれるようになってきた理由何なのかという点に関しましても説明していこうかと思います。

まずインビザラインとは何なのか。

もともとアメリカ会社が生み出した歯列矯正方法で、従来の取り外しができないワイヤー矯正とは異なり、取り外しが可能なだけではなく透明で目立ちにくいため、職場や学校などで人と接することの多い人にとてもオススメの矯正方法です。

マウスピース矯正の特徴

インビザラインをはじめとするマウスピース矯正とその他の矯正方法との違いは何なのでしょうか?

  • マウスピースが透明
  • 取り外しが可能
  • 痛みが少ない
  • 交換できるため衛生的

特徴その1 マウスピースが透明

まずマウスピース矯正の最大の特徴としてあげられるのが、「マウスピースが透明である」ということです。

マウスピースが透明であるため、矯正治療中であっても周りからはわからないため、職場や学校でも何の問題もなく着けていられるというという特徴を持ちます。

特に、女性や学生などはマウスピース矯正を選択する人が多く、矯正治療を行う上でいかに見た目が重要視されてきているのかがわかります。

特徴その2 取り外しが可能

また、マウスピース矯正は取り外しが可能で、食事の際であっても何の不自由なく食事が楽しめるのです。取り外しが可能なため手入れが簡単で虫歯になりにくいなどといった特徴もあります。

特徴その3 痛みが少ない

マウスピース矯正では、1~2周間という決められた期間でマウスピースをどんどん新しいものに取り替えていきます。

1歩1歩着実に無理のないように矯正を進めていけるので、痛みが少なくてすみます

また、口の中にワイヤーなどの装置を入れなくて良いため、唇や口の中を装置が傷つけてしまうといった心配もいりません。

特徴その4 交換できるため衛生的

決められた期間でマウスピースを新しいものに取り替えていくことは衛生面からみても素晴らしい特徴だと思われます。

従来の矯正方法であると、装置と装置の間に汚れが溜まってしまって虫歯や歯周病の原因になってしまいがちでした。

そういった点でマウスピース矯正は従来の矯正方法に比べて優れているのだと思います。

その他の矯正方法の特徴

  • ワイヤー等が目立つ
  • 取り外しができない
  • 痛みが出やすい
  • 話しづらい

特徴その1 ワイヤーなどが目立つ

マウスピース矯正と大きく異なるのが、ワイヤーなどの装置を装着するため、矯正していることが周りから見てとても目立つということです。

人前に出る機会の多い人にとってはかなりの負担になってしまうのではないでしょうか。

特徴その2 取り外しができない

装置を固定しなくては行けないために、取り外しをすることが難しくなってしまいます

取り外しができないので、食事の際に食べづらいというだけではなく、食べ物が装置と装置との間に挟まってしまい手入れが非常に面倒になってしまうのです。

特徴その3 痛みが出やすい

ワイヤー矯正の場合、マウスピース矯正のように徐々に移動させるということが難しく、痛みを伴う場合も多いです。

痛みが酷くても、取り外しはできないので装置を再調整するか、痛み止めを飲んで我慢するかしか選択肢はありません。

インビザラインとその他マウスピース矯正との違い

マウスピース矯正とその他の矯正方法との違いを見てきました。

ワイヤー矯正などの矯正方法に比べ、マウスピース矯正は見た目も気にならず、衛生的で痛みも少ないなど様々な特徴が見られました。

従来の矯正方法ではなくマウスピース矯正がなぜ選ばれるようになってきたのか、特徴を見ていくことで把握できたのではないかと思います。

そういった中で、なぜインビザラインが多くの人に選ばれるようになってきたのでしょうか。

マウスピース矯正には、インビザラインだけでなく、アソアライナーなどといった様々な種類があります。インビザラインがなぜ選ばれるのか、インビザラインとその他のマウスピース矯正とを比較していくことで何か見えてくるのでないでしょうか。

