インビザラインで抜歯は必要か?気になるポイントを解説!!

【2018年7月現在】最新!当サイトの歯列矯正人気ランキング
【1位】インビザラインなら 精密審美歯科センター
充実した診断窓口と国内トップランクの医師の診断!
精密審美歯科センターについてもっと知りたい方は こちらの記事をご覧下さい

【2位】インビザラインなら 銀座クリアデンタル
豊富な治療実績と最新の矯正治療設備!
銀座クリアデンタルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい

【3位】 低価格で矯正するなら キレイライン矯正
低価格短期間での治療が可能!
キレイライン矯正についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい
Pocket

インビザラインを始める際に、抜歯は必要なのでしょうか。

結論から言わせていただくと、必ずしも抜歯は必要ではありません。

そこで今回は、インビザラインと抜歯の必要性について、抜歯をすることのメリット・デメリット、抜歯をしないことのメリット・デメリットの両面を考えていくことで、抜歯がはたして必要なのかどうかを見ていこうと思います。

インビザラインで抜歯をする場合

まずはインビザラインで抜歯をする場合のメリット・デメリットについて紹介していきます。

インビザラインで抜歯をすることのメリット

インビザラインを始める際に、抜歯をすることのメリットとしてあげられるのは、以下の4点です。

    1. 空間が生まれ歯の移動がスムーズになる
    2. 治療期間が短くなる
    3. イメージする歯並びに近づけやすい
    4. 症状の重い人でも矯正可能

歯の移動がスムーズになる

まずは、抜歯をすることで歯と歯の間に空間が生まれ、歯の移動がスムーズになることです。抜歯なしの場合に比べて歯並びを動かしやすくするという意味で抜歯は効果的なのです。

治療期間が短くなる

歯の移動がスムーズになることによって、治療期間が短くなるといったメリットも挙げられるでしょう。

イメージした歯並びに近づけやすい

また、抜歯によって無理のない歯列矯正ができるようになるため、理想とする歯並びに近づけていくことが容易にできるようになります。

症状の重い人でも治療可能

基本的に、多くのひとはインビザラインを始めるにあたって、抜歯の必要性はありません。

しかしながら、症状が重い人であったり、歯並びがガタガタでどうしても抜歯しないとはその他の歯も動かせないといった場合には、抜歯という選択肢を取ることになります。

インビザラインで抜歯をすることのデメリット

インビザラインで抜歯をすることのデメリットは主に以下の二点です。

  1. 健康な歯を失う
  2. 後戻りの可能性が高まる

健康的な歯を失う

「抜歯は痛そうだから嫌だ。できることなら、健康な歯を抜かずに矯正を進めていきたい。」

多くの方が考えるデメリットとしてあげられるのはまず、康な歯を失うということでしょう。

歯の健康寿命を高めていき、年をとったあとにも自分自身の歯を維持したいのであれば、抜歯をするということは、その貴重な一本を失うことになるのです。

後戻りの可能性が高まる

抜歯をすることにより、治療期間が短くて済むといったメリットがあります。しかしながら、急激に歯並びを移動させるので、せっかく矯正した歯並びがもとに戻ってしまいやすくなってしまうのです。

ですので抜歯については、よく医師と相談し、コミュニケーションをとっていくことが重要となってきます。

あとで説明しますが、抜歯をせずマウスピース矯正を行う方法もあります。

抜歯をせずマウスピース矯正を行うのであれば、歯の「エナメル質」を削ることで歯と歯の間に空間を作り、スムーズに歯を移動させることができるのです。

インビザラインで抜歯をしない場合

殆どの症例の場合、抜歯をしなくてもインビザラインを進めていくことが可能です。

インビザラインで抜歯をしないことのメリット

抜歯をしないことのメリットは以下のとおりです。

  1. 抜歯をしないことで、健康な歯を維持できる
  2. 治療がゆっくり進むので、後戻りが少ない

健康な歯を維持できる

抜歯をしないことのメリットとして、一番最初にあがるのが健康な歯を維持できるということです。

健康な歯を維持するのは、歯並びを良くするのと並んで重要なことです。歯は32本しかありませんし、、、

後戻りが少ない

また、抜歯をしないことにより、時間はかかるかもしれませんがゆっくり歯を動かしていくことも出来ます。

ゆっくり動かしていくことで、矯正が完了したあとであっても、せっかく矯正した歯並びがもとに戻ってしまわないようにできるのです。

インビザラインで抜歯をしないことのデメリット

  1. 治療期間が長い
  2. イメージした歯並びに近づくには限界がある

治療期間が長い

抜歯をしないということでゆっくり治療をしていけるということもありますが、言い換えれば、抜歯をしていないがために歯の移動する空間が非常に少ないために、治療期間が長くなってしまう傾向にあります。

イメージした歯並びに近づくには限界がある

また、空間のないキツキツな状態の歯を移動させていくのには限界があるのも確かです。

イメージした完成形の歯並びに近づけることは可能ですが、自分の抱える歯並びの症状が完治するとはっきりいうことは出来ません。

インビザラインで抜歯をしないパターン(隙間を作る)

