インビザラインで失敗しないために!重要なポイントとは?

【2018年7月現在】最新!当サイトの歯列矯正人気ランキング
【1位】インビザラインなら 精密審美歯科センター
充実した診断窓口と国内トップランクの医師の診断!
精密審美歯科センターについてもっと知りたい方は こちらの記事をご覧下さい

【2位】インビザラインなら 銀座クリアデンタル
豊富な治療実績と最新の矯正治療設備!
銀座クリアデンタルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい

【3位】 低価格で矯正するなら キレイライン矯正
低価格短期間での治療が可能!
キレイライン矯正についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい
Pocket

歯列矯正をしたい、自分の歯並びが気になるという人は年々増加傾向にあります。

厚生労働省の調査によれば、日本人の約半数が歯並びを気にしているということがわかっており、それに伴って、マウスピース矯正を行う人は年々増加してきています。

マウスピース矯正の中でも、近年注目されているのがインビザラインです。皆さんの中にもインビザラインを考えていらしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、高いお金をはらうのだから失敗したくない、絶対に成功させたいという方のために、インビザラインで失敗しないために何に注意すべきなのか、失敗談や失敗の原因を考えながら見ていくことにしていきます。

インビザラインの失敗談 失敗してしまう人とは?

インビザラインのメリットは数多くあります。しかしながら、そうしたメリットがあるにもかかわらず、矯正が失敗してしまう人が多くいるというのも現状です。

では、どういった人が失敗しやすい人と言えるのでしょうか?実際に見ていくことにしましょう!

インビザラインで失敗してしまうのはどんな人!?

インビザラインで失敗してしまう人の多くは、インビザラインを続けられない、投げ出してしまう人です。

インビザラインは、取り外すことができます。食事の際に取り外しができ非常に便利なのですが、外してそのままにしてしまったという人も多くいます。

途中で面倒になり、投げ出してしまう人が多いのもインビザラインの特徴なのです。

また、インビザラインでは、マウスピースの手入れが欠かせません。途中でやめてしまう人の多くは手入れが面倒だからであるでしょう。

食事の際には、インビザラインは取り外しが可能なため、普段の食事と変わりなく食事を摂ることができます。しかしながら、食事の時以外は必ず着ける必要があります。

食事のたびに、毎回自分の歯だけでなく、マウスピースの手入れもしなくてはならないので面倒と言えるでしょう。

インビザラインの持つメリットとは!?

失敗談で紹介しましたとおり、インビザラインを使ってみて、きれいに歯列矯正ができたという人もいれば、失敗してしまったという人もたくさんいます。

そこでまずは、インビザラインの失敗の原因を考えていく前に、インビザラインのメリットについて紹介していくことにしましょう。

インビザラインの持つメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • 透明だから目立たない
  • 取り外しができる
  • 通院回数が少なくよい

インビザラインのメリット①:透明だから目立たない

インビザラインは、透明です。そのため、周りの人に矯正をしていることを気づかれるといったことはまずありません。

従来の方法では、見た目の問題であったり、話しづらくなったりと、いくつもの難点がありました。

特に、見た目を気にしやすい年代の子供の場合、精神的な苦痛になるというケースもたくさんあります。

職場や学校で着けていても何の不自由なく過ごすことができるというのがインビザラインのメリットなのです。

インビザラインのメリット②:取り外しができる

また、取り外しが可能で、食事や歯磨きをするときに、ワイヤーによる歯列矯正に比べて、面倒なことはありません。

取り外しができることで、普段の生活通りの食事を摂ることができます。

従来のワイヤー矯正では、食べ物がワイヤーに引っかかって食べづらいということもありましたが、その心配もありません。

インビザラインのメリット③:通院回数が少なくてよい

そして何よりも、通院回数が少なくて良いというメリットがあります。

はじめに取った型やデータから、コンピュータを使ってインビザラインは作られるため、基本的には通院は数ヶ月に一回と少なく済むのです。

インビザラインのメリットが失敗の原因に!?

しかしながら、こうしたメリットが失敗の原因となってしまうこともあるのです。

取り外しが簡単にできることによって、あとでつければいいや、とサボってしまうケースが多く見受けられるのです。

また通院が少なくなるため、ついインビザラインをつけることを忘れ、放置してしまうこともあるといえるでしょう。

着用時間が短くなり失敗につながってしまう

インビザラインは基本的に食事の時以外、常に着けつづけます。

一日のうち20時間程度をインビザライン着用の目安としているケースが多く、そうした目安を守れなくなってしまうことが、失敗へと繋がってしまうのです。

ワイヤーなどの従来の歯列矯正では、簡単に取り外しができないため、サボってしまうということはまず起こりません。

しかしながら、マウスピース矯正では、患者自身の判断でマウスピースをつけるかどうか決めてしまうことができます。

そのため、着けている時間が少なくなってしまい、当初の予定通りに矯正が進まなくなってしまうのです。

インビザラインの失敗の原因の多くは患者側にあった!