日本国内の矯正歯科の多くが取り扱っているのは、「インビザライン」と「アソアライナー」です。

今回はこの2つを比較していくことで、マウスピース矯正について、そしてインビザラインがなぜ選ばれるのか見ていくことにしましょう。

マウスピース矯正の特徴につきましては、この記事の冒頭で説明したとおりです。

では、同じマウスピース矯正の中でも「インビザライン」と「アソアライナー」では何が異なってくるのでしょうか。

インビザラインの特徴

インビザラインの特徴は以下のとおりです。

  • 通院回数が少ない
  • さまざまな症例に対応
  • 費用が高い

通院回数が少ない

インビザラインでは、通院回数が二ヶ月に一回程度と少なく済むのが特徴です。

仕事や学校などで忙しく、なかなか頻繁に通院ができないという人であっても治療が行えるため、患者の負担が少なくて済むのです。

今までのワイヤーによる矯正の場合、医師による調整が必要不可欠であるため、数週間に一度は必ず、診察にいかなくてはなりませんでした。

また、人それぞれ症状にあった治療を段階をつけて進めていけるので患者がストレスを抱えることのない治療方法ということげできるのではないでしょうか

インビザラインは様々な症例に対応

また、インビザラインでは、ほぼすべての症例に対応することができます

患者一人一人の症状にあった治療が可能になっているので、患者の負担の少なく、その他の矯正方法に比べて痛みも少なくて済みます。

重症の患者であったも、抜歯やディスティング、その他の歯列矯正方法と組み合わせて治療をしていくことで効果的に治療を勧めていけるのです

費用が高くなる場合も

しかしながらその分、ワイヤー矯正など従来の矯正方法だけでなく、アソアライナーなどのその他マウスピース矯正と比べても費用がかかってきてしまうのです

インビザラインには、インビザライン・フルとインビザライン・ライトの二種類があり、インビザライン・フルの場合、矯正費は80万円、部分矯正のインビザライン・ライトは40万円となっています。

アソアライナーの特徴

アソアライナーの特徴は以下のとおりです。

  • 通院回数が多い
  • 対応できる症例に限りがある
  • 費用が安い(インビザラインに比べて)

通院回数が多い

インビザラインでは、最初に型を採ったあと、そのデータをもとにマウスピースがどんどん作られて行きます。そのため、当初の計画とのズレが生じたときに修正することが難しいという欠点があります。

アソアライナーの場合では通院回数が多くなり、型採りを段階的に何度も行う必要性が出てきますが、その一方で、当初の計画とのズレが生じても柔軟に対応していくことが可能です。

対応する症例に限りがある

しかしながらアソアライナーでは対応できる症例に限りがあり、症状の重い方は治療ができないというデメリットも持つのです。

症状の重い方は、インビザラインを選ばないのだとしたら、従来のワイヤー矯正に頼るしかほかないように思われます。

インビザラインに比べて費用が安い

アソアライナーにかかる費用は約40~60万円と、インビザラインと比べて安いということができます。もし仮に、インビザラインでもアソアライナーでも治療可能で、通院回数などの負担が多くても問題がないのであれば、アソアライナーという選択肢も十分に考えられるでしょう。

どちらに関しても一長一短があり、どちらを選択するのか非常に難しいかもしれませんが、医師とのカウンセリングなどを入念に行って、慎重な選択をしていくくことが重要でといえるでしょう。

インビザラインの矯正にかかる値段

インビザラインには、インビザライン・フルとインビザライン・ライトとの二種類があります。インビザライン・フルでは、約80万円の費用がかかってきます。

一方で、インビザライン・ライトは歯列全体の矯正ではなく、部分的な矯正を対象にしているため40万円程度となっています。また、これはあくまで目安としての値段ですので、症状や、治療期間によって前後してきます。

インビザライン矯正を安くするには?

インビザラインの治療には40~80万円もの費用がかかってきます。

インビザラインの矯正治療を行っている矯正歯科の中でも、設定している値段はそれぞれです。矯正を始める前に、様々な矯正歯科でカウンセリングを受けてみるなど少しでも矯正費用を抑えることができるようにしていくとよいのではないでしょうか。

また、歯列矯正にはインビザラインだけでなく、その他のマウスピース矯正や従来の矯正方法(ワイヤー矯正)での治療など、選択肢はたくさんあります。症状によって、マウスピース矯正がワイヤー矯正よりも安く済んだり、またその逆も考えられます。

マウスピース矯正の中でも種類によってかかる費用は変わってきます。

インビザラインだけでなく、アソアライナーなどその他マウスピース矯正につきましても当サイトで詳しく解説しております。

インビザラインをはじめてみたい、その他の矯正方法にかかる値段についても知りたいという方に是非ご覧いただけると幸いです。

インビザライン矯正を安くするには医療費控除が欠かせない!

