【基礎知識】歯列矯正の費用や期間、体験談をまとめました!

【2018年7月現在】最新!当サイトの歯列矯正人気ランキング
【1位】インビザラインなら 精密審美歯科センター
充実した診断窓口と国内トップランクの医師の診断!
精密審美歯科センターについてもっと知りたい方は こちらの記事をご覧下さい

【2位】インビザラインなら 銀座クリアデンタル
豊富な治療実績と最新の矯正治療設備!
銀座クリアデンタルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい

【3位】 低価格で矯正するなら キレイライン矯正
低価格短期間での治療が可能!
キレイライン矯正についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい
Pocket

人の印象は3秒で決まると言われています。そうした中で、歯並びをきれいにするということは、他人からの第一印象をよくするためにも重要になってくるのです。

近年、歯列矯正を始める人は増加傾向にあり、その種類の豊富さにおいても非常に注目が集まっています。

そこで今回は、

  • 歯列矯正をはじめてみたい
  • 歯列矯正にはどんな種類があるのか知りたい

という、あなたのために、歯列矯正についてを詳細に説明していきたいと思います。

さらには最近注目を集めてきたマウスピース矯正(インビザライン)についてもご紹介していけたらと思っております。

このページの目次

【基礎知識】歯列矯正って何のこと?

歯列矯正とは、出っ歯や受け口、八重歯などの不正咬合と呼ばれる、歯並びがガタガタな状態から、美しい歯並びに矯正治療していこうとする治療のことです。

あなたが歯列矯正と聞いた時に、思い浮かべる物はどういったものでしょうか?

皆さんの中には、「金属のワイヤーをつけた矯正のことだろう。」と思った方が多いでしょう。

確かに、歯列矯正の方法としてこれまで主流であったのは、このワイヤー矯正でした。

ですが、金属製のワイヤー矯正では見た目が目立ってしまうため、歯列矯正に対して悪いイメージを持つ方が多いと思われます。

有名なドラマでも、歯列矯正をしている女の子の口元は、とても目立っていますよね。

特に、学生や会社員など、人前に出る機会が多い人は、歯並びを治すといっても、金属のワイヤーをつけることが嫌で、歯列矯正は敬遠されるのが従来のイメージでした。

しかしながら、近年では、透明なマウスピースでできた歯列矯正も登場し、人気を集めているのです。

※時間がない!はやく透明なマウスピースでできた矯正を知りたい!!という方へ:当サイトでは、透明なマウスピース矯正について簡単にまとめておりますので、ぜひ以下の記事をご覧になってください。

近年ではマウスピース矯正の登場により、さまざまな種類の矯正方法がありますが、今回はまず、歯列矯正ではどのような効果が得られるのか、という点について詳細をご紹介していくことにします。

歯列矯正で美しい横顔を手にしよう!

歯列矯正やワイヤー矯正の目的は、美しい歯並びを手に入れるということです。

美しい歯並びによって、人前でも自分自身に自身が持てるようになったり、人と接する際にも笑顔が自然とででくるようになるでしょう。

特に、出っ歯と呼ばれる上顎突出や、受け口と言われる下顎突出の場合、歯列矯正の前と後では横顔に著しい変化が見られることでしょう。

美しい横顔はEラインで決まると言われています。

Eラインとは、顔を横から見たときに、鼻の先と顎の先とを結んでできる線のことを言います。

この鼻と顎とを結んだ線が一直線に並んでいることをEラインと呼び、このEラインが横顔が美しい人の共通点であると言われているのです。

歯列矯正によって、美しい歯並びを手に入れるといった見た目の変化だけではありません。

正常な噛みあわせを手にすることによって、健康寿命を伸ばしていくといった、目には見えない変化を手に入れると言った効果があるのです。

歯列矯正の費用、値段ってどれくらい?

歯列矯正をはじめていく際にもっとも気になるポイントは費用や矯正治療の値段ですよね?

ではつぎに、歯列矯正にどのくらいの費用、値段が生じてくるのかという点に関してご紹介していこうと思います。

一般的な歯列矯正やワイヤー矯正には、以下のような費用、値段がかかってきます。

  • 基本料金(装置の値段)
  • 調整費(装置の調整、経過観察など)

人それぞれ、症状に個人差がありますので一概には言うことはできませんが、歯列矯正を始める際には、基本料金(装置の値段)として、50~100万円ほどで治療を開始することができます。

しかしながら、歯列矯正やワイヤー矯正においては、定期的な通院による器具の調整が欠かせません。

毎回の調整においても、歯列矯正やワイヤー矯正の基本料金とは別に調整費が必要になってきますので注意してください。

一回の調整費は約3000円程度というクリニックが多いようです。

歯列矯正にかかる期間とは?

