インビザラインの顔の変化!理想のEラインでモテモテに!?




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

『美人』の横顔には、一つの共通した特徴があることをご存知ですか?

美人に共通する特徴はどういったものか、そして『美人』の横顔に一歩近づくためには何が必要なのか、について紹介していきます。

『美人』の横顔に共通の特徴があった!

あなたの横顔を鏡でチェックしてみてください。下の画像のようなのようなEラインが作れるでしょうか?

このEラインと呼ばれる横顔が、『美人』の共通の特徴としてあげられる条件のです。

  • 「理想のEラインを手に入れたい」
  • 「私も美人の共通点を手にしたい」

誰しもが、このように思うでしょう。では一体、どのようにすればEラインを手にすることができるのでしょうか

まずは、Eラインについて詳しく見ていくことでその秘訣を探ってみたいと思います。

Eラインを手にするには整形手術が必要!?

Eラインを手に入れるには、何をすればいいのでしょうか。キレイなEラインを手に入れるために、おすすめの方法は2つあります。

笑み
顎を動かすために整形手術が必要なのかな?手術ってなると怖いな…
インビザ
安心してください!Eラインに整形手術は必要ありません

Eラインの作り方とは?

まずは、Eラインを手に入れる二つの方法について紹介していきますね。キレイなEラインを手に入れるための、おすすめの方法は以下の2つです。

  • インビザライン(マウスピース矯正)での治療
  • 抜歯なし、手術なしでEライン手に入れる歯列矯正

Eラインの作り方1:マウスピース矯正

まず1つ目は、インビザライン(マウスピース矯正)での治療方法です。近年大注目のインビザラインを使って、Eラインを手にいれていきましょう。

Eラインの作り方2:重心矯正

2つ目は、顎変形症や、受け口など症状の重い方でも、Eラインを手にいれることができる方法です。

顎変形症や受け口の人は、矯正治療を始める際に、「骨きり手術」と呼ばれる外科手術を行う場合が多いです。

ですが、手術を行わなくても『重心矯正』という矯正方法を用いれば、Eラインを手にいれることができます。

インビザライン矯正、重心矯正の2点について詳しく見ていくことにしましょう。

インビザラインで横顔が変化する!理想のEラインとは?

横から顔を見て、鼻の先端と頬の先端を結んでできる線のことを「Eライン」といいます。

この結んだ線がまっすぐだと理想の横顔だとされ、『美人』の共通の特徴と言われるのです。

テレビや映画で活躍される芸能人の横顔を確認してみてください。きっとキレイな、Eラインをお持ちの方が多いことでしょう。

Eラインが作るために原因を知ろう!

ではどうすれば、Eラインを手にいれて、『美人』の横顔になれるのでしょうか。

Eラインが保てない理由として、まずは以下のことが挙げられます。

  • 歯並びが悪い
  • 嚙み合わせがずれている
  • 骨格にズレが生じている

理想のEラインが作れない理由として、歯に原因がある場合と頬の骨格に問題がある場合があります。

つまり、その原因に合わせた治療を行わなければなりません。

歯並びの悪い方はマウスピース矯正で作る

歯並びや噛み合わせが悪い方が、Eラインを作る方法は、「マウスピースによる歯列矯正」です。

理想のEラインを手にするには、歯列矯正によって、歯並びや嚙み合わせのズレを解消する他、方法はありません。

歯列矯正と言っても、最近では様々な矯正方法があります。

従来の矯正方法は、金属製のワイヤーが目立ってしまうため『美人』の口元には程遠いものでした

笑った時に金属が見えるのは避けたいですよね。そこで見た目にも配慮されたマウスピースによる歯列矯正が解決策として挙げられるのです。

Eラインを手に入れるにはマウスピース矯正!

歯並びが悪いと笑うとき、つい口を手で隠してしまうという方は多いのではないでしょうか。

が出ていたり、歯の間が開いていたりと歯並びの悩みもいろいろあります。

矯正といえば金具のワイヤーを入れるイメージが強く、見た目に抵抗がありますよね。

しかしながら、マウスピース矯正は透明なマウスピースを装着するので、人前で歯を見せて笑っても目立つことはありません。

また金属アレルギーを持っている方で矯正することに不安がある方にも安心して使用することができます。

マウスピース矯正はインビザラインがおススメ

マウスピース矯正は透明で目立たないので、お仕事中に装着していても同僚に気づかれるといった心配はいりません。

マウスピース矯正のなかでも特に人気を集めている方法として、『インビザライン』があります。

インビザラインは子供から大人まで、幅広いニーズにあわせてつくられた矯正方法であり、理想のEラインを目指すうえでも効果が期待できます。

顔の変化はいつから?理想のEラインを手にできる?

マウスピース矯正のなかでも特に人気のある『インビザライン』を取り入れて理想のEラインを目指すことにします。

インビザラインを装着して矯正を行ったときに、どれくらいの治療期間で横顔の変化を得られるのでしょうか。

そして理想のEラインを手にすることができるのでしょうか。

半年~1年でEラインを手にできる!?

矯正をする前の患者さんの歯並びの状態にもよりますが、半年ほどで理想のEラインに矯正できます。

症状の重い方であっても、一年もあれば歯並びの改善が期待できるでしょう。症状が軽い方ほど早く歯並びや骨格が治るので、短期間で治療可能です。

人によっては抜歯しないといけないのでそれにより治療期間も伸びることもあります。

期間を把握したい時は無料相談を活用しよう!