マウスピース矯正の治療費は、マウスピース矯正の種類や、症状に個人差があるため、一概にいくらかかるかを説明することはこんなんです。

しかしながら、そうしたマウスピース矯正ですが、少しでも治療費を安く抑える裏技が存在するのです。

それは、医療費控除の申請です。インビザラインなどの矯正治療は自由診療扱いになってしまうため、保険適用外になってしまいます。

しかしながら確定申告時に、医療費控除を申請したければ、治療費を安く済ませることができるのです。

インビザライン矯正の治療の流れ

インビザライン矯正のおおまかな治療の流れの流れは以下の通りです。

  1. 歯並びの悩みなど、医師によるヒアリング
  2. 歯の型を取る
  3. 治療計画を立てる
  4. 実際に着用
  5. 保定期間
  6. 矯正治療完了

治療の流れ その1

インビザラインの治療は、歯並びの悩みや治療に関わる疑問などを歯科医師がヒアリングをすることから始まります

歯科医師はマウスピース矯正の治療についてメリットやデメリット、費用などの説明を行います。

治療の流れ その2

ヒアリング後に、マウスピース矯正の治療を希望する場合には、口腔内の検査やレントゲン撮影などの検査や、顔や口の中の様子を写真におさめ、それから矯正装置を作成するために歯の型をとります

治療の流れ その3

検査の結果から歯科医師が治療計画を立てるわけですが、その計画に納得してから治療が始まります。

インビザラインはアメリカで作成されるため、発注してから到着するまで3~4週間ほど時間がかかり、到着後に矯正装置を取り付けることになります

治療の流れ その4

インビザラインは、取外しが可能な矯正装置なので、着脱する方法やお手入れの方法などの説明はしっかり確認することがトラブルを防ぐためにも重要です。

また、装置によって、1日に装着する時間が異なり、決められた装着時間を守りながら、治療の段階に応じた装置に付け替えていく必要があります

治療の流れ その5

歯並びが整えば治療は終了ですが、元の歯並びに戻ることを防止するために一定期間は保定装置を装着します

治療の流れは、歯科医院によって異なる場合もありますし、装置の種類によっても型どりの回数などが変わってくる場合があります。

治療の流れ その6

保定装置の着用が終了し、歯の位置が保定されてようやく矯正治療が終了したということができます。保定装置の着用が終わっても、定期的に通院すると後戻りの心配もなく安心です

インビザラインは失敗するのか

矯正治療に絶対はありません。インビザラインに置きましても矯正する人全員が成功するとは言えないのが現状です。

インビザラインの治療の流れにつきまして紹介してきましたが、これらの計画の中で少しでもズレが生じてしまうと失敗してしまう恐れが出てきます

ヒアリングをもとにして立てた計画どおりにいかに事もありうるのです。インビザラインの矯正治療が失敗してしまう原因として以下のことがあげられます。

  • 着用時間が守れない
  • 計画段階のミス
  • 意思疎通が取れていない

失敗の原因 その1 着用期間が守れない

失敗の原因としてまずあげられることは、着用時間を守れないということにあります。

インビザラインでは、1日の着用時間を約20時間としているため、食事の最以外は基本的にマウスピースを着ける必要があります。

取り外しができて便利なマウスピース矯正ですが、取り外してそのままにしてしまわないように注意が必要です。

また、マウスピース矯正が終了しても、一定の期間は保定装置(リテーナー)を着けなくてはなりません。

これもまた、着用期間を守らないとせっかく矯正したのに後戻りしてしまい、失敗へとつながってしまうのです

失敗の原因 その2 計画段階のミス

インビザラインは導入されてまだ間もない矯正方法です。

そのため、対応することのできるクリニックが少ないだけでなく、治療経験の浅い医師も多いのが現状です。

リニック選びを慎重に行ってください。その際、医師のインビザライン治療経験数を基準にクリニック選びをすると良いでしょう。

失敗の原因 その3 意思疎通が取れない

また、患者と医師との意思疎通が取れていないと矯正は成功しません。

インビザラインは通院回数が少なく済むのがメリットです。しかしながらそのため、患者とクリニックの意思疎通の機会が少なくなってしまいます

計画どおりに着用期間が守れなかったときなど、コミュニケーションを取ることで、計画を修正していくことができ、そのままズルズルと失敗してしまうのを防ぐことができます。

インビザラインで失敗しないためにブログを活用!