さて、歯列矯正にはどれくらいの期間がかかってきてしまうのでしょうか。

歯列矯正の方法、あるいは症状に違いがあるため、人それぞれ歯列矯正にかかる期間は異なってきます。

歯列矯正の平均的な治療期間は、2年間といわれています。

症状が重ければ重いほど、矯正期間は延びていきますし、症状が軽い人の場合は、数ヶ月で矯正を完了させることができるのです。

歯列矯正における仕組みや流れとは?

それではつぎに、歯列矯正の治療の流れやその仕組みについて見ていきたいと思います。

歯列矯正の主な流れは以下の通りです。

  1. 初診カウンセリング
  2. 検査や診断
  3. 矯正装置の装着
  4. 定期通院による調整
  5. 保定器具による保定

歯列矯正の流れとして、まずは自分がどのような症状であるかを知る必要があります。

歯列矯正の主な流れ①:初診カウンセリング

そのために第一に、初診カウンセリングを行い、自分の症状がどのような症状であるかを確認していきましょう。

初診カウンセリングによって自分の症状にあった矯正方法がどういったものなのか、ワイヤー矯正が適しているのか、それともマウスピースなどその他の矯正方法が適しているのかを確認することができます。

まずは初診カウンセリングに行き、歯列矯正についての方針を立てていくと良いでしょう。

自分の思い描いていた矯正方法とは異なるといった場合には、どのクリニックであっても無料カウンセリングを行っているので、一度訪れてみて自分の納得のいく決断を下すことができると良いでしょう。

初診カウンセリングによって歯列矯正に対しての疑問点がなくなったら、実際にレントゲン写真を取り、骨格がどのような形をしているのか、そして、歯型を取り実際の方針を決めていくことになります。

歯列矯正の主な流れ②:検査や診断

歯型をとるときには、ペーストと呼ばれる粘土状のものを流し込むことで歯型をとっていくのです。

そして、この歯型を取ることが、はじめて歯型を取るといった方には難しいということも多いです。

歯型を取るときに、粘土状のペーストを流し込むのですが、慣れていない初めての人にとっては、気持ち悪くなってしまう「嘔吐反射」と呼ばれる反応をしてしまうという方もいらっしゃるのです。

歯型を取るときに気持ち悪くなるかならないかは、個人差がありますが、何度か歯型を取るという経験が多くなっていくことによってだんだんと慣れていき、気持ち悪いと感じることも少なくなっていくのです。

筆者自身、初めて歯型を取るときには気持ち悪さを感じました。

しかしながら、矯正治療が進んでいき次の歯型を取るといったときには、慣れていき自然と歯型をを取ることができるようになったので過度の心配をする必要はありません。

歯列矯正の主な流れ③:矯正装置の装着

次に実際の矯正装置を付ける段階に入ります。歯型をもとに作った模型を見ながらどのように矯正治療を行っていくのか、医師によって説明がなされると思います。

歯列矯正のなかで一番ポピュラーな方法であるワイヤー矯正では、まずは、それぞれの歯にブラケットと呼ばれる器具を装着していきます

ブラケットの装着が終わったら、アーチワイヤーと呼ばれるワイヤーをブラケットに装着していき矯正していくという流れです。

ブラケット、アーチワイヤーともに、目立ちにくい透明や、白色の物もあり、見た目が気になるといった方はそちらを選ばれると良いでしょう。

歯列矯正の主な流れ④:定期通院による調整

装着が済んだら、後は定期通院のときに、ブラケットの位置やワイヤーの強さを調整していきます。

調整の加減によって食べ物を噛むのにも痛くて噛めないといったこともあり、ワイヤー矯正では痛みが生じるケースが多いです。

歯列矯正の主な流れ⑤:保定器具による保定

基本的には歯列矯正は、症状が非常に重い場合でも、約2年ほどで矯正治療は完成すると言われています。

しかしながら、それに加えて、矯正器具が外れた後には、歯がもとに戻っってしまわないようにリテーナーと呼ばれる保定器具を着用しなくてはなりません。

歯列矯正は痛い!?

先ほども、ワイヤー矯正の治療の流れをご説明した際に、定期通院でワイヤーの調整を行った際に痛みを感じると述べました。

筆者の体験談

筆者自身のワイヤー矯正の経験から述べますと、ワイヤーの調整を行ったあとは歯が締め付けられるような強い痛みを感じ、食事をする際にも固いものを噛むことができないので非常に苦労しました。

ワイヤーを調整してから数日間はこのような状態が続き、痛みの酷いときには痛み止めを飲むことで痛みを軽減させていました。

ワイヤーの調整が痛い

ワイヤーの調整を行わないと、矯正は進んでいきませんし、かといってきつくワイヤーを締めすぎると痛みが増して矯正治療がツラくなってきます

調整の加減は医師に任せるしかないのです。ですので、歯列矯正治療経験の多いクリニック、信頼できる医師のもとでの治療をオススメします。

歯列矯正は目立たない?白色がオススメ!

