すべてが分かる!インビザラインの治療の流れを解説!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

インビザラインの治療を受けてみたいと思っている人は少なからずいるでしょう。しかしながら、いったいそれはどのような治療なのか、どのような流れで治療は行われるのかについて知っている人は意外にも少ないです。ここではインビザラインの治療とその流れに焦点を当てていきます。

インビザラインとは何か?

1998年にアメリカで開発された矯正システムのことをインビザラインと言います。2006年に日本でも導入されていますが、インビザラインは1種類だけでなくさまざまな種類がありますので、日本式のものもあればアメリカ式のものもありますし、それぞれにおいて多様な種類があります。インビザラインはアメリカやヨーロッパをはじめとして世界中で広く行われている矯正治療です。世界でおよそ500万人以上の人々がインビザライン治療を受けているといわれています。日本でも近年急速に人気が高まっていて注目されています。

インビザラインの治療の流れ

インビザラインの主な治療の流れは以下のとおりです。

  1. 医師のカウンセリング
  2. 検査
  3. 発注から到着まで
  4. 治療開始
  5. 交換日数
  6. 治療終了
  7. 保定期間

医師のカウンセリング

治療の開始までに行わなければいけないことがあります。それは医師によるカウンセリングを受けることです。医師から治療方法や注意点などについて説明がありますので、ここで医師に治療に関する不安など気になることはどんどん聞くといいでしょう。そうして治療内容に納得がいけば同意しましょう。

検査

カウンセリングの後は歯形をスキャン撮影します。そして、そのレントゲン画像を元にどのように治療するのか、矯正してからどのような歯並びになるのかの説明を受けます。

発注から到着まで

歯形のスキャンデータをインビザラインのアメリカ本社に送ります。その情報を基にしてコンピューターシミュレーションによってインビザラインが設計されます。このときに矯正歯科医がスキャンデータを見て歯並びを確認します。そして、理想的な歯になるように微調整を加えて設計していきます。このように矯正歯科医が入ることで問題が起こらないようにしています。その設計データに基づいてアライナーが作成されます。それが届くまでの期間はおよそ3週間から1ヶ月程度です

治療開始

上下で20枚から35枚くらいのアライナーが届きますので、そのアライナーを装着する方法を医師から指導されます。それを聞いて自分でも適切に装着できるように何回も練習します。だいたい1日あたり20時間程度つけます。交換日数はおよそ2週間くらいです。2週間ごとに新しいアライナーを装着して少しずつ歯を理想的な位置に移動させましょう。移動させるといっても最大0.25mmずつの移動になりますので、痛みを感じることはほとんどありません。ちなみに、人によってはアタッチメントを装着することもあります。

定期的な来院

アライナーを付け始めて治療を開始するわけですが、きちんと装着できているか、歯並びの状態はどのようになっているかなど、病院に定期的に来院することで医師のチェックを受ける必要があります。目安としては、1ヶ月か2ヶ月に1回くらいの頻度でかまいません。

治療終了

全てのアライナーを装着し終わって歯並びが整ったら治療は終了になります。治療期間はおよそ1年半から2年半くらいです。ただし、治療中についつい歯磨きをすることを忘れてしまって虫歯ができると、治療期間が長引くこともあります。くれぐれも毎日歯磨きをすることを忘れないようにすることです。

保定期間

きれいな歯並びが再び元に戻らないようにリテーナーと呼ばれる保定装置を取り付ける必要があります。このリテーナーの着用期間をしっかりと守らないとせっかく矯正した歯並びが元通りになる可能性もあります。くれぐれも医師の指示通りに着用するようにすることです。この保定期間は矯正するのに要した期間とほぼ同じくらいだと言われていますので、1年半から2年半を目安にしておくといいでしょう。もちろん、個人差もあります。保定期間が終了しても、定期的に通院して歯並びが元に戻っていないか確認すると安心感があります。

まとめ

インビザラインは治療期間が長いですが、さまざまなメリットがあります。痛みを伴わないことはもちろんですが、アライナーを歯に装着していても口は自由に動かすことができます。ここがマウスピースとは異なる点でしょう。あくまでも歯を全体的に包み込んでいる状態なのです。また、食事や歯磨きをするときには容易にはずすことができるのも大きな利点です。そのため、食事や歯磨きをするのに億劫ではありません。さらに、装着していても目立たないので、周りから気づかれにくいというのもうれしいメリットでしょう。他にも、矯正装置が外れにくいことも挙げられます。インビザラインは他の治療法にはないメリットがありますし、世界的にも数多くの人が受けている治療方法の1つです。

参考記事:すぐにでも始めたい!マウスピース矯正 のメリット5選!!