【入門編】オススメのインビザライン矯正ブログ3選!!

【2018年7月現在】最新!当サイトの歯列矯正人気ランキング
【1位】インビザラインなら 精密審美歯科センター
充実した診断窓口と国内トップランクの医師の診断!
精密審美歯科センターについてもっと知りたい方は こちらの記事をご覧下さい

【2位】インビザラインなら 銀座クリアデンタル
豊富な治療実績と最新の矯正治療設備!
銀座クリアデンタルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい

【3位】 低価格で矯正するなら キレイライン矯正
低価格短期間での治療が可能!
キレイライン矯正についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい
Pocket

「自分の症状はインビザラインの治療を受けられるのだろうか。インビザラインを始めるうえで気をつけることは何だろうか。」

インビザラインを始めてみたいと思ったとき、まずは、自分の症例に似た人はいないかネットで検索する方も多いと思います。

もしいるのだとしたら、どれくらいの費用がかかり、どのくらいの期間がかかるのか、さらにはインビザラインのメリット・デメリットまでも事前に知っておきたいですよね。

そこで今回は、これからインビザラインを考えている方に向けて、実際にインビザラインを体験されている方のブログを紹介していくことで、インビザラインについて理解していただけたらと思います。

インビザライン矯正の体験談ブログ

近年では、子供から大人まで幅広い年代の方がインビザラインを始めるようになってきました。

インビザラインのようなマウスピース矯正は、年代によって治療にかかる期間もプランも変わってきます。

若い人のほうが歯を動かしやすいですし、抜歯をするかしないかによっても治療方法が変わってくるのです。

また、人それぞれ症状は異なってくるので一人一人の症状に沿って、治療が進んでいきます。

現在インビザラインでは、ほぼどのような症例の方であっても治療を行っていくことが出来ます。その症例は、出っ歯、八重歯、受け口、切端咬合など様々です。

ですのでインビザラインの体験談も人によって大きく異なります。自分の症状に似た体験談をみていくことで、インビザラインのイメージというものがつかめるのではないでしょうか。

インビザライン体験談ブログ 出っ歯の症例(インビザライフ)

まずは出っ歯(上顎前突症)の症例から紹介していきます。

笑み
こちらは20代男性、出っ歯(上顎前突症)の症例の体験ブログです。
笑み
こちらの方は、抜歯なしでインビザラインを始めています。
笑み
インビザラインを始める際に、抜歯をするのかしないのかとても気になるところですよね。
笑み
実は多くの場合、抜歯はしなくても治療を勧めていくことが出来るのです!

最近では、抜歯の代わりに、歯のエナメル質を削るディスティングを行う人が多く、こちらの方もディスティングによって歯と歯に空間をあけ、歯の移動がスムーズになるようにしています。

また、インビザラインを始めるとき、親知らずを抜歯したという方も多いですが、こちらのブログは親知らずも含めて、抜歯なしで矯正治療をしています。

笑み
抜歯なしで矯正を行っていきたいという方にオススメのブログです!

インビザライン体験談ブログ 八重歯の症例(30代OLのインビザライン日記)

次に八重歯、叢生(歯がガタガタであること)の症例について紹介していきます。

笑み
こちらは、30代女性、八重歯や叢生(歯がガタガタであること)の症例の体験ブログとなっています。
笑み
インビザラインのようなマウスピース矯正でなく、従来のワイヤー矯正だと目立ってしまうため、敬遠されてきた方も多いのではないでしょうか?

インビザラインでは、見た目を全く気にすることのなく治療を勧めていくことが出来ます。そこでこのブログは、歯並びが気になるけれどなかなか歯列矯正に踏み出せない、働いている女性にとてもオススメのブログとなっています。

働く女性にとって、目立たずに歯列矯正を進めていくことも重要かもしれません。もう一つ重要なのは、口内環境を清潔に保つことです

口臭であったり、虫歯であったりと、インビザラインを始めようとする際に気になってくるのではないでしょうか。

マウスピースには汚れが溜まりやすいため、たとえ忙しい日々の中であっても、マウスピースのお手入れは欠かせません

当サイトでは、マウスピースを、そして口の中を、手間を掛けないで清潔に保つためのオススメの洗浄方法にについても紹介しております。併せてご覧ください。

インビザライン体験ブログ 受け口の症例(ハム子のマウスウォッシュ矯正ブログ)