さて先ほど、ワイヤー矯正にも目立たない透明や白色のブラケット、ワイヤーがあると説明しました。

従来の銀色のワイヤーやブラケットに比べると目立たなくなったことは確かですが、ブラケットによる矯正は、やはりどうしても周りの人からは気になってしまいます。

そこで最近注目を集めている矯正方法が、マウスピース矯正と呼ばれる矯正方法です。

マウスピース矯正は、従来の歯列矯正やワイヤー矯正とは異なり、透明なために、歯列矯正をしていることを周りの人から気づかれることのなく治療を進めていくことができるのです

歯列矯正で食事はツライ!?

まずは、歯列矯正やワイヤー矯正を行っている時の食事の際の痛みについて説明していきます。

歯列矯正やワイヤー矯正は食事で痛い

ワイヤー矯正においては、食事の際に痛みが出やすいということを先程述べました。

食事のときに歯が痛いと、せっかく美味しいものを食べていても美味しさを感じることができないばかりか、固いものを噛むと痛みが増してしまうため、柔らかい食べ物しか食べられないなど、食事に関するストレスが日に日に積もっていきます。

食事後のお手入れが面倒

次に食事後のお手入れについて説明します歯列矯正をしていると、特にワイヤー矯正の場合では、べたものがブラケットやワイヤーとの間に挟まってしまいます

外出時にはなかなか歯ブラシを持ち歩いて食事をしたらすぐに歯を磨くといったことができないでしょう。

食べ物がワイヤーとの間に残っている状態のままでいると虫歯の原因になってしまい、歯列矯正の治療がうまく進まなくなります。

そればかりか、当初の計画どおりに矯正治療が進まないために、一からやりなおしになってしまうといったケースも考えられます。

歯列矯正の体験談・失敗談(お手入れ方法)

当サイトでは、歯列矯正について体験談や失敗談を募集しました。今回は、歯列矯正のなかで最も重要といえるお手入れ方法についての体験談や失敗談をご紹介したいとおもいます。

30代 神奈川県 鎌倉市 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • マウスピースを洗浄液で洗浄

私はワイヤーによる歯列矯正をしながら、矯正した歯列が元に戻らないようマウスピースを嵌めていました。洗浄液は歯科で購入できるものを使用していました。夜間は必ずマウスピースを着用、外出時は気になるようならつけなくても良いと言われていたので、朝起きたら洗浄液につけておいて、帰宅後に装着というスタイルでした。

洗浄方法は、つけておくだけなのでとても楽で、特に負担に感じたことはなかったです。口に入れた時に、少し洗浄液の味がする(歯磨き粉のような感じ)ことはありましたが、不快に感じるレベルではありませんでした。

30代 埼玉県 桶川市 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング

私は、ワイヤーによる歯列矯正をしてます。歯1本1本に小さいポッチの器具を付けて、ワイヤーをつなげてく歯列矯正なので自分では取れません。食事をすると、器具に食べ物が詰まり、見た目も匂いもしてくる為、食事をした後はなるべくすぐに歯ブラシでブラッシングをして、マウスウォッシュでうがいをしてます。とくに夜寝る前には、歯間ブラシで歯の裏側や細かいところの器具を洗って寝るようにしてます。しっかりと洗ってるつもりですがそれでもワイヤーによる歯列矯正をしてる人としてない人では、してる人の方が匂いが気になると思うのでこまめに口臭に気をつけてうがいも多めにしてます。

20代 大阪府 箕面市 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯間ブラシ

私は現在ワイヤーによる歯列矯正を行っています。歯と歯の間があまり空いていないため、歯ブラシではうまく洗浄できないと感じることがあり、歯科医師に相談して今は歯間ブラシで歯の間をゆっくり丁寧に磨くように心がけています。ワイヤーに歯間ブラシが引っかかってしまうこともよくありますが、慌てずにゆっくりと動かすことでワイヤーからブラシをとることができます。これでも十分洗浄できているか不安なので、歯を磨いた後にマウスウォッシュをすることで少しでも歯石が残らないように注意しています。

30代 東京都 江戸川区 男性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
以前、歯科矯正でワイヤーを装着させられました。その際、ブラッシングによる洗浄が中心でした。ワイヤーの間をぬって、ブラシの刃先を入れるのが非常に難しかった事を覚えています。固定されている金具の方が強度が高いため、何度もブラシが傷つき、ブラッシングの途中で刃先がひっかかって歯ブラシの刃先が切れた事もありました。非常に不便な状態でした。今考えると、ウォーターが一定のリズムで射出する器具による洗浄が最も効果的だったのでは、と思います。汚れている部分を染色した上で、きちんとクリーニングを実施した方が効率が良かったと思います。

