たったこれだけ!インビザラインの洗浄方法オススメ4選!!

【2018年7月現在】最新!当サイトの歯列矯正人気ランキング
【1位】インビザラインなら 精密審美歯科センター
充実した診断窓口と国内トップランクの医師の診断!
精密審美歯科センターについてもっと知りたい方は こちらの記事をご覧下さい

【2位】インビザラインなら 銀座クリアデンタル
豊富な治療実績と最新の矯正治療設備!
銀座クリアデンタルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい

【3位】 低価格で矯正するなら キレイライン矯正
低価格短期間での治療が可能!
キレイライン矯正についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい
Pocket

透明だから目立たない、取り外しができる、通院回数が少なくて済むなど、様々なメリットを持つインビザラインですが、手入れが必要であり面倒だと感じる方もいるかも知れません。

取り外しができるため、従来のワイヤーによる歯列矯正に比べれば、多少衛生的であるということはできますが、それでも忙しい毎日の中で、インビザラインの手入れに時間が取られてしまうのは嫌ですよね。

そこで今回は、現在インビザラインのお手入れで悩みを持っている方、これからインビザラインを始めようと思っている方に、手軽にできるオススメのインビザラインの洗浄方法をご紹介していきたいと思います。

この記事の最後では、インビザラインを含め、歯列矯正体験者の方に、洗浄方法についての体験談を伺いました。あわせてご覧ください。

このページの目次

インビザライン洗浄方法その1 洗浄機

インビザラインを始める際、クリニックで洗浄方法について教えてもらえると思います。

しかしながら、インビザラインの正しい洗浄方法に、これが絶対正しいというものはなくクリニックによっても薦められる洗浄方法は異なってきます。

クリニックによっては、歯ブラシでのブラッシングだけで洗浄は大丈夫と教えて貰うかもしれません。

歯ブラシだけではインビザラインの洗浄は足りない!?

しかしながら、歯ブラシで隅々までマウスピースをブラッシングしていくという作業はとても大変です。ほぼ不可能と言っても過言はないでしょう。面倒だと感じる方も多いのではないでしょうか。

そこでインビザラインの洗浄方法として挙げられるのが、洗浄機を使った洗浄方法です。

洗浄機を使って楽に洗浄しよう!

洗浄機を使うことで、ブラッシングの手間をなくすことができます。また、歯ブラシでのブラッシングでは、落としきれないマウスピースの溝部分であっても、きれいに洗浄することができるため、オススメです。

洗浄機は約3000円程度で購入することができます。洗浄液や洗浄剤に比べて高いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

オススメの洗浄機:シチズン 超音波洗浄器

しかしながら、インビザラインは基本的に二年間着用するわけですので、1日に換算するとかかるお金は数円程度になり、コストパフォーマンスも良いと思われます。

ただし、洗浄機を使う際に注意すべき点が一つあります

インビザラインは、プラスチック製ですので、一週間ほど使っていきますと消耗してしまいもろくなっていきます。

ブラッシングにおいても同様のことが言えますが、非常に取り扱いには慎重にならなければなりません。

注意深く慎重に取り扱わないと、マウスピースがかけてしまったり、割れてしまう原因になってしまいます

インビザライン洗浄方法その2 洗浄液

洗浄機に比べて、手間のかからない洗浄方法が「洗浄液」やポリデントなどの「洗浄剤」をしようした洗浄方法です。

洗浄液の使い方について

洗浄液の使い方は以下のとおりです。

  • ぬるま湯(40度程度)の中に、洗浄液を注ぎます
  • マウスピース全体が、出来上がった洗浄液に浸るようにしてください。
  • 洗浄液にマウスピースを5分以上浸けます。
  • 洗浄液に浸し終わったら、マウスピースを歯ブラシなどで軽くブラッシングしてください。
  • マウスピースを洗浄液から取り出し水で洗います。

洗浄液の注意点

基本は5分程度で洗浄ができるのですが、汚れがひどいときには数時間漬け置きしておくとさらに効果が得られます。

また、洗浄液を使用してマウスピースを洗浄しようとしたときには、いくつか注意点があります。

まず一つ目が、ぬるま湯(40程度)でないと効果が発揮されにくいということです。ぬるま湯を使用しないと、マウスピースに付着した汚れが落としにくくなってしますのです。

さらに二つ目は、洗浄液に浸し終わっても、歯ブラシでのブラッシングを欠かさないようにしなくてはならないということです。

インビザライン洗浄方法その3 ポリデント

入れ歯用安定剤、洗浄剤として有名なポリデントですが、実はマウスピース用洗浄剤も販売されています。

ポリデントにはマウスピース用洗浄剤も!