最後に受け口(反対咬合)の症例について紹介していきます。

笑み
こちらは受け口(反対咬合)の症例について紹介しているブログです。

先程も説明しましたように、インビザラインでは、どのような症状であってもに治療していくことが出来ます。

症例や症状の具合によって、治療期間は前後してしまいますが、受け口はインビザラインによって早く直していけるようです。

笑み
受け口(反対咬合)でお悩みの方は是非チェックしてみてください。

インビザラインでどう変わる!?ビフォーアフターについて

インビザラインでは、はじめに計画したプランの通りにマウスピースが作られていき、徐々に歯並びを改善させていきます。

インビザラインの治療完了までは平均して約2年です。

その間の経過観測を日記のように綴っているブログもあります。

インビザラインのメリットは、治療前と治療後の、ビフォーアフターが患者にとって非常にわかりやすいということです。

インビザラインでは初めから最後までマウスピースを作るため、ワイヤー矯正とは違って、患者が明確な目標をもって治療を進められます。

はじめからゴールが見えているので非常に安心でしょう。

笑み
ワイヤー矯正は行き先のわからない電車にのるようなものです、、、

だらしなハム子@インビザライン矯正中 (@rinvisalign)

先程、受け口(反対咬合)の症例ブログで紹介しましたこちらのブログは、経過観測を写真付きで日記のようにあげているので、インビザラインでどれくらいの変化が出てくるのか、これから矯正を始める人にとっても、現在矯正中の人にとってもオススメのブログとなっています。

こちらのブログをチェックしていくことで、医師ではわからない、患者側からでしかわからないインビザラインの経過についても知っていけるのではないでしょうか。

インビザライン体験談ブログ(抜歯体験ブログ)

笑み
インビザラインを始めるときに一番不安に思うことは、「抜歯」です。

抜歯をするのかしないのか、抜歯をすることでどんなメリットがあるのだろうか、なんだか痛そうだし抜歯したくないな

このように考える方も多いのではないでしょうか。

実のところ、多くの人は抜歯をしなくてもインビザラインを進めていくことが出来ます。

人それぞれ症状は異なるので一概には言えませんが、ほとんどの人は抜歯をせずに歯のエナメル質を削るディスティングを行い矯正をしていきます

また、抜歯の多くは「親知らず」です。親知らずを抜歯するのは、親知らずが曲がって生えてきたり、横に倒れて生えてくると、他の歯を押してしまって矯正がうまく進んでいかなくなってしまうためです。

笑み
こちらのブログでは、抜歯から一ヶ月間の記録を記しているので、 抜歯について不安に感じているという方は参考にされるとよいでしょう。

インビザラインを始めるうえで、抜歯をするのかしないのかは、非常に重要なポイントです。メリット・デメリットを十分に理解して患者自身が判断していかなくてはなりません。

当サイトでは、インビザラインに抜歯は必要なのか?メリット・デメリットを含めて解説しております。ぜひご覧ください。

インビザラインの体験談や口コミをご紹介!!

最後になりましたが、インビザラインの体験談や口コミをご紹介していきたいと思います。

インビザライン体験談 (20代 福岡県在住 女性)

前歯を気にしていたのでできだけ矯正がバレずに、歯科矯正したいと考えていました。

インビザラインを最初は知らず、はじめてのカウンセリングのときに内側の矯正などで見えないものがいいと伝えたところインビザラインを紹介していただきました。

夜寝るときと休日家にいるときだけ、そして学校から帰るときだけつけていましたが、順調に進み思ったより早く終わりました。

歯並びが整い、今では満足しています。定期検診でも歯の相談や現状を丁寧に聞けるのでとてもいいです。

インビザライン体験談 (40代 神奈川県 女性)

歯列矯正でワイヤータイプではないマウスピース型の方式があると聞いて、歯科医院でワイヤー式とインビザラインの両方のメリットとデメリットを説明を受けました。

インビザラインは、ワイヤーとは違って口内を傷つけたり口内炎ができたりするリスクがほとんどないことや、誰にもわからずに歯列矯正ができるというメリットの多さで最終的に治療を受けることを決めました。

定期的に新しいインビザラインに変えて行くのですが、その時1週間ぐらいは違和感があり痛みも少しありますが、全然我慢できる程度でとても楽でした。

約2年かけて矯正が完了しましたが、今は歯並びが本当に綺麗で笑顔がいいねと褒められるようになりました。こんなに手軽に歯列矯正ができるのだったらもっと早くからインビザラインを始めていれば良かったです。