20代 三重県 名張市 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング

私は上の歯は裏側のワイヤー矯正を、下側は表側のワイヤー矯正をしております。食べ物がワイヤーに挟まりやすく、特にお肉などを食べるとなかなか取れません。そのため、外食をする際や、会社などでは、必ず矯正用の歯ブラシを持参し、食後お手洗いで洗浄するようにしています。また、食べかすがワイヤーに挟まることによる口臭が気になるため、常にマウスウォッシュとタブレットも持ち歩き、お手洗い等で口内を綺麗にするようにしています。

20代 神奈川県 横浜市緑区 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
ワイヤーで全体の矯正を二年半行った後、ワイヤーは外したが、ずれていかないようにマウスピースの装着を行っている。
ワイヤーでの矯正時は、普通の歯ブラシに加えブラシの部分が小さい歯ブラシを使用してワイヤーの間を洗浄していた。歯磨き粉は今まで通り普通のものを使用。ワイヤー矯正が終了した後は、マウスピースを毎日すすぎ洗いするのと、1週間に一回ほど、洗浄剤を溶かした水に30分浸けて洗浄している。ただ、3カ月ほど使用すると汚れが目立ってくるので新しいものに交換する場合もある。

20代 兵庫県 神戸市東灘区 男性の歯列矯正体験談

  • 顎間ゴムによる矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
私は顎間固定で矯正していました。最初は水ですすぐことしかできなかったのですが、口腔外科の医師のチェックの元、今は歯ブラシでブラッシングしています。スクリューを埋め込んでいるために、違和感を感じることが多く、ブラッシングするのに苦労しています。しかし、水ですすぐよりも効果はあり、スクリューの周りも丁寧にブラッシングしています。朝と夜はブラッシングを行い、昼間は水ですすぐだけになってしまいますが毎日かかさず洗浄しています。

30代 新潟県 新潟市 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • マウスピースを洗浄剤で洗浄
私はワイヤーによる歯列矯正を行っていました。食事後は歯磨きをして歯間の食べかすを落としていました。外出先等で歯磨きが難しい場合は、うがいを行っていました。
また、就寝時のみマウスピースタイプの物もつけて寝ていました。その装置は洗浄剤に浸けて匂いを落とし、その後小さな歯ブラシで装置についた汚れを落としていました。ですがマメに洗浄剤に浸けることで装置に汚れがほとんどつかず、清潔に使用することができていました。

30代 愛知県 名古屋市 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
20年前にワイヤー矯正をしていました。ワイヤーのすき間に食べ物のカスが詰まりやすく、専用の細い歯ブラシ使って磨いていました。口を開いて見える部分は何とか磨けますが、奥歯や歯の裏などはブラシが届きにくく、磨くのにとても苦労したことを覚えています。磨き残しがあって虫歯などになると、治療がさらに大変になると説明されたので、一生懸命に磨いていました。矯正期間中にしっかり歯を磨く習慣がついたので今でも虫歯ゼロなので良いですが、もう少し手入れが楽だったら良いのになと思います。

20代 東京都 中野区 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
私はワイヤーで歯科の矯正を行なっていました。食事のあとはやはり付着物などとくに気になり、気にしておりました。常に食事のすぐ後には歯ブラシでブラッシングをしておりました。また週一で歯科医院(矯正用)へ通ってメンテナンスを行ってました。なかなか自分では磨ききれないところもあるのでそこは歯科医院で解決してました。私は上の歯だけの矯正だったので割とブラッシングは楽でしたが、上下ワイヤーが付いていたりするととても手間だと思います。

50代 愛知県 名古屋市 名東区 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
ワイヤーについては、歯ブラシを使って磨いていましたが、マウスピースは使用後は毎日ポリデントなどの入れ歯洗浄剤に一晩漬け込んでいます。何かで磨いたりすると傷になるのでマウスピースは無理に磨いたりしない方がいいと思います。ポリデントなどの入れ歯洗浄剤も一錠全部使わなくても、4分の1ほど使えば次に使う時は問題なく使えて爽やかです。毎日洗浄剤に漬け込むのがポイントで、それさえできていれば他に特に何もしなくても大丈夫です。

40代 東京都 世田谷区 女性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • マウスピースを洗浄剤で洗浄
私は数年前に歯科矯正治療を終了しました。矯正はワイヤーを使用していました。ワイヤーがはずれたあとに、マウスピース型のリテーナーを数年使用しました。数日使用すると汚れが気になるため、洗浄剤を使用して汚れを落としていました。入れ歯も洗浄できるもので、水に入れると泡を伴って、溶けるものです。とてもすっきりするので、いつも同じものを使っていました。歯科医で売っていたものです。匂いもすーっとするミント系のものでした。取り扱いも簡単でよかったです。

