インビザラインの装着期間が短い、足りないと〇〇になる!!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

歯並びが悪いと、人前で笑うときに歯並びの悪さをさらけ出してしまうのが恥ずかしくて、つい笑ったりするのをためらいがちになったりします。それだけでなく歯並びが悪いと、歯と歯のすき間が大きいので、そこに食べたもののカスがたまりやすく、それが虫歯の元になったり、あるいは歯石になって歯周病の元になったりします。ですので、歯並びが悪い方は、一度は歯を矯正したいと考えたことがあるのではないでしょうか。ここでは歯の矯正の方法で使われるインビザラインについてご紹介します。

インビザラインはどんな人に向いてるのか?

今まで歯の矯正というと、ワイヤーやブラケットを使う金属の装置を入れるケースが主流でした。審美ブラケットやセルフライゲーションブラケットなど色々な方法がありますが、代表的なのが金属ブラケットです。この方法は歯の表側に金属を接着させる方法です。メリットとしては丈夫で特に歯の表側の不具合が出てきても対応しやすく、比較的安価のため治療費を抑えることができるという点が挙げられます。他方で、銀色の金属を入れているのが他の人から見ても明らかで目立ちますし、また金属アレルギーの人には向かない方法となります。

歯の矯正はしたいけれど目立つのは嫌、そういう人に向いているのがインビザラインです。ではインビザラインとはどのようなものなのでしょうか。インビザラインとは、透明素材のマウスピースを使って歯を矯正する道具です。透明のため目立ちにくいですし、しかも取り外しが可能です。ですので、先の金属ブラケットと違ってほとんど他の人に気づかれることはありません。人と多く接することが多い営業職の方には向いている歯の矯正方法となります。また取り外しが自在にできますので食事も通常通りできますし、歯磨きの時も違和感を感じずに済みます。さらにこのインビザラインは金属を使用しませんので、金属アレルギーの人も歯の矯正方法で選ぶとしたら、この方法になります。

インビザラインの装着時間の目安はどれくらい?

ただ歯の矯正にはそれなりに時間がかかるのも事実です。長い年月を要して出来上がった歯並びを変えるという一大プロジェクトなのですから、それは当然のことと言えるでしょう。マウスピース矯正でもそれ相応の期間を要することになります。

それではマウスピース矯正にはどれ位の装着期間を要するのでしょうか。まず一日に20時間は装着する必要があります。そしてトータルの装着期間は矯正したい歯の本数や歯と歯の間の距離にもよりますが、フル矯正ですと1年から2年程の期間を要します。また一部分だけを矯正する場合は、1年内に治療が終わることもあります。これはインビザラインというコンパクトなものを使うので長い期間を要するのではとお思いになるかもしれませんが、先の金属を使った矯正方法でも同じ位の期間を要しますので、さほど大差はありません。

参考記事:インビザライン治療にかかる期間とは?症状別に徹底解説!!

インビザラインの装着時間が短い、足りないとどうなるの?

ではマウスピース矯正に必要な期間が足りない状態で、マウスピースを外した場合はどうなるのでしょうか?インビザラインの矯正は取り外しが自由というメリットがあるのですが、他方でそれを外している期間が長いとそれだけ治療に時間がかかることになります。つまりマウスピースを外している時間が長いと、歯並びに変化は起こらないということです。また途中で止めてしまうと、せっかく整ってきた歯並びも、歯の位置が元に戻ってしまいます。これは今まで歯にかかっていた負荷から解放されるので、体が本質的に持っている後戻りの力によることが大きいです。さらに場合によっては自分の思ったように歯が動かなくなるリスクも伴います。

インビザラインのリテーナーについて!その装着時間は?

さて、矯正に必要なのはマウスピースの装着だけではありません。これだけでも相応の期間が必要なのですが、必要な期間が満了したからと言ってそこで治療を終えてしまうと、負荷がなくなることで歯の位置を体が元に戻そうとするのです。

インビザラインのリテーナーとは何か?

それではせっかく整えた歯を保つために何をすればいいのでしょうか。それがリテーナーというものです。リテーナーとは日本語にすると保定装置とも言い、歯の後戻りを防ぎ、あごの骨や歯茎の内部を時間をかけて安定させていくものです。

インビザラインのリテーナーにかかる装着期間の目安

矯正治療が終了してから1年近くは歯を元の位置に戻す力が働きやすいので、その期間中にリテーナーを使い、歯を固定させていくのです。医師の指導にもよりますが、2年近くインビザラインの矯正をしていた場合は、約2年はリテーナーを使う必要があります。

いかがでしたでしょうか?かつては金属を使う矯正が中心で、他人と話しているときに目立つので、この方法は気が引けるという方も、このインビザラインを使えば目立たないので歯並びを良くすることが可能になります。ただ装着期間が短いようでは効果は得られません。取り外しが自由というメリットが逆に歯並びを変えにくくするという事態は避けたいものです。また元に戻る力はことのほか強いので、矯正治療が終わってもリテーナーをすることで本当の素敵な歯並びを身につけたいものですね。

インビザラインで失敗してしまう人の多くに、リテーナーの着用不足や、リテーナーの調節がうまくできていなくて、保定器具としての役割を果たしていなかったというケースも多く見受けられます。インビザライン矯正治療を成功に収めるためにも、実際に治療経験のある方の体験談、あるいは、ブログなどをチェックしてイメージして矯正治療に望むと良いでしょう。

参考記事:インビザラインのすべてが分かる体験談!成功への秘訣とは?