【基礎知識】歯列矯正の費用や期間、体験談をまとめました!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

人の印象は3秒で決まると言われています。そうした中で、歯並びをきれいにするということは、他人からの第一印象をよくするためにも重要になってくるのです。

近年、歯列矯正を始める人は増加傾向にあり、その種類の豊富さにおいても非常に注目が集まっています。

そこで今回は、

  • 歯列矯正をはじめてみたい
  • 歯列矯正にはどんな種類があるのか知りたい

という、あなたのために、歯列矯正についてを詳細に説明していきたいと思います。

さらには最近注目を集めてきたマウスピース矯正(インビザライン)についてもご紹介していけたらと思っております。

【基礎知識】歯列矯正って何のこと?

歯列矯正とは、出っ歯や受け口、八重歯などの不正咬合と呼ばれる、歯並びがガタガタな状態から、美しい歯並びに矯正治療していこうとする治療のことです。

あなたが歯列矯正と聞いた時に、思い浮かべる物はどういったものでしょうか?

皆さんの中には、「金属のワイヤーをつけた矯正のことだろう。」と思った方が多いでしょう。

確かに、歯列矯正の方法としてこれまで主流であったのは、このワイヤー矯正でした。

ですが、金属製のワイヤー矯正では見た目が目立ってしまうため、歯列矯正に対して悪いイメージを持つ方が多いと思われます。

有名なドラマでも、歯列矯正をしている女の子の口元は、とても目立っていますよね。

特に、学生や会社員など、人前に出る機会が多い人は、歯並びを治すといっても、金属のワイヤーをつけることが嫌で、歯列矯正は敬遠されるのが従来のイメージでした。

しかしながら、近年では、透明なマウスピースでできた歯列矯正も登場し、人気を集めているのです。

※時間がない!はやく透明なマウスピースでできた矯正を知りたい!!という方へ:当サイトでは、透明なマウスピース矯正について簡単にまとめておりますので、ぜひ以下の記事をご覧になってください。

近年ではマウスピース矯正の登場により、さまざまな種類の矯正方法がありますが、今回はまず、歯列矯正ではどのような効果が得られるのか、という点について詳細をご紹介していくことにします。

歯列矯正で美しい横顔を手にしよう!

歯列矯正やワイヤー矯正の目的は、美しい歯並びを手に入れるということです。

美しい歯並びによって、人前でも自分自身に自身が持てるようになったり、人と接する際にも笑顔が自然とででくるようになるでしょう。

特に、出っ歯と呼ばれる上顎突出や、受け口と言われる下顎突出の場合、歯列矯正の前と後では横顔に著しい変化が見られることでしょう。

美しい横顔はEラインで決まると言われています。

Eラインとは、顔を横から見たときに、鼻の先と顎の先とを結んでできる線のことを言います。

この鼻と顎とを結んだ線が一直線に並んでいることをEラインと呼び、このEラインが横顔が美しい人の共通点であると言われているのです。

歯列矯正によって、美しい歯並びを手に入れるといった見た目の変化だけではありません。

正常な噛みあわせを手にすることによって、健康寿命を伸ばしていくといった、目には見えない変化を手に入れると言った効果があるのです。

歯列矯正の費用、値段ってどれくらい?

歯列矯正をはじめていく際にもっとも気になるポイントは費用や矯正治療の値段ですよね?

ではつぎに、歯列矯正にどのくらいの費用、値段が生じてくるのかという点に関してご紹介していこうと思います。

一般的な歯列矯正やワイヤー矯正には、以下のような費用、値段がかかってきます。

  • 基本料金(装置の値段)
  • 調整費(装置の調整、経過観察など)

人それぞれ、症状に個人差がありますので一概には言うことはできませんが、歯列矯正を始める際には、基本料金(装置の値段)として、50~100万円ほどで治療を開始することができます。

しかしながら、歯列矯正やワイヤー矯正においては、定期的な通院による器具の調整が欠かせません。

毎回の調整においても、歯列矯正やワイヤー矯正の基本料金とは別に調整費が必要になってきますので注意してください。

一回の調整費は約3000円程度というクリニックが多いようです。

歯列矯正にかかる期間とは?

さて、歯列矯正にはどれくらいの期間がかかってきてしまうのでしょうか。

歯列矯正の方法、あるいは症状に違いがあるため、人それぞれ歯列矯正にかかる期間は異なってきます。

歯列矯正の平均的な治療期間は、2年間といわれています。

症状が重ければ重いほど、矯正期間は延びていきますし、症状が軽い人の場合は、数ヶ月で矯正を完了させることができるのです。

歯列矯正における仕組みや流れとは?