20代 鳥取県 米子市 女性の歯列矯正体験談

  • リテーナーによる矯正
  • マウスピースを洗浄剤で洗浄
私はワイヤーによる歯列矯正を行ったあと、現在は保定期間としてリテーナーでの矯正を行っています。それにプラスをして就寝時にはマウスピースを使用しているのですが、このマウスピースを洗浄するために洗浄剤を使っています。それだけではきれいにならないこともあるし、少し不安もあるので、毛の細かい歯ブラシでマウスピースを磨くようにしています。汚れがどれだけとれているか、本当にきちんととれているのかわかりませんが、矯正歯科が進めてくれたやり方でもあるので、今後もこのやり方で洗浄をしていく予定です。

30代 大阪府 堺市 男性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • マウスウォッシュ
自分は、ワイヤーでの矯正をしていましたが、食べ物がよくつまったりしました。水でうがいするなり、水で口の中をすすいだりしたのですがなかなかとれなくマウスウォッシュを使う事にしました。最初は、水ですすぐのもマウスウォッシュで洗浄するのも一緒だと思っていたのですがいざ使ってみると全然違って水ですすぐよりマウスウォッシュですすぐ方が口の中も爽やかになり、綺麗に食べかすもとれます。自分がこのような経験をしているのでオススメはマウスウォッシュがいいと思います。

20代 山口県 防府市 男性の歯列矯正体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
矯正をしている間は、していない時よりもブラッシングが行き届かなかったりして磨き残しがありがちなので、マウスウォッシュ等も併用してしっかりブラッシングを行う必要性を感じました。
数年ほど前に矯正が終わったのですが、ワイヤー等があって磨きづらいので、気を付けていても矯正中に歯槽膿漏になってしまって、歯茎が熟れたトマトのようになっていました。
また、ワイヤーやその他の器具でよく口内を切ってしまって、口内炎が絶えなかったこともブラッシングをうまく行えなかった原因かと思います。痛くてしっかりと洗浄することができなかったので、そのあたりを改善できる洗浄方法ができれば、と感じました。

近年大注目の歯列矯正!!マウスピース矯正の場合

さて今までは、歯列矯正にスポットを当てて解説してきました。

では最近注目を浴びているマウスピース矯正である、インビザラインとの比較をしていきたいと思います

マウスピース矯正とインビザラインって?

マウスピース矯正とは、透明のマウスピースをはめることにより歯列矯正を行うといった矯正方法です。

マウスピース矯正の中でも最もえらばれている物がインビザラインと呼ばれる矯正方法です。

どんな人がインビザラインに適してるの?

これまでの歯列矯正やワイヤー矯正とは異なり、見た目が目立たないということが最大の特徴として上げられます。

マウスピースを着けていても周りからは全く気づかれることがないので、子供だけではなく、大人からも人気を集めている矯正方法です。

仕事柄、接客業であったり、人と接することの多い社会人の場合、インビザラインの登場により、人に気づかれることのなく矯正を行えるようになったことは大きな魅力ということができるでしょう。

「歯列矯正は目立ってしまうから。」という理由で歯列矯正の治療を行っていなかった方あなたに特にオススメです。

インビザラインは取り外しができる歯列矯正!!

またマウスピース矯正では食事の際に、取り外して食事を摂ることができるので、食事の楽しみを失うことのなく、さらには、人それぞれ症状に併せてマウスピースを作っていくことができます。

ですのでワイヤー矯正のように、急に強く締め付けられていくといった痛みを感じずに食事を摂ることができます。

インビザラインで治療費を安く!期間を短く!!

またマウスピース矯正、特にインビザラインの場合では、その人の症状に合わせて、矯正の種類を選んでいくことができます。

前歯のみ矯正であったり、部分的な矯正で済むといった方は、歯列全体を矯正する必要がないので、治療費を安く済ませることもでき、さらには治療期間も短くすることもできます

これまでのワイヤー矯正では、ワイヤーの締付け具合によっては治療期間を短くすることも可能でした。

しかしながらそうした場合には、締め付けによる痛みが生じるわけであり患者のストレス彌や負担がつきものでした。

インビザラインのようにマウスピース矯正が導入されたことで、痛みを伴うことのなく、さらには人それぞれ適切な方法で治療期間を短くすることができるようになったのです。

そういった意味でもこれまでの歯列矯正であったワイヤー矯正からインビザラインといったマウスピース矯正が選ばれるようになってきたと言えるのです。

歯列矯正に保険は適用されるの?