このように、インビザラインの失敗の原因の多くは、患者側にあると言えます。

特に、小さな子供がインビザラインの矯正をする場合には、患者自身だけでなく、親の協力も必要になってくるのです。

また、一度はマウスピース矯正によってきれいな歯並びになり、矯正が成功したと思われても、その後の治療をしっかり行わないともとに戻ってしまうこともあります。

せっかく二年間かけて移動させた歯が、その後すぐに戻ってしまうのです。

特に成長期の子供の場合、顎の成長などによって、一度は成功したように思われても、すぐに元通りになってしまったというケースが多いので、マウスピース矯正が終了したからと言って、安心してはいけません

マウスピース矯正が終わったとしても、その後に、元の歯並びにならないようリテーナーを着ける必要があります。

約二年間の矯正が終了したあとに、もとに戻ってしまわないよう、一定期間、リテーナーを着用するなどアフターケアも大切なのです。

クリニック側から考えられる失敗の原因とは!?

上記では、患者側から考えられる失敗の原因を見てきました。

今度は、クリニック側にある失敗の原因を見ていくことにしましょう。

クリニック側にある失敗の原因として考えられるのは、以下の点です。

  • 患者との意思疎通が足りない
  • 診断や当初の計画のミス

患者との意思疎通が足りない

クリニック側にある失敗の原因と考えられることは、まず、患者とクリニックとの間で、意思疎通がうまくとれていないということが考えられるのではないでしょうか。

先程、患者側からの失敗の原因を挙げた際に、インビザラインのもつメリットである通院が少なくて済むということを挙げました。

ではなぜ、インビザラインのメリットであるはずの通院の少なさが失敗の原因となってしまうのでしょうか。

通院が少なくなることで、クリニック側は当初の計画どおりに矯正が進んでいるのか、実際に患者が毎日マウスピースを着けているのか、チェックすることはできません。

患者がサボっていて当初の予定と大幅にズレが生じてしまっているもしれません。患者とクリニックが、意思疎通を取るということが少なくなってしまうのです。

意思疎通が取れなくなってしまうことにより、当初の予定とのズレが生じてしまい、そうして生じたズレが次の診察のときにもっと大きなものになっていってしまうのです。

診断や当初の計画のミス

また、もう一つの原因として考えられるのが、診断や当初の計画のミスです。こればかりは、患者にとっては、どうしようもありません。

冒頭に挙げました通り、歯列矯正をしたい、自分の歯並びが気になるという人は年々増加傾向にあります。

厚生労働省の調査によれば、日本人の約半数が歯並びを気にしているということがわかっており、それに伴ってインビザラインを使用する人は年々増加してきています。

近年急速に、従来の矯正方法からインビザラインをはじめとするマウスピース矯正に移行するクリニックが増えてきました。

インビザラインは、コンピュータでマウスピースを作ります

コンピュータでマウスピースを作りきれいな歯並びに矯正していくわけですがそれだけで簡単に行くわけではありません。

親知らずが生えてきたなど当初の計画とのズレがいつ起こるかわかりません。そうしたときに対応するのはもちろん、クリニックの医師です。

型をとったら、クリニックの医師は何もしなくていいというわけではなく、計画からのズレを修正していかなくてはならないのです。

そうしたなかで、経験が少ないクリニックは、臨機応変に対応することができるのでしょうか?

インビザラインの治療を始める前に、まずはどのクリニックを選ぶのか、インビザラインでの治療経験の多いクリニックを探し、安心して治療を行うことのできるクリニック選びが非常に大事になってくるのです。

国内トップ医師の診断!精密審美歯科センターはこちらから

 インビザラインで抜歯するのは失敗につながる?

そもそも、歯列矯正をする理由として何が挙げられるでしょうか。

  • 歯並びを良くしたい
  • 健康な歯を保ちたい
  • コンプレックスを無くしたい

などなど、人それぞれ理由はあるかと思います。

歯並びを治すということは、見た目の改善だけでなく、自分の歯の健康寿命を伸ばすということにもつながってきます。

しかしながら、矯正治療をする際に、抜歯を提案されることが多くあります。もちろん自分の健康である歯を抜くということに抵抗のある方も多いと思われます。

みなさんもできることなら、抜歯したくないと思われるのではないでしょうか。ではなぜ、抜歯を勧められることが多いのでしょうか。

その理由として大きく分けて以下の二点が挙げられます。

  • 歯の移動をスムーズにするため
  • 後戻りをなくすため

まずは、歯の移動をスムーズにするです。もちろん抜歯をすることで、抜歯した歯の分だけ口内に空間ができます。

抜歯により、口内に空間ができることで歯の移動をスムーズにすることができ、無理なく短期間で矯正を行っていくことができます。

抜歯をしないで、全部の歯を少しずつ移動させていくとなると相当の時間がかかります。

あらかじめ、抜歯によって空間を作っておくことで、無理のない、そして、矯正の期間を短くすることができるのです

しかしながら、抜歯をすることはいいことばかりではありません。

  • 健康な歯がなくなる
  • 噛みあわせが悪くなる

健康的な歯がなくなる

歯列矯正の目的として、歯の健康寿命を伸ばすということをイメージする方も多いのではないでしょうか?

