インビザラインのディスティングって何?歯を削る!?




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

歯並びが悪いと、笑顔になった時などに顔のイメージを損ねてしまう恐れがあります。また食べ物を上手く噛めなかったり、磨きにくくて虫歯や歯周病の原因になったりなどの、健康面でのマイナスも考えられます。

そういった問題を解消したいという理由で、歯の矯正を希望する人は大勢いるでしょう。

ただ歯の矯正と言うと、歯に装着したワイヤーが目立つというイメージを持つ人も少なくないかも知れません。

しかし近年では、インビザラインという透明なマウスピ―スを装着する矯正方法が広まってきているので、それを選べば見た目の問題をかなり改善できるようになっています。

ただし、このインビザラインを行う際には、歯を削る場合があるということも知っておいた方が良いでしょう。

インビザラインを行う際に歯を削ることをディスティングと言いますが、ここからはそのディスティングに関して、気になる点をいくつか挙げて行きます。

インビザラインとはどのような矯正法なのか

ディスティングについて考える前に、まずはインビザラインのやり方について少し解説しましょう。

インビザラインは透明なマウスピースを1日20時間以上装着することで、歯の位置を少しずつ移動させるという矯正方法です。

マウスピースを1日中装着する必要はないため、食事や歯磨きの時などに、短い時間であれば自分の手で取り外すことができるという点は、インビザラインの大きなメリットです。

マウスピースは1つだけではなく、矯正の進行に応じて少しずつ形の異なるものへと、1、2週間に1度くらいの頻度で交換して行くため、その数はかなり多くなります。

ただ交換するとは言っても、その度に歯型を取ってマウスピースを製作するわけではありません。

基本的には最初に歯型を取った時に、全ての行程で使用する分のマウスピースをたくさん製作します。

インビザラインはアメリカで開発された矯正方法で、日本でそれを行う場合にも、マウスピースの製作はアメリカの会社に依頼することになるからです。

そのシステムによって交換の度にクリニックに通う必要がないため、来院回数が少ないという点もインビザラインのメリットだと言えます。

なぜ歯を削る場合があるのか

インビザラインはマウスピースを使用する矯正方法なのに、なぜ歯を削る場合があるのかが気になる人は多いのではないでしょうか。

その理由を考えるには、歯が外側に広がっている状態から、内側へと歯を動かしていく場合を想定すると分かりやすくなります。

元々歯と歯の間のすき間が大きい人はそのままで良いのですが、そうでない人の歯を移動させようとすると、どうしても歯と歯の間が狭まってしまい、を動かすだけのスペースが足りなくなってしまうことがあるのです。

その問題の解決作として、歯を移動するスペースを空けるために歯を抜くという選択肢もあるのですが、健康な歯を抜いてしまうことに抵抗感を覚える人は少なくありません。

また一般的には歯科医師も、健康な歯は抜かずに残しておくことが望ましいと考えます。

そのため、歯を抜かなければならないほどのスペースを必要としないのであれば、歯を削ってそのサイズを小さくすることによって、移動させられるだけのスペースを確保するという選択肢が出てくるのです。

ディスティングとはどのようなものか

上でも説明したように、ディスティングとは歯を削ることを言うのですが、虫歯の治療で削る場合とは、そのやり方も削る幅も異なります。

使用する器具は小さなやすりかのこぎりのような形をしており、それを歯と歯の間に差し入れて、少しずつ丁寧に削って行くというやり方が一般的です。

その際に削る幅は人によって違いはあるものの、最大で0.3から0.5mmほどとされているので、虫歯よりもかなり薄く削ることが分かるでしょう。

人間の歯の最も外側にあるエナメル質の部分の厚みが1から2mmほどなので、その一部分しか削ることはないため、虫歯になりやすくなるなどの歯に与える影響はないとされています。

ディスティングを行うのは痛いのか

ディスティングに関して多くの人が不安を感じるのは、歯を削る時に痛いのではないかという点でしょう。

結論から言うと、その心配はまずありません。なぜなら、ディスティングで削るのは上で説明したようにエナメル質の外側の一部分に限られているのですが、そのエナメル質には神経が通っていないからです。

そのようにエナメル質を薄く削るだけでは痛みを感じることがないため、歯を削るとは言っても麻酔をかけることなく行うことができます。

まとめ

マウスピースを装着して少しずつ歯を動かすインビザラインは、あまり目立たないことや自分で取り外しができるなどのメリットを持った画期的な矯正方法です。

ただし歯を動かすスペースを空けるために、ディスティングによって歯を削る場合もあります。その場合に削る幅は極めて小さいため、痛みを感じたり虫歯になったりする恐れはまずありません。

しかしながら、担当する医師の技術が足りない場合には、思わぬトラブルに見舞われる可能性がないとは言えませんそのため、信頼できるクリニックを選ぶことが重要になります。