インビザラインで受け口の治療!費用や期間についてご紹介!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

インビザラインを始める際には、自分の症状や、かかる費用、期間について正しく把握することが大切です。

インビザラインで「受け口」は矯正することができるのでしょうか。

そしてインビザラインで矯正する場合、費用や期間はどのくらいかかるのかにつきましても紹介していきます。

インビザラインで「受け口」は治療できるのか?

インビザラインは、さまざまな種類を治療することができます。

また、透明なマウスピースを着用するだけでよく、20代女性をはじめとして老若男女問わず利用されている矯正方法です。

受け口の症状とはどんなもの?

「受け口」とは上の歯列より下の歯列が前に出ている状態です。

歯科の用語では反対咬合(はんたいこうごう)と言います。

歯の向きや顎の問題、顔の骨格に問題があることが原因になることが大半です。

下の歯や顎が前に突き出して見えるため、顎が長く、しゃくれているように見えたりします。

「受け口」は他の歯並びよりもデメリットが大きく、できるだけ早期に治療しておくことが望ましい症状です。

放置しておくと歯や口だけでなく、全身に症状が及ぶ可能性もあります。

「受け口」のデメリットは大きい

「受け口」は見た目だけの問題ではありません

前歯を使って噛み切るという動作を上手く行えないため、咀嚼が十分にできず、体や脳の発達に悪影響を及ぼすこともあります。

言葉の発音に支障をきたし、特に前歯や舌を使う「サ行」や「タ行」などがうまく発音できない場合もあります。

下顎がうまく動かせず、顎関節症を起こしたり、全身の骨格のバランスが悪くなってしまうこともあるので注意が必要です

インビザラインで「受け口」治療にかかる費用とは?

インビザラインにかかる費用は症例によって違います。

また、保険は適用されないので自費診療になります。歯列全体を矯正していく場合は75万〜80万円かかってくるでしょう。

通常、歯列矯正を始める際には平均して100万円程度の費用がかかるとされています。

なので、見積もりの際には、100万円程度のお金が必要になると考えておくと安心でしょう。

費用はインビザラインの種類で異なる?

引用元:医療法人社団精密審美会

「受け口」を治療していく際には、症状の軽さによって費用が変わってきます。

インビザラインでは、従来の「裏側矯正」などに比べて費用を安く抑えることができます。

症状が軽ければ部分矯正を選択することが可能であるからです

インビザラインで安く「受け口」を治療するには?

インビザラインの治療で安く「受け口」の治療をしたいのであれば、まずは矯正治療を専門とするクリニックを選ぶとよいでしょう

矯正治療を専門としているクリニックでは、治療経験の豊富な医師による治療が受けられるだけでなく、ムダのない治療を進められます

また、無料相談を行っているクリニックも多くあります。

国内トップ医師の無料相談はこちらから

インビザラインを始める前にまずは無料相談で、どれくらいの治療費用がかかってくるのかもチェックして見ることをおすすめします。

インビザラインで「受け口」治療にかかる期間とは?

インビザラインは1~2週間でマウスピースを新しいものに取り替えていくことで歯の位置を矯正していきます。

矯正するのが部分矯正か、全体を矯正するのかによって治療にかかる期間も変わってきます。

部分矯正の場合はこれより期間が短くて済むこともあるようです。

そして矯正終了後も後戻りを防ぐため、しばらくは保定装置を取り付けて過ごしていくという流れです。

保定期間も含めて、インビザラインの治療には平均して約2年ほどの期間がかかってくると言われているので、治療前に逆算して目標を立てておくとよいでしょう。

短期間で終わらせたいなら「キレイライン矯正」がおススメ

友人の結婚式のまえに歯並びを整えたい」「成人式の前に受け口を治療しておきたい」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

数か月後という短期間でキレイな歯並びを手に入れたいという方におススメの治療方法があります。

それは「キレイライン」と呼ばれるマウスピース矯正方法です。

インビザラインでは、平均して二年間の治療が必要でした。

しかしながら「キレイライン」では期間はきまっておらず、あくまで患者の希望する歯並びになるまでの治療となっています。

症状が軽く、気になる歯を部分的に治したいのであれば、「キレイライン」がおススメです。

早い人で1~3か月の治療で、理想の歯並びに近づけることが可能であり、二万円からマウスピース矯正を進めていくことができるため、経済的でもあります。

インビザラインの期間が長くなる理由とは?

インビザラインの治療は最初に治療計画を立ててそれに沿って進めていきますが、予定通りには進まないこともあります。

1日の装着時間を守れなかったりすると治療期間が長引いたり、計画を途中で立て直さなければならなくなることもあります。

そのような場合は期間も費用も余計にかかることもあるので考慮しておきましょう。

特に、症状の重い「受け口」の場合には、治療が決して簡単には進みません。

症状が重いケースでは下顎を削る手術をとる必要があります

症状が重いと、治療期間や治療費用、患者自身への負担が大きくなっていきますので、医師と相談のもと、どういった治療方法をとるのかを決めていってください。

インビザラインの「受け口」体験ブログをチェックしよう

インビザラインの治療については多くの方がブログなどで途中経過などを公表していますので、ぜひ自身の矯正治療の参考にしてみてください。

インビザラインの「受け口」体験ブログを紹介

インビザラインは様々な症例、幅広い年齢層の方の治療に選ばれています。30代や40代からインビザラインでの歯列矯正を始める方も多いのです。

美しい歯並びが期待できるだけでなく、老後のために歯の健康を維持しようとされる方も増えてきています。

  • 30代男性
  • 受け口の症状

こちらのブログでは、インビザラインでの受け口治療を日記調で説明されています。

写真付きで非常に治療の流れが分かりやすいので、これから治療を始めようとお考えの方はぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

インビザラインで「受け口」の治療を進めよう!

不正咬合が重度の場合や抜歯が必要になる場合、顎の骨格がずれている場合などにはインビザラインではなく、他の治療法を使うことが多くなります。

「受け口」の治療では下の小臼歯を抜いて歯の位置をずらして治療する可能性が高く、インビザラインだけで治療できるかどうかは実際に診察を受けてからでないとわかりません。

インビザラインの治療は開始までに時間がかかる

インビザラインの治療をすることが決まったら、最初に歯科医でレントゲンなどの検査を受け、マウスピースを作るための歯型をとります。

「どの歯をどのように動かしていくのか」という計画を立てた上でそれに沿ってマウスピースに付け替えていきます。

インビザラインはアメリカで作られています。歯型を送って計画に合わせたマウスピースが届くまで3〜4週間かかり、それから矯正治療が始まります

歯のレントゲンや歯型をとったからと言って、すぐに治療を始められるわけではないので注意して矯正を始めていきましょう。