インビザラインにおいてもマウスピース用ポリデントを活用することで、手間をかけずにマウスピースをきれいに洗浄することができます

洗浄機では出来ない除菌まで出来てしますので、洗浄機と合わせて使うと良いかもしれません。

除菌もでき、手入れも非常に楽!

洗浄機につきましては、洗浄機本体の手入れなども必要となってきます。

ポリデントのような洗浄剤や、先ほど紹介した洗浄剤を使うことは、洗浄機を使うよりも圧倒的に楽といえるのではないでしょうか。

マウスピース用ポリデントの使い方

マウスピース用ポリデントの使い方は以下のとおりです。(基本的には洗浄液と同じです。)

  • 約100mlのぬるま湯(40度程度)の中に、マウスピース用ポリデントを1錠入れ、洗浄液を作ります。
  • マウスピース全体が、出来上がった洗浄液に浸るようにしてください。
  • 洗浄液にマウスピースを5分以上浸けます。
  • 洗浄液に浸し終わったら、マウスピースを歯ブラシなどで軽くブラッシングしてください。
  • マウスピースを洗浄液から取り出し水で洗います。

以上がマウスピース用ポリデントを使用した洗浄方法です。

洗浄にかかる時間が5分程度と手短いため、忙しい朝であってもたった5分で洗浄が完了するので、オススメの洗浄方法と言えるでしょう。

マウスピース用ポリデントの口コミ(20代 横浜市 男性)

インビザラインの洗浄としてマウスピース用のポリデントを使用しています。

水で洗い流すだけではマウスピースの汚れも、臭いも取れない気がしたので、基本的にはご飯を食べる前にマウスピースを外し、ぬるま湯にマウスピースを浸してから、その中にポリデントを入れて洗浄しています。

食後、マウスピース用のポリデントを使用することでインビザラインをつける際には、きれいに洗浄されていて臭いも気にすることなく着用することができています

インビザライン洗浄方法その4 ブラッシング

洗浄方法の王道はブラッシングです。

基本的にどのクリニックでもインビザラインを使うときにまず、ブラッシングによる洗浄を薦められると思います。

ブラッシングは洗浄に欠かせない!

洗浄機や洗浄液、ポリデントなどの洗浄剤を使用する場合であっても、最終的にはブラッシングが必要となってくるのです。

クリニックによっては「歯ブラシによるブラッシングだけで十分」と説明されるかもしれません。

ブラッシングだけで十分なの?

しかしながら、一つのマウスピースを何週間と連続して使っていくわけですから、ブラッシングだけで果たして洗浄効果があるのでしょうか。

毎日使うものですので、きちんとしたお手入れは欠かせないですよね

手入れを怠るとマウスピースが汚れていくだけでなく、自分の歯自体をも汚していくことになってしまうのです。

手入れをしないとすぐに虫歯になってしまう!?

もし手入れを怠ったことで、虫歯になってしまったらどうなるのでしょうか。

インビザラインは初めに採った歯型から、歯の動きを予測することでマウスピースを作成していきます。マウスピースは、患者一人一人の症状によって全く異なるものです。

インビザラインは、最初から最後まで自分の歯がどのように変化していくのかを患者自身がチェックしていけることも特徴の一つです。

しかしながら、仮に一本でも虫歯になってしまったら、せっかく歯の動きを予測して作ったマウスピースが、全部無駄になってしますのです。

虫歯が一本でも出来てしまったら、せっかく自分の歯にあわせて作ったインビザラインも、もはや他人のものと同じになってしまいます。一人一人の症状にそって調整されたマウスピースですので、虫歯ができてしまったら大変です。

インビザラインが完成したら、10個1セットなどでインビザラインが送られてくると思います。大体1個一週間位のペースで取り替えるとして、10個終わるまで二ヶ月はかかります。

その間に、虫歯になってしまったら予定が狂ってしまします。その分金額もかかってきてしますのです。インビザラインなど歯列矯正は保険が効きません。とても痛い出費になってしまうのです。

インビザラインの手入れがいかに重要なのか、おわかりいただけたでしょうか。虫歯などによって少しでも当初の計画からずれてしまうと、修正していくのは非常に難しいと言えます。