インビザライン矯正を失敗させないためにも、実際に矯正経験のある人のブログをチェックして、あらかじめイメージを掴んでおくとよいのではないでしょうか。

症状には個人差があるため、他の人のブログを見たからといってそのとおりに自分の矯正が進んでいくとは限りません。

しかしながら、自分に似た症状の人のブログをチェックすることによって、それを参考にして自分の矯正に対するモチベーションもあげていけるのではないでしょうか

インビザライフ (@qusabi)

インビザラインを始める際に、抜歯をするかしないか選択を余儀なくされるケースが多く見られます。

抜歯をすることで、口腔内に空間ができスムーズに矯正を進めていける一方、健康な永久歯を失うというデメリットもあります

こちらのブログでは抜歯なしでの治療体験談が載っているので、参考にされると良いでしょう。

また、当サイトでは抜歯のメリット・デメリット等を詳しく紹介してしております。併せて御覧ください。

 インビザライン矯正中ブログ (@invisako)

インビザライン矯正中ブログ@invisako

インビザライン1日目:装着当日に抱いた「5つの感想」http://invisalign-report.com/?p=6  

インビザライン1日目:装着当日に抱いた「5つの感想」

これからどうぞよろしくお願いします。 さて、インビザライン装着初日♪ 今日は待ちに待ったインビザラインの開始日! いや、待ちに待ったのには理由があるんですよ。 一部、開始前について書いたページも見ていただけるとわかるので・・・

invisalign-report.com

こちらノンブログは、30代女性のインビザライン矯正体験ブログです。

インビザライン矯正による歯の変化の記録を日記のように観察でき、インビザラインの矯正へのイメージを掴むためにも、そしていま現在、矯正中の人にとっても、モチベーションを高めていくためにご覧になられるとよいのではないでしょうか。

当サイトでは、インビザラインにで失敗しないために、失敗談や失敗の原因など詳しく説明しています。併せてご覧ください。

インビザラインにおける矯正期間

歯列矯正は、必ずしも強い力を加えれば早く矯正されるというわけではありません。

骨や歯根に負担を与えないように少しずつ歯を動かしていくことが求められます。そのため、矯正が終了し噛み合わせが良くなるまでには、一般的な矯正治療でも2年以上の期間を要するとされています

インビザラインの治療期間は、矯正する歯の状態によって異なりますが、他の歯列矯正と比べても大きく違うということはありません。

インビザラインは部分的な矯正も可能なため、軽いものであれば1年で治療が終わるケースもあります

部分矯正であれば半年程度で治療終了!

例えば、一部分だけの矯正(前歯だけなど)の場合、通常よりもかかる矯正期間は短く、半年ほどで矯正治療が完了するケースも見受けられます。

フル矯正では、1日20時間以上の装着をして順調に治療計画が進んだ場合には、1年半~2年半程度の期間が見込まれます。

しかしながら、人によって症状は異なります。症状が異なるように、矯正にかかる期間もひとによって異なってくるのです。

治療後にはリテーナーが欠かせない!