歯列矯正においては保険の適用はありません。

歯列矯正においては、ワイヤーによる矯正であっても、マウスピース矯正の場合であっても、審美的な治療rということができ、保険は適用されず、実費での負担となってしまうので注意が必要です。

保険は適用外ですが、確定申告時に、「医療費控除」を申請することで歯列矯正の治療にかかった治療費の一部を補うことができます

お得に歯列矯正を行うためにも知っておいて損なことはありませんので、ぜひこちらの記事で医療費控除について詳しく知って頂き、医療費控除申請することをおすすめします。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ・評判について

最後に歯列矯正やワイヤー矯正を実際に体験してきた方からの口コミや体験談をご紹介していけたらと思います。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(男性 20代 東京都台東区)

小学校2-5年、高校2-大学3年くらいまで着用していました。小学生の頃は歯の裏側に付けるタイプでした。はじめはろくにものを食べられず、また慣れてからもキャラメルなどは食べられませんでした。
あまり痛みなどは覚えていないのですが、ときどきワイヤーが破損することはたびたびあったように思いますし、食べカスが引っかかって不快な思いをすることもしばしばでした。高校生のときつけたものは歯の前面付けるタイプのもので、それまでと同様の問題もありましたし、強く引っ張っていたのか痛みもありました。
また費用もかかり、家計を大いに圧迫したことと思います。そしてこれはどちらにも言えることですが、結局最終的にはもとのかみ合わせに戻ってしまいました。矯正の弊害で虫歯ができたり、さまざまなストレスを抱えていたので、この結果には落胆しました。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 10代 東京都荒川区)

成人してしまうと歯や骨格の成長も止まって、治りづらく時間がかかると聞いて、未成年のうちにワイヤー矯正をしました。
辛かったのは、やはり見た目です。思春期でしたので、見た目がすごく気になり、あまり歯を見せて笑えませんでした。
食べ物もよく引っかかってしまい、歯磨きセットをつねに持ち歩いて、出かけ先でもチェックが必要でした。
慣れるまでは、唇の裏に当たって皮が剥けたり口内炎ができたりしました。結果的に歯並びが治ったので良かったのですが、もうやりたくないです。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(男性 10代 神奈川県横浜市)

中学生から高校生の間に、段階的に上下でワヤー矯正をしていましました。どうしても見た目が気になってしまい、学校では特に友人に見られたくなく、話すことも少なくなり、つらい日々を過ごしていました。食事も慣れるまでは、咀嚼中に何か引っ掛かる感じがして、またかすがたまるのも嫌でした。結局、上の処方が終わったあとで下は途中でやめてしまいました。若い頃でないと顎が固まってしまうと言われて親の強制で矯正しましたが、今では大事な中高の時期を台無しにされたと思い返しています。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 10代 千葉県成田市)

私は高校生の頃に3年間ほどワイヤーによる歯列矯正をしていました。ブラケットの色を白にしてなるべく目立たないようにしていましたが、カレーライスなど色の濃いものを食べると白いブラケットが黄色くなってしまうのが嫌でした。細長い食べ物も隙間に詰まってしまうので大変でした。歯磨きをしっかり時間をかけてやらないと虫歯にもなりやすいので気を遣っていました。毎月一回ワイヤーの調整をした後は、歯全体を強く締め付けられるように痛いので、眠れなかったり柔らかいものしか食べられなかったりしました。とにかく矯正している間はあまり良いことはありませんが、おわってワイヤーを外した時の開放感と達成感、なによりキレイに並んだ自分の歯を見たらやってよかったと思いました。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 10代 千葉県浦安市)

高校2年生から大学2年生半ばくらいまでワイヤーによる歯科矯正をしていました。上下2本ずつ、計4本抜歯し、間を埋めていく強制でしたので、歯を抜いた後、歯茎の痛みと歯をひっぱられる痛みがじわじわとしばらく続き、痛みが落ち着くまではかなりストレスでした。また唇の裏側をよくワイヤーで傷つけて口内炎を発症していました。歯磨きもかなり注意して行い、歯間ブラシなどを使って歯とワイヤーの間を磨くようにするなど、かなり気を配りました。当時はかなりしんどかったですが、今となってはやってよかったと思っています。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 30代 愛知県豊橋市)

ワイヤー矯正をしたのは大学4年生からだったので21歳くらいでした。まず、狭い口内の構造を装置で広げてからだったので本格的に始まったのは社会人になってからだったかも知れません。接客業をしていたため常に人にどう見られているか気になり笑う時も大きな口を開けて笑うのをためらう自分がいました。マウスピース矯正は実は去年しました。ワイヤー矯正してから約20年が過ぎてのことです。というのも、あんなに苦労してワイヤー矯正したのにまた前歯がズレてきて気になってしまい現在の住まいである韓国でマウスピース矯正しました。これを、あのお年頃の20代でできてたらどれだけ精神的に楽だっただろうと思うとワイヤー矯正したことが悔やまれます。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 10代 宮城県仙台市)

私は中学生から高校生までワイヤー矯正をしていました。歯を正しい位置に動かすのでワイヤーを交換して2日間くらいは歯全部がとても痛くて全部の歯を抜いてしまいたいと思うほど苦痛でした。それからワイヤーの先が頬の内側に刺さる時があってそれも苦痛でした。見た目も目立ってしまうので人前で笑うのも気が引けて透明だったら良いのにと思っていました。当時の写真を見ると切なくなります。でも、ワイヤーの苦痛よりも元々の歯の状態の方がコンプレックスだったので若い時に矯正できて良かったと思っています。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 30代 石川県小松市)