自分の症状がどんなものか、理想のEラインを手にするためにどれくらいの期間が必要なのか。まずは無料相談を実施しているクリニックを訪れてみるとよいでしょう。

以下は、インビザラインを専門にしている、治療実績も豊富なクリニックです。歯列矯正の悩みであればどんなことでも受け付けてくれますので、まずは気軽に無料相談を活用してみてください。

インビザラインで顔の変化はいつから現れる?

インビザラインを装着したその日から、自分の歯が動いているのがわかります。

効果が現れているのを実感しながら、矯正を進めていけるので矯正治療に対するモチベーション維持にもつながるでしょう。

*2018年八月現在、今まではインビザライン・フルと呼ばれる歯列全体の矯正方法しかありませんでしたが、インビザラインの種類も多様化してきています。

種類によって変化や期間は異なる

前歯のみといったような部分矯正に対応したインビザライン・ライトや、子供を対象にしたインビザライン・ティーンなど、適応年齢や症状によって、様々な選択をすることが可能になってきたのです。

症状別に種類を選べるようになったおかげで、インビザラインの効果を最大限に活かすことも可能になりました。

さらに症状別に適した治療ができるので、最短期間で治療を終えることも出来るようになってきたといえます。

インビザラインを装着してどこに変化が出る?

前歯が出ていたり、凸凹の歯並びだったりなど、歯並びに関するコンプレックスの種類もいろいろです。

特に歯が前に出ていると、口が閉じにくいため常に開いているように見えます。横から見ればさらに前に出ている歯が強調されます。

理想のEラインを手にするためにも出っ歯や受け口を治していくことから始めましょう

インビザラインの矯正で変化なしに終わってしまう?

インビザラインの矯正で治療しても効果が出ないときがあります

しかし、それは患者さんがインビザラインの装着期間を守れていなかった場合に効果が現れないということがあるようです。

インビザラインは食事などの時、取り外しが可能なため患者さんによっては面倒になり、途中で使用をやめる方もいます。インビザラインは食事以外はいつも着けていないといけません。

一日20時間つけることになっているので、使用時間を守れないとインビザラインの治療も失敗に終わります。

インビザラインは高価なマウスピースです。高いお金を使って効果がなかったということがないようにしたいものです。

着用期間を守り変化を実感しよう

それにはインビザラインを使用しての治療を失敗に終わらせないためにも毎日決められている時間を守り、お手入れもかかさないようにしましょう。

またインビザラインの矯正は通院が少なくて済むため、医師が毎日マウスピースをつけているか確認ができません。

初めに計画した通りに矯正が進んでいるかのチェックもできないので失敗の原因になることもあります。

医師とのコミュニケーションを取ることが失敗を防ぐことにつながり、さらに検診で治療について話し合うことが大事になるでしょう。

インビザライン矯正で理想のEラインを手に入れよう!

歯の矯正で大事なのは医師とのコミュニケーションを取り、治療計画を立てて使用期間をきちんと守ることです。

インビザラインでは、周りから目立つこともなく矯正が進めていけます。皆さんもぜひ、インビザラインの矯正で理想のEラインを手に入れましょう。

近年では、無料相談を実施するクリニックも増加しているので、不安なことや歯並びで悩みを抱えていることがあれば、気軽に無料相談を有効活用してみるのもよいでしょう。

理想のEラインを手にしよう!無料相談はこちらから

顎変形症は「重心矯正」でEラインを作ろう!

顎変形症や、しゃくれ(受け口)の方は、インビザラインを使った矯正治療では、Eラインを作り上げることは難しいでしょう。

歯並びや嚙み合わせのズレは、インビザラインといったマウスピース矯正で対応が可能でしたが、骨格のズレ自体を歯列矯正だけで、治すことは難しいのです。

では一体、どのようにして変形症やしゃくれを治していけばよいのでしょうか。

【症状別】Eラインの作り方:しゃくれ(受け口)

顎変形症や、しゃくれの症状の場合、骨格を改善しない限り、Eラインを作り上げることは難しいといえます。

通常のクリニックでは、「骨きり手術」という外科手術をしない限り、骨格の改善ができないため、Eラインを作り上げることは難しいでしょう。

しかしながら『重心矯正』を行うことで顎変形症や、しゃくれ(受け口)の場合であっても、外科手術なしで治療をしていくことができます。

レントゲン撮影などの無料診断や無料カウンセリングを実施していますので、ぜひ一度伺ってみてはいかがでしょうか。

手術なしでEライン!無料相談はこちらから

【症状別】Eラインの作り方:Eラインがない

Eラインがない、つまり上あごが前に出てしまっている場合にも、骨格までは変化させられないので外科手術が必要になります。

外科手術はしたくない、という方も多いことでしょう。手術をしなくてもEラインを作ることができる『重心矯正』でキレイなEラインを手に入れましょう。

しかしながら、症状の軽い出っ歯の場合であれば、インビザラインのような歯列矯正でEラインを作ることはできます。

自分の症状がどんなものなのか知るためにも、まずは無料相談を活用していきましょう。

2000を超える豊富な治療実績!【大塚駅前歯科】