もちろん治療後にも、リテーナーなどの保定装置を着けなくてはなりません

リテーナーを着けていないと、矯正した歯並びがすぐにもとに戻ってしまうかもしれないのです。

ですので、インビザラインの矯正でかかる矯正期間は、約二年と言っても、それにプラスして固定期間が必要であるということを覚えていてください

歯が捻じれているなどで大きく動かさなければならない時は、マウスピース矯正では長い期間が必要となります。

時間がかかれば費用をかさみ負担が増えてしまいます。ですので、複雑な歯並びで大きく歯を動かしたい時には、ワイヤーによる矯正も視野に入れる必要があります。

マウスピース矯正にこだわりたい時は、部分的に裏側矯正を取り入れるなどの工夫が必要なため、歯科医師と良く相談することが大切です。

また、治療中は虫歯に気をつけましょう。マウスピースに影響のない虫歯であれば治療もできますが、歯の形が変わってしまう被せ物などの治療では、マウスピースを作り直す必要がでてくる可能性もあります。

虫歯を防ぐためにも丁寧な歯磨きとマウスピースのお手入れは欠かさないように心がける必要があります。

インビザラインの矯正後はどうなるのか

インビザラインの矯正が終了したからといって安心してはいけません。

これは歯科矯正全般を通していえることですが、歯列矯正では様々な矯正装置を使うことで歯を動かしていきます。

インビザラインでは特に、約二年という間に急激に歯が移動していくわけですので、マウスピース矯正を終えて何もしなくなってしまったら、歯がもとに戻っていってしまうのです。

急激に歯を移動させることができる反面、その反動でもとに戻ってしまう可能性があるということなのです。そのため、平均して二年間の治療が終わったとしても、保定装置の装着が必要になってくるのです。

当サイトの運営者は、マウスピースによる矯正治療は終了しましたが、保定期間に歯並びが後戻りしてしまい、矯正再スタートとなっています。身を思って保定期間の重要性を感じております。

運営者の詳細ページはこちら

インビザラインの矯正に関する口コミ

インビザラインの矯正を始める際、気になることはやはり、インビザラインのメリット・デメリットです。インビザラインの体験や口コミをもとにインビザラインのメリット・デメリットを見ていくことにしましょう。

インビザラインのメリット

インビザラインのメリットとして、マウスピース矯正の特徴とかぶる点もありますが、しょうかいしていきたいとおもいます。

  1. 着けていても目立たない
  2. 取り外しができる
  3. 通院回数が少ない
  4. 金属アレルギーでも治療可能

着けていても目立たない

インビザラインは、矯正装置が透明で歯に直接かぶせるマウスピースタイプのため、装着していても目立たないことが大きなメリットです。また、薄い素材でオーダーメイドで作られるので、歯にフィットするため痛みや違和感が少ないものです。

取り外しができる

ワイヤーによる矯正は、装置の取り外しが困難です。しかし、インビザラインは自分で取り外しができます。食事の際は外して歯磨きをすることも可能ですし、装置のお手入れもでき口腔内を清潔に保てます

通院回数が少ない

インビザラインは、治療の前にコンピューターによって段階を踏んだ型を作ります。マウスピース矯正では種類によっては、毎月型をとりマウスピースを作り替えるタイプもあります。

しかし、インビザラインは治療前に型を作ってあるので、1ヶ月半から3ヶ月おきの通院で済むため、なかなか歯科医院に通うことが難しい人にもぴったりな矯正方法です

金属アレルギーでも治療可能

従来の矯正方法では、ワイヤーなどの金属を口腔内に入れることになるため、口内炎ができやすくなったり、金属アレルギーを持つ人はなかなか矯正をすることができない環境でした。

しかしながら、インビザラインのマウスピースの素材は柔らかいプラスティック製で、日本でも2008年に薬事法上の認可を取得しているものです。そのため、金属アレルギーの人でも安心して利用することができます

インビザラインのデメリット

インビザラインのデメリットとして大きく2つのことがあげられます。

  1. 1日の着用期間が決まっている
  2. 専門医が少ない

1日の着用期間が決まっている

インビザラインは、1日の装着時間が決められています。一般的には治療中は1日あたり20時間以上の装着が必要です。

装着時間が守れない場合は矯正にかかる期間が延びたり、治療計画が上手く進まず矯正の効果に影響を及ぼす場合もあるので注意しましょう。

インビザラインを専門とする矯正歯科が少ない!

近年、インビザラインなどマウスピース矯正の需要が高まるとともに、インビザラインを専門とする矯正歯科も増えてきました。

また、インビザラインは日本では2006年に導入されたばかりで、対応できる歯科医院の数がまだ少ないのが現状です。

そのため、近くに対応できる歯科医院がない場合には、遠方の歯科医院に通院しなければなりません。

参考記事: