インビザラインとホワイトニングで美しい歯を手に入れよう!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

ホワイトニングに関する情報を発信しているホワイトニングブログなどでも最近話題になっているマウスピース矯正がインビザラインです。

インビザラインは、透明なマウスピースを使用して歯並びを矯正していく方法なので、周囲の人から分かりにくく接客業をしている人などからも人気が高いです。

インビザラインとホワイトニングを同時にできる!?

インビザラインはただ単に矯正することが出来るというだけではなく、ワイヤー矯正などよりも痛みが出にくい他、ホワイトニングも同時に出来るなどのメリットがあるのです。

矯正をするということは機能的な理由もありますが、見た目をよくしたい審美的理由で矯正をするというのが多くの人の思いでしょう。となると、歯並びが良くても黄色かったりしてはあまり見た目が良くないので、歯も白くしたいと考える人は多いです。

ホワイトニングについての無料相談を行っているクリニックも多くあります。インビザラインとホワイトニングの両立を考えている方も手軽にホワイトニングを始めることができるのでぜひ御覧ください。
ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】はこちら

ワイヤーを使った矯正のホワイトニング

一般的なワイヤーを使った矯正の場合、矯正が終わって歯並びが正常になったらホワイトニングという流れになります。ワイヤーによる矯正は3年程度は期間が必要なので、少なくとも3年の間はホワイトニングが出来ないということになるのですが、インビザラインはワイヤー矯正よりも早く矯正出来る上にホワイトニングも同時に行えるので治療期間を大幅に短縮することが可能なのです。

インビザラインのホワイトニング

インビザラインとホワイトニングを同時に行う際の治療費用ですが、インビザライン矯正は他のマウスピース矯正に比べて費用が高額なことが多いです。

インビザライン矯正は自由診療扱いになるので、歯科医院によって費用は異なりますが概ね100万円前後が総額で必要になるでしょう。

これにホワイトニングの費用が加わるわけですが、ホワイトニングはホームホワイトニングと呼ばれるタイプの方法になります。

インビザラインはホームホワイトニングがオススメ!

ホームホワイトニングは、自宅で専用のホワイトニングジェルをマウスピースに塗布して毎日装着するという方法です。

ホームホワイトニングだけをする場合はマウスピースの費用が必要になりますが、インビザライン矯正ではマウスピースが既にあるのでホワイトニングジェル代だけが別途必要になるだけなので、治療期間だけではなく治療費用の削減にもなります。

ホワイトニングの費用はいくら?

ホワイトニングジェルの価格は歯科医院や使用する薬剤の種類によっても異なりますが、1週間から2週間分で5000円から1万円程度が相場となっています。

ホワイトニングの期間に関しては人によるとしか言えません。と言うのも、ホワイトニングというのはスタート地点も人により異なりますし、どの程度まで白くしたいのかは人によって様々だからです。

ホワイトニングの期間はどれくらい?

ホームホワイトニングの場合個人差はあるものの、2週間程度のホワイトニングで色見本の2から3段階白くなると言われています。

2週間分で満足できたらそこで終了ですし、不満足な場合はホワイトニングジェルの追加購入が必要で、その都度追加費用が必要という形です。また、一般的にホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも効果が出るまで時間がかかる傾向にあります。

オフィスホワイトニングとは?

ホームホワイトニングは、自宅で専用のホワイトニングジェルをマウスピースに塗布して毎日装着するという方法でした。

一方で、オフィスホワイトニングは、歯科医院で、ホワイトニングを行っていく方法です。

インビザラインはホームホワイトニングがいいの?

オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が白さを維持する力は強く白さも自然です。それに加え、オフィスホワイトニングよりも刺激が少ないので、知覚過敏になりにくいのも特徴となっています。

インビザラインのメリットとして、もともと通院回数が少なくて済むというメリットがありました。そうしたメリットを活かすためにも、インビザラインとホワイトニングを同時に進めていくときには、ホームホワイトニングが選ばれるといえるのです。

いずれにしても、インビザラインの矯正は1年から3年程度は必要となりますので、ホワイトニングをその間に同時進行で行っておけば歯並びがきれいになると同時に、歯も白くなっているということです。

アタッチメントをつけながらホワイトニング!?

インビザラインは痛みも少なく、ホワイトニングも同時に出来る歯科矯正法なのですが、痛みが少ないと言っても痛みが出る場合もあります。

インビザラインで痛みが出るのは様々なケースがありますが、代表的なものにアタッチメントの影響があります。

アタッチメントとは?

アタッチメントとは、レジンと呼ばれるプラスティック素材によってマウスピースから歯にかかる力を調整するための装置です。このアタッチメントは必ずしも付けるというわけではないのですが、付ける場合は当然それまでよりもより強い負荷が歯にかかります。その分歯が動きやすくなるわけですが、歯へのしめつけ感が強くなるので窮屈で痛みを感じることがあるのです。

アタッチメントは痛いの?