私は社会人になってからワイヤー矯正を始めました。まず最初に、ワイヤーをつけ始めた時はとても痛かったです。その後も通院のたびにワイヤーを少し締めたりするのでその都度痛みはありました。でもそのうち痛みにも慣れてきます。あとはやっぱり食べ物が挟まりやすいので歯磨きを念入りにする必要がありました。歯磨きの指導はクリニックでしてもらえるので安心して大丈夫です。あとはワイヤーが口腔内で当たるせいか口内炎が何回かできました。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 10代 福岡県春日市)

私は受け口だった為、高校入学と同時に治療を始めました。右と左の奥歯を抜き、抜いた奥歯の幅だけ歯を動かしたので完了まで3年程かかりました。ワイヤー矯正は見た目ですぐに矯正している事が分かるのでやはり嫌でした。食べ物が挟まるので食後は学校で歯を磨いていました。ワイヤーが引っかかり、よく口の中も切れていました。病院で定期的にワイヤーを交換しないといけないし大変でした。終わってしまえば治療して良かったという思いしかありませんが、治療中は大変な思いもありました。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 30代 沖縄県沖縄市)

私は、27歳のときにワイヤーによる矯正を始めました。大人になっても子供の矯正と同じように完璧な歯並びに治療できるかと期待していましたが、残念ながら難しいようでした。矯正を始めてからも、両はしから飛び出ているワイヤーで口内をよく傷付けることもあり、調整した何日か後に、矯正歯科に駆け込むこともありました。それはやっていく内に慣れてはいきましたが。あとは、何と言っても歯磨きが大変でした。通常の歯ブラシで磨いたあと、先が細くなっているブラシで細かい部分を磨き、その後に糸ようじ、最後にマウスウォッシュという流れを毎日行っていました。気を使っている方だったとは思いますが、矯正が終わる頃には、奥歯が3本くらい虫歯になっていました。ワイヤー矯正は、治療が早いし安定しているというメリットがありますが、管理に自信がないと方にはマウスピース矯正ををお勧めしたいです。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 10代 大阪府高槻市)

中学生の頃ワイヤー矯正をしました。3年ほど掛かると言われ、当時とても長いなと思った記憶があります。ワイヤーを表ではなく裏側につけたので、ワイヤー矯正をしているとは見た目でわからなかったのは嬉しかったですが、ご飯が食べずらかったです。他にもワイヤーが口のなかに入っている感覚が慣れず、ずっと舌でワイヤーを触っていたら締め方が緩かったようで折れてしまったときはびっくりしました。もう1度新しく作り直したあとは、今度はきつく締めすぎてとても痛かったのでワイヤー矯正は苦い思い出しかありません。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(男性 30代 大阪府東大阪市)

私は小学校高学年の頃にワイヤーによる歯列矯正を行っていました。 笑ったときなど口を大きく開けたときにワイヤーが見えるため少し恥ずかしい思いをしました。 時々、歯痛があって辛かったときもありますが、全て終えてからは歯列矯正をしていて良かったなと思いました。噛み合わせも良くなりました。ワイヤーの間に食べかすが詰まることが時々ありました。歯磨きをすれば取れるので気になる程ではありませんでした。親からの強制だったので少し嫌でしたが、大人になってからは良かったなと思っています。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 10代 長崎県五島市)

私は、小学生5年生からワイヤー矯正を始めました。ワイヤーは上下各2万ずつ高かったですが、目立たないように透明のものにしてもらいました。しかし、歯に一つずつ接着剤で付ける金具はシルバーのままだったので、結局目立ちました。そのうち、ワイヤーにかける輪ゴムのようなものは、カラフルなものに変えました。毎月ワイヤーをしめてゴムを取り替えるので、12月は、赤と緑の交互にしてもらったり、1月は、赤と白の交互にしてもらったりと、楽しみました。しかし、トータル的には、痛さもあり、食べ物が詰まる不便さもあり、マイナスな面が多く感じました。吹奏楽部に所属していたので、マウスピースで唇が切れて口内炎にもなりました。毎月、ワイヤーをしめた数日間はお粥などしか食べれませんでした。専門学生になって、やっと終わったのですが、今思うと、歯並びが悪いより、今の方が良かったと思えるようになりました。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(男性 10代 兵庫県神戸市垂水区)

高校生の頃ワイヤーによる歯列矯正をしたのですが、繊維物の野菜が引っかかってご飯を食べた後は絶対鏡で確認しなければならず、確認しても挟まっていることも多々ありました。あと、見た目も少し気になっていました。正直しんどかったですが、今ではあの時やって良かったなと思いました。しかし、今はマウスピースでできるので、とても羨ましいです。マウスピースなら食べ物が挟まる心配もなく、人と接するときは外して見た目にも影響ないのでとてもいいと思いました。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(男性 10代 奈良県奈良市)