それではつぎに、歯列矯正の治療の流れやその仕組みについて見ていきたいと思います。

歯列矯正の主な流れは以下の通りです。

  1. 初診カウンセリング
  2. 検査や診断
  3. 矯正装置の装着
  4. 定期通院による調整
  5. 保定器具による保定

歯列矯正の流れとして、まずは自分がどのような症状であるかを知る必要があります。

歯列矯正の主な流れ①:初診カウンセリング

そのために第一に、初診カウンセリングを行い、自分の症状がどのような症状であるかを確認していきましょう。

初診カウンセリングによって自分の症状にあった矯正方法がどういったものなのか、ワイヤー矯正が適しているのか、それともマウスピースなどその他の矯正方法が適しているのかを確認することができます。

まずは初診カウンセリングに行き、歯列矯正についての方針を立てていくと良いでしょう。

自分の思い描いていた矯正方法とは異なるといった場合には、どのクリニックであっても無料カウンセリングを行っているので、一度訪れてみて自分の納得のいく決断を下すことができると良いでしょう。

初診カウンセリングによって歯列矯正に対しての疑問点がなくなったら、実際にレントゲン写真を取り、骨格がどのような形をしているのか、そして、歯型を取り実際の方針を決めていくことになります。

歯列矯正の主な流れ②:検査や診断

歯型をとるときには、ペーストと呼ばれる粘土状のものを流し込むことで歯型をとっていくのです。

そして、この歯型を取ることが、はじめて歯型を取るといった方には難しいということも多いです。

歯型を取るときに、粘土状のペーストを流し込むのですが、慣れていない初めての人にとっては、気持ち悪くなってしまう「嘔吐反射」と呼ばれる反応をしてしまうという方もいらっしゃるのです。

歯型を取るときに気持ち悪くなるかならないかは、個人差がありますが、何度か歯型を取るという経験が多くなっていくことによってだんだんと慣れていき、気持ち悪いと感じることも少なくなっていくのです。

筆者自身、初めて歯型を取るときには気持ち悪さを感じました。

しかしながら、矯正治療が進んでいき次の歯型を取るといったときには、慣れていき自然と歯型をを取ることができるようになったので過度の心配をする必要はありません。

歯列矯正の主な流れ③:矯正装置の装着

次に実際の矯正装置を付ける段階に入ります。歯型をもとに作った模型を見ながらどのように矯正治療を行っていくのか、医師によって説明がなされると思います。

歯列矯正のなかで一番ポピュラーな方法であるワイヤー矯正では、まずは、それぞれの歯にブラケットと呼ばれる器具を装着していきます

ブラケットの装着が終わったら、アーチワイヤーと呼ばれるワイヤーをブラケットに装着していき矯正していくという流れです。

ブラケット、アーチワイヤーともに、目立ちにくい透明や、白色の物もあり、見た目が気になるといった方はそちらを選ばれると良いでしょう。

歯列矯正の主な流れ④:定期通院による調整

装着が済んだら、後は定期通院のときに、ブラケットの位置やワイヤーの強さを調整していきます。

調整の加減によって食べ物を噛むのにも痛くて噛めないといったこともあり、ワイヤー矯正では痛みが生じるケースが多いです。

歯列矯正の主な流れ⑤:保定器具による保定

基本的には歯列矯正は、症状が非常に重い場合でも、約2年ほどで矯正治療は完成すると言われています。

しかしながら、それに加えて、矯正器具が外れた後には、歯がもとに戻っってしまわないようにリテーナーと呼ばれる保定器具を着用しなくてはなりません。

歯列矯正は痛い!?

先ほども、ワイヤー矯正の治療の流れをご説明した際に、定期通院でワイヤーの調整を行った際に痛みを感じると述べました。

筆者の体験談

筆者自身のワイヤー矯正の経験から述べますと、ワイヤーの調整を行ったあとは歯が締め付けられるような強い痛みを感じ、食事をする際にも固いものを噛むことができないので非常に苦労しました。

ワイヤーを調整してから数日間はこのような状態が続き、痛みの酷いときには痛み止めを飲むことで痛みを軽減させていました。

ワイヤーの調整が痛い

ワイヤーの調整を行わないと、矯正は進んでいきませんし、かといってきつくワイヤーを締めすぎると痛みが増して矯正治療がツラくなってきます

調整の加減は医師に任せるしかないのです。ですので、歯列矯正治療経験の多いクリニック、信頼できる医師のもとでの治療をオススメします。

歯列矯正は目立たない?白色がオススメ!

さて先ほど、ワイヤー矯正にも目立たない透明や白色のブラケット、ワイヤーがあると説明しました。

従来の銀色のワイヤーやブラケットに比べると目立たなくなったことは確かですが、ブラケットによる矯正は、やはりどうしても周りの人からは気になってしまいます。

そこで最近注目を集めている矯正方法が、マウスピース矯正と呼ばれる矯正方法です。

マウスピース矯正は、従来の歯列矯正やワイヤー矯正とは異なり、透明なために、歯列矯正をしていることを周りの人から気づかれることのなく治療を進めていくことができるのです

歯列矯正で食事はツライ!?