抜歯をするということは、本来であれば、抜く必要のない健康な歯を抜くということになります。

いつまでも自分の健康な歯を保っていたいのであれば、抜歯をしないほうが良いでしょう。

噛みあわせが悪くなる

また、かみ合わせが悪くなる、うまく食べものが噛むことができなくなるなど弊害が生まれてくることも事実です。

インビザラインは、最短でも治療完了までに二年かかります。二年間もの間、歯は少しづつですが動いていきます。

最終的には、抜歯をすることでより早く治療を終わらせることができるかもしれません

しかしながら、その間も、もちろん毎日食事を摂るわけです。抜歯をすることで、急にかみ合わせが変わってしまいます。

今まで噛み切れていたものが噛み切れなくなることも起きてきてしまいます。終わり良ければ全て良しとは、一概にいえないのではないでしょうか。

インビザラインで失敗しないためにするべきこと

以上のことを踏まえて、インビザラインで失敗しないために注意しなければならないことは何なのでしょう。

以下の三点セットを心がけましょう。

  1. インビザラインを毎日忘れずにつける
  2. マウスピースの手入れを欠かさない
  3. 医師と患者との間で意思疎通をとる

インビザラインを毎日忘れずにつける

まずは、インビザラインをしっかり毎日つける、このことは切り離せません。計画どおりに矯正治療を進めていくためにも、小さな子供の場合には親が見守る必要があるとも言えるでしょう。

マウスピースの手入れを欠かさない

マウスピースの溝など隅々まできれいにブラッシングしたり、洗浄液を使ったりしてマウスピースを洗浄するといった手入れが欠かせません。

インビザラインでは、ひとつのマウスピースを二週間前後使い続けることになります。

一度、手入れを怠ると自分の歯にも、マウスピースにも汚れが蓄積していき、虫歯の原因になりかねません

せっかく矯正を始めたのに、虫歯になってしまったら、計画を一から変更しなければなりません。ですので、マウスピースの手入れは欠かさないように心がけましょう。

毎日の手入れはとても面倒だと感じる方も多いと思います。

しかしながら最近では、洗浄液に浸しておくだけでも、きれいにマウスピースの洗浄ができるといった商品も多く見られてきました。

簡単にマウスピースの手入れもできますので是非活用してみてください。

患者と医師との間で意思疎通をとる

また、少ない通院回数の中であっても、不安に思った点や疑問点、当初の計画通り治療が進んでいるのか、患者と医師の間で意思疎通を取る必要があるのです。

患者と医師との間で意思疎通をとることができていれば、患者の症状や矯正の進行状況についても医師が確認できるのです。

ですので、月に一回程度の少ない通院回数であっても、必ず、通院した際には矯正の段階についての相談を行ってください

インビザラインで失敗しないために重要なのはクリニック選び!!

そして、何よりも重要になってくるのが、クリニック選びです。

近年、歯列矯正を希望する人は急増してきており、それに合わせて、インビザラインなどマウスピース矯正の治療を行うクリニックも増加してきています。

普段、どの歯医者に行こうかという悩みを持つ人は少ないのではないでしょうか。多くの人は、自分の住んでいる地域の歯医者に通うことが多いと思います。

しかしながら、最寄りの歯医者、かかりつけの医院がインビザラインなどの歯列矯正を得意としているとは限りません

インビザラインの治療をまだ始めたばかりで経験のない医師も中にはいるでしょう。

だからこそ、インビザラインの治療を始める前に、まずはどのクリニックを選ぶのか、インビザラインでの治療経験の多いクリニックを探し、安心して治療を行うことのできるクリニック選びが非常に大事になってくるのです。

インビザラインをはじめるなら、精密審美歯科センター!

インビザラインで失敗しないためにブログを活用!

皆さんの中にもインビザラインを考えていらしゃる方も多いのではないでしょうか。

歯科医の診断を受ける前にインビザラインについて詳しく知っておきたい、あるいは、現在治療中でインビザラインで失敗しないためにどうしたらいいのだろう、そういった方も多いのではないでしょうか。

またインビザラインでは症状によってかかってくる期間や費用が変わっています。

自分の症状に似た人のインビザラインの体験ブログを見ていくことでより具体的にインビザラインの矯正治療の計画が立てやすくなっていくのではないでしょうか?

そこで最後に、失敗しないためにインビザラインについて知りたいといった方のために、オススメのブログサイトをチェックしていくことにしましょう!

インビザライフ (@qusabi)

こちらは20代からインビザラインをはじめた方の体験ブログとなっています。抜歯をしないで矯正をすすめています。

ですので、これからインビザラインを始めてみようと思っている方にも、現在実際に使用されている方にもオススメのブログとなっています。

マウスピース矯正を行う際に、抜歯をするのか否かは、非常に難しい判断担ってくると思われますので、是非参考にしてみてください。

 インビザライン矯正中ブログ (@invisako)

こちらは、30代女性のインビザライン体験ブログとなっています。

インビザラインを選んだ理由から、買ってよかったインビザライン関連商品まで幅広く紹介されているので、インビザラインを考えている方も、現在実際に使用されている方にもオススメのブログとなっています。

国内トップ医師の診断!精密審美歯科センターはこちらから