私は中学生の時にワイヤーによる矯正をしました。普段はとくに違和感はなかったのですが学校の友達に矯正してるん?と聞かれた時にとても恥ずかしかったです。また、最初は矯正は痛いものだという考えがありましたがそんなことはなく少しも痛くなかったのでもしこどもが矯正を進められたらやってみたらと言うと思います。マウスピース矯正が今はありますがワイヤー矯正の方が効果があって良いのではないかと考えています。皆さんも矯正は痛くないので安心してください。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 10代 北海道富良野市)

札幌市中央区のスマイル歯科にお世話になりました。歯に貼り付けるパーツが金属では無い目立たないタイプだったので、見た目はあまり気になりませんでした。月に1度?2度ワイヤーを調整したあとは、泣くほどではないけど歯が痛くて痛くて食事に困り、たまご豆腐やウイダーinゼリーなどでしのいでいました。一番きつかったのが、当時部活でバスケットボールをやっていたのですがパスを顔面でキャッチしてしまい、閉じた口の裏側がワイヤーや金具に当たり広範囲で切れてしまった事です。あれは痛かった。それ以外は、20年以上経った今も歯並びが悪くなることもなく、やって良かったと思っています。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 20代 奈良県奈良市)

わたしは小学2年生から高校2年生までの長期間、ワイヤーによる矯正を行いました。ワイヤー矯正の問題点は、ワイヤーが外れてしまうことがあると言う点です。外れるたびに、口の中にひっかかり、傷ができて、血が出ると言うことがよくありました。また、無理やり歯を動かすためにワイヤーを使うわけですから、非常に頭痛がひどくなります。夜寝ることができないほどの痛みに襲われたことが多々ありました。その点はマウスピースと変わりないのですが、マウスピースの方が衛生管理がしやすいと思います。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性20代 福岡県福岡市博多区)

社会人になって2年半の間ワイヤー矯正を行っていました。ワイヤー矯正を始めた当初は着色しやすいリングのようなものを用いていたので、カレーやコーヒーでリングが着色するのを恐れ、食べ物にかなり気を遣ったことを思い出します。また、ブラケット周りに食べかすが挟まる上に、ワイヤーが邪魔をして歯ブラシを届かせるのも大変でした。また、リングを用いなくなった後でも、ブラケット周りがかなり着色したりして、すごく嫌だったこともあります。ワイヤー矯正は「矯正をしている」ということがもろ分かりで、目立つのですごく嫌だなという時期もありましたが、結果的には本当に綺麗に並んでいるので、今となってはやってよかったと思います。マウスピース矯正については、あまり知識がありませんが、もし同じぐらい綺麗に並んで、かつ歯並びが綺麗になる期間がワイヤー矯正と全く同じであるならば、マウスピースの方がいいとは思います。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 20代 福岡県福岡市)

小学高学年ころから歯並びは気になっていましたが、成人になってから歯科矯正を始めました。歯を抜いてからの矯正。隙間が綺麗に埋まるまではすきっ歯になったり、清掃が難しかったり、唐揚げなどの固いものが噛みにくかったりしましたが、徐々に綺麗に並んでいく様子が見れて苦ではありませんでした。マウスピース矯正もありますが食事や歯磨きのたびに着脱しなければならない、微調整で何度かマウスピースを作り直す必要がある、その度に期間が延びるので、面倒臭いのが苦手な私は何もしなくても並んでいくワイヤー矯正が合っていたと思います。

歯列矯正・ワイヤー矯正の口コミ(女性 40代 大阪府大阪市)

大学を卒業して社会人になってからワイヤーによる歯列矯正を3年間していました。 アゴが小さいので、歯を上下合わせて4本抜歯することを勧められましたが、虫歯でもない丈夫な歯を4本も抜歯することに抵抗があり、抜歯せずに矯正してもらうことにしました。抜歯はせずに、1本1本の歯の両脇を少し削って歯のサイズ小さくすることで隙間を作って並べて行くというやり方だったので、通常よりも1年以上長くかかりました。期間も長かったせいで、虫歯も何本か作ってしまいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?当サイトでは、口コミを募集し、多くの方に回答をいただくことができました。
回答いただいた多くの方は、10代の間に歯列矯正の治療をはじめられています。
回答いただいた20名のうち、10代で歯列矯正をはじめられた方は、14名でした。歯列矯正をはじめられる方の70%が10代であり、いかに歯列矯正が人気なのかがわかることだと思います。
しかしながら、多くの方は、矯正中に、見た目の問題や、痛みが生じてしまったり、食事の際に不憫に感じてしまったりと、多くの問題を抱えていたといえます。
そこで近年、こうした問題を解決していくために、インビザラインが登場し人気を集めているのです。