まずは、歯列矯正やワイヤー矯正を行っている時の食事の際の痛みについて説明していきます。

歯列矯正やワイヤー矯正は食事で痛い

ワイヤー矯正においては、食事の際に痛みが出やすいということを先程述べました。

食事のときに歯が痛いと、せっかく美味しいものを食べていても美味しさを感じることができないばかりか、固いものを噛むと痛みが増してしまうため、柔らかい食べ物しか食べられないなど、食事に関するストレスが日に日に積もっていきます。

食事後のお手入れが面倒

次に食事後のお手入れについて説明します歯列矯正をしていると、特にワイヤー矯正の場合では、べたものがブラケットやワイヤーとの間に挟まってしまいます

外出時にはなかなか歯ブラシを持ち歩いて食事をしたらすぐに歯を磨くといったことができないでしょう。

食べ物がワイヤーとの間に残っている状態のままでいると虫歯の原因になってしまい、歯列矯正の治療がうまく進まなくなります。

そればかりか、当初の計画どおりに矯正治療が進まないために、一からやりなおしになってしまうといったケースも考えられます。

近年大注目の歯列矯正!!マウスピース矯正の場合

さて今までは、歯列矯正にスポットを当てて解説してきました。

では最近注目を浴びているマウスピース矯正である、インビザラインとの比較をしていきたいと思います

マウスピース矯正とインビザラインって?

マウスピース矯正とは、透明のマウスピースをはめることにより歯列矯正を行うといった矯正方法です。

マウスピース矯正の中でも最もえらばれている物がインビザラインと呼ばれる矯正方法です。

どんな人がインビザラインに適してるの?

これまでの歯列矯正やワイヤー矯正とは異なり、見た目が目立たないということが最大の特徴として上げられます。

マウスピースを着けていても周りからは全く気づかれることがないので、子供だけではなく、大人からも人気を集めている矯正方法です。

仕事柄、接客業であったり、人と接することの多い社会人の場合、インビザラインの登場により、人に気づかれることのなく矯正を行えるようになったことは大きな魅力ということができるでしょう。

「歯列矯正は目立ってしまうから。」という理由で歯列矯正の治療を行っていなかった方あなたに特にオススメです。

インビザラインは取り外しができる歯列矯正!!

またマウスピース矯正では食事の際に、取り外して食事を摂ることができるので、食事の楽しみを失うことのなく、さらには、人それぞれ症状に併せてマウスピースを作っていくことができます。

ですのでワイヤー矯正のように、急に強く締め付けられていくといった痛みを感じずに食事を摂ることができます。

インビザラインで治療費を安く!期間を短く!!

またマウスピース矯正、特にインビザラインの場合では、その人の症状に合わせて、矯正の種類を選んでいくことができます。

前歯のみ矯正であったり、部分的な矯正で済むといった方は、歯列全体を矯正する必要がないので、治療費を安く済ませることもでき、さらには治療期間も短くすることもできます

これまでのワイヤー矯正では、ワイヤーの締付け具合によっては治療期間を短くすることも可能でした。

しかしながらそうした場合には、締め付けによる痛みが生じるわけであり患者のストレス彌や負担がつきものでした。

インビザラインのようにマウスピース矯正が導入されたことで、痛みを伴うことのなく、さらには人それぞれ適切な方法で治療期間を短くすることができるようになったのです。

そういった意味でもこれまでの歯列矯正であったワイヤー矯正からインビザラインといったマウスピース矯正が選ばれるようになってきたと言えるのです。

歯列矯正に保険は適用されるの?

歯列矯正においては保険の適用はありません。

歯列矯正においては、ワイヤーによる矯正であっても、マウスピース矯正の場合であっても、審美的な治療rということができ、保険は適用されず、実費での負担となってしまうので注意が必要です。

保険は適用外ですが、確定申告時に、「医療費控除」を申請することで歯列矯正の治療にかかった治療費の一部を補うことができます

お得に歯列矯正を行うためにも知っておいて損なことはありませんので、ぜひこちらの記事で医療費控除について詳しく知って頂き、医療費控除申請することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?当サイトでは、口コミを募集し、多くの方に回答をいただくことができました。
回答いただいた多くの方は、10代の間に歯列矯正の治療をはじめられています。
回答いただいた20名のうち、10代で歯列矯正をはじめられた方は、14名でした。歯列矯正をはじめられる方の70%が10代であり、いかに歯列矯正が人気なのかがわかることだと思います。
しかしながら、多くの方は、矯正中に、見た目の問題や、痛みが生じてしまったり、食事の際に不憫に感じてしまったりと、多くの問題を抱えていたといえます。
そこで近年、こうした問題を解決していくために、インビザラインが登場し人気を集めているのです。