また、アタッチメントを付けるということは、それだけマウスピースの脱着が難しくなるのでその時に痛みを感じる人もいます。アタッチメントは歯に取り付けているので内頬の部分にアタッチメントが引っかかり、それによって内頬が傷つくこともあります。

インビザラインに興味があるけど痛みが心配という方も多いでしょう。インビザラインでも痛みが生じることはありますが、基本的にはインビザラインは痛みが出にくい矯正方法です。痛みが出た場合も、痛み止めの処方や、マウスピースの変更、3日ほど様子見などによってほとんどのケースで改善されるので安心です。

アタッチメントつけながらホワイトニングはできるの?

アタッチメントをつけながらホワイトニングを進めていくことはできるのでしょうか?

アタッチメントプをつけているときにホワイトニング治療をおこなうと、アタッチメントをとったときに、アタッチメントをつけていた部分とホワイトニング治療をおこなった部分とで、色のムラができてしまいます。

ですので、インビザラインとホワイトニングの同時並行は可能と説明してきましたが、アタッチメントをつけていない場合に限定されてきてしまうのです。

ほとんどのひとはアタッチメントをつけずにインビザラインの治療を行っていきますし、アタッチメントをつける人も、アタッチメントをずっとつけているというわけではありません。

アタッチメントがとれてからでも、途中からホワイトニングを始めることもできるので、ホワイトニングについてどのように進めていくかは、医師との相談になるでしょう。

インビザラインのホワイトニングで大事なのは洗浄!

痛みよりもインビザラインは長時間マウスピースを使用するので、マウスピースの洗浄や菌が繁殖しないように気をつけるということの方が重要です。

インビザラインのホワイトニングにはブラッシングが重要!

インビザラインとホワイトニングを同時にすすめていくには、もちろん歯ブラシでのブラッシングが欠かせません。これは、歯をブラッシングするだけでなく、マウスピースのブラッシングも重要だということです。

歯をきれいに磨いたとしても、マウスピース自体に汚れが付着していては意味がありません。どちらもきれいに保つことで、インビザラインとホワイトニングの効果を実感できるのです。

ホワイトニング治療に欠かせないオススメ洗浄方法!!

インビザラインとホワイトニングを同時並行で進めていく上で、歯磨きなど歯をきれいに保つことも重要ですが、インビザラインのマウスピース自体をきれいに洗浄することが重要です。

そこでオススメしたいインビザラインの洗浄方法が3つあります。

  • 超音波洗浄機
  • 洗浄液(マウスピースウォッシュ)
  • 洗浄剤(つけ置きタイプ)

オススメのインビザライン洗浄方法1 超音波洗浄機

インビザラインの洗浄方法として一番のオススメは、超音波洗浄機を使った洗浄です。

超音波洗浄機で洗浄を行えば、ブラッシングの手間もなく簡単に洗浄することができるのでオススメです。

オススメのインビザライン洗浄方法2 洗浄液(マウスピースウォッシュ)

超音波洗浄機を買うのが嫌だ、毎回洗浄機で洗浄するのが面倒くさいという方にオススメなのが、洗浄液(マウスピースウォッシュ)による洗浄方法です。

マウスピースウォッシュで洗浄し、軽くブラッシングするだけで良いので洗浄方法としても簡単です。

オススメのインビザライン洗浄方法3 洗浄剤

洗浄剤として最も有名なのが、ポリデントです。

ポリデントと聞くと入れ歯安定剤を思い浮かべるかもしれませんが、ポリデントからマウスピース用の洗浄剤がでているのです。

こちらも、洗浄液と同様に、つけ置きしておき、あとは軽くブラッシングするだけです。こちらも簡単に洗浄できるので、洗浄方法でお悩みのあなたにオススメです。

ホワイトニングで注意したい飲食物

インビザライン矯正とホワイトニングを同時並行で進めていく上で、最も注意してほしいポイントは、「飲食物」です。歯に色素が付きやすい食べ物、飲み物はどんな物があるでしょうか?

  • コーヒー
  • 紅茶、緑茶
  • カレー
  • 赤ワイン
  • チョコレート
  • タバコ
  • 緑黄色野菜

あなたが想像がしたものは入っていたでしょうか?普段の生活ではあまり気になりませんが、あなたの身の回りには、歯に色素が付着しやすいものがたくさんあるのです。

赤ワインなどに多く含まれるポリフェノールや紅茶に含まれるタンニンなどは、歯に着色したらなかなかとれないのです。歯を黄色くしないために、ホワイトニングの効果を最大限に得るためにもこうした飲食物は避けるようにしてください。

インビザラインのホワイトニング体験ブログ

最後にインビザラインのホワイトニングの体験ブログを紹介します。

インビザラインとホワイトニングを同時並行している方の体験ブログをみていくことで、実際にインビザラインとホワイトニングは同時に行えるのか、もしくはホワイトニングのこうかについて実感できるのではないでしょうか?

*追記

ヤマダクリニック様で当サイト記事が紹介されました。ホワイトニングとインビザラインの治療は一緒に治療できるので、ぜひ、インビザラインを始める際には、ホワイトニングとともにはじめてみてはいかがでしょうか?