抜歯をしない例として、歯と歯の間を削って隙間を作るという方法もあります。

インビザラインでは、急に歯が移動していくわけですから、抜歯までとはいかなくとも歯を削ることで、隙間を作り歯の移動がスムーズに行くように治療を行うケースもあります。

虫歯になるのではないか。知覚過敏になったらどうしよう。

歯を削ると聞いて不安になるかもしれませんが安心してください。

歯をスムーズに移動させるために削る部分は、あくまで歯の表層部の「エナメル質」と呼ばれる部分のみです。「エナメル質」をある程度削るだけなら何も問題はありません。

むしろ、「エナメル質」を少しずつ削っていくことで、歯と歯の間に空間ができマウスピース矯正をスムーズに進めていけるのです。

またなんと言っても、抜歯をしなくて済むというメリットがあります。「エナメル質」を少しずつ削っていくことで、抜歯しなくては動かせなかった部分でも、動かせるようになるのです。

インビザラインでの抜歯例(仮歯の場合)

仮歯や差し歯があってもインビザラインを始めることは出来ます。特に何も問題なく進めていくことが出来ます。

インビザラインなどのマウスピース矯正を行う上で、もっとも注意しなくてはいけないのが「口内をいかにきれいに保つか」です。

マウスピース矯正の場合、マウスピースに汚れがたまりやすいので、マウスピースの手入れをしっかり行っていかないと虫歯や歯周病の原因になってしまします。

一度虫歯になってしまうと矯正がスムーズに進まなくないので注意しなくてはいけません。

そうした中で、仮歯や差し歯があるということは逆にメリットになるのではないでしょうか。仮歯や差し歯に関しては、虫歯などの心配がいらないので好都合なのかもしれません。

インビザラインでの抜歯例(症例別)

インビザラインを始める際に、抜歯をするとなるケースとして多いのが「親知らず」です。

インビザラインでの抜歯例(親知らずの抜歯の場合)

親知らずが正常に生えていて、かみ合わせにも問題がないのであれば親知らずの抜歯は必要ありません。

しかしながら、次のような場合は抜歯が必要になってきます。

  • 親知らずがまっすぐはえていない
  • かみ合わせが悪い(症例による)

まずは、親知らずがまっすぐ生えていないケースについて紹介します。親知らずがまっすぐ生えていないというのは、斜めに生えていたり、横向きに生えてきてしまっていることを指します。

インビザラインはあらかじめデータを取り、それに基づいて完成形のイメージを作り上げていきます。その過程でまっすぐ生えていない親知らずを残しておくことにはリスクがあります。

親知らずを残しておくと、他の歯を圧迫してしまい上手に矯正が進んでいかなくなってしまうのです。

もちろん親知らずであっても、正常に生えてきている場合やかみ合わせを考慮したときに抜かないほうが良いん場合もあります。

人それぞれ症状は異なるので、レントゲン写真などを参考にして、医師との相談のもと抜歯を行うのか決めていくと良いでしょう。

インビザラインでの抜歯例(出っ歯の場合)

インビザラインは、基本的にどんな症例であっても治療を行うことが出来ます。

出っ歯、受け口、八重歯など症例は人それぞれ違います。

出っ歯の場合、従来のワイヤー矯正を行うとワイヤーなどが唇にあたって痛かったり、会話がしづらくなったりしてしまうのです。

口内炎に悩まされ人たも多いのではないでしょうか。マウスピース矯正であれば、ワイヤーが唇に引っかかって口内炎ができることも減るので食事の際にも困りません。

またこうした状況を受けて、近年はインビザラインの普及とともに、マウスピース矯正を選択する人が増えてきています。

もちろん人によって症例は異なるので、抜歯をしなくても、空間を作りスムーズに治療を行うこともできるのです。

インビザラインでの抜歯に関したブログ

皆さんの中にもインビザラインの治療を考えていて、抜歯について気になっている方も多いのではないかと思います。

そこで、インビザラインの抜歯について紹介されているブログをいくつか紹介していくことにします。

だらしなハム子@インビザライン矯正中 (@rinvisalign)

こちらは、抜歯についてだけでなく、削歯の体験談なども紹介されているブログです。

ナオ@インビザライン矯正中 (@nao_toooooooth)

こちらの方は、実際にインビザラインのマウスピース矯正をされており、親知らずの抜歯体験談など紹介されているので、インビザラインを考えている方はぜひチェックしてみるとよいのではないでしょうか。

インビザラインで抜歯はありかなしか

さて今まで、インビザラインの抜歯についてメリット・デメリットを見てきました。

「抜歯はありかなしか」

それぞれメリットデメリットはありますが、最終的には患者自身が自分の症状をしっかりと把握し、医師とのコミュニケーションを取ることで、各個人が最善策を選んで意思決定をしていくことが重要です。

人それぞれ症状やイメージする完成形も異なってくるので、正解も不正解もないのです。