数十万もかかるインビザラインで失敗しないためにも手入れを怠ることのないようにしていきましょう。

当サイトでは、インビザラインで失敗しないための注意点であったり、インビザラインの失敗談、インビザラインのブログ等を詳しく紹介しております。併せて御覧ください。

*番外編】インビザライン洗浄方法 マウスウォッシュ

インビザラインの主な洗浄方法として、洗浄機、洗浄液、洗浄剤を紹介してきました。そこで最後にその他の手入れ方法について見ていくことにしましょう。

普段家にいるときには、ご飯を食べたあとでも歯磨きをすることができ、洗浄機や洗浄剤などを組み合わせてマウスピースを洗浄することが出来ます。

しかしながら、職場や学校、外出先でこれらの一連の作業をこなすことは、なかなか難しいのではないでしょうか。

洗浄機を持ち歩くわけには行きませんし、トイレなどでひと目を気にしながら洗浄するのもなんだか気がひけるのではないでしょうか。

まず、歯磨きができない環境だったらどうすればいいのでしょうか。

外出時にはマウスウォッシュがオススメ!

そんなときにオススメなのがマウスウォッシュです

食後歯磨きができないときでもマウスウォッシュをすることで歯を清潔に保つことができるのです。インビザライン自体の洗浄がまずは一番重要ですが、まずは自分の歯をいつも清潔な状態に保って行くということもとても重要なのです。

出先であっても、コンパクトなマウスウォッシュであれば、簡単にできるのではないでしょうか。

まとめ

以上紹介してきました、インビザラインの洗浄方法いかがだったでしょうか。ブラッシングだけではなかなか落とせない汚れもあるかと思われます。

インビザラインを使い、歯列矯正を計画通りに最短で終わらせれるようにブラッシングによる洗浄だけでなく、洗浄機で洗浄してみたり、洗浄液などで汚れを落としたりと、様々な洗浄方法を組み合わせて行っていくのが最善だろうと思われます。

とにもかくにも、インビザラインのようにマウスピース矯正において一番重要になってくるポイントは、「いかに口の中をきれいにし続けられるか」だと思われます。

ぜひ今回紹介した洗浄方法を活用していただき、インビザラインをきれいに、そして、口の中をきれいに保っていただけたら、と思っています。

インビザライン・歯列矯正の洗浄方法に関する体験談

最後になりましたが、インビザラインのようなマウスピース矯正を含め、歯列矯正全般でどのような洗浄方法をとっているのかにつきまして、体験談を募集しました。

ぜひ今後の矯正治療における参考にしていただければと思います。

30代 神奈川県鎌倉市 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • マウスピースを洗浄液で洗浄

私はワイヤーによる歯列矯正をしながら、矯正した歯列が元に戻らないようマウスピースを嵌めていました。洗浄液は歯科で購入できるものを使用していました。夜間は必ずマウスピースを着用、外出時は気になるようならつけなくても良いと言われていたので、朝起きたら洗浄液につけておいて、帰宅後に装着というスタイルでした。

洗浄方法は、つけておくだけなのでとても楽で、特に負担に感じたことはなかったです。口に入れた時に、少し洗浄液の味がする(歯磨き粉のような感じ)ことはありましたが、不快に感じるレベルではありませんでした。

30代 埼玉桶川市 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング

私は、ワイヤーによる歯列矯正をしてます。歯1本1本に小さいポッチの器具を付けて、ワイヤーをつなげてく歯列矯正なので自分では取れません。食事をすると、器具に食べ物が詰まり、見た目も匂いもしてくる為、食事をした後はなるべくすぐに歯ブラシでブラッシングをして、マウスウォッシュでうがいをしてます。とくに夜寝る前には、歯間ブラシで歯の裏側や細かいところの器具を洗って寝るようにしてます。しっかりと洗ってるつもりですがそれでもワイヤーによる歯列矯正をしてる人としてない人では、してる人の方が匂いが気になると思うのでこまめに口臭に気をつけてうがいも多めにしてます。

30代 栃木県真岡市 女性の洗浄方法体験談

  • インビザライン・フル
  • マウスピースを洗浄液で洗浄
インビザラインは薄い材質でできているため、洗浄の際は歯ブラシを使って磨くと装置が破損してしまうのではないかと冷や冷やしてしまいます。そのため、洗浄液に一晩浸して洗浄する方法を選択しています。また、かかりつけの歯医者では毎日水で洗えば十分だと言われましたが、水だけで素洗いをするだけではやはり臭いや汚れがちゃんと取れていないのではないかと不安を覚えてしまうので、やはり洗浄液できれいにすることが一番確実なのではないかと個人的に考えております。

20代 埼玉県上尾市 女性の洗浄方法体験談

  • インビザライン・フル
  • 歯ブラシによるブラッシング

私はインビザラン・フルを使用して矯正を行っています。やはり食べ物を食べた後が一番気になりますので、基本的には歯ブラシセットを持ち歩くようにしています。ですが、いつでも歯を磨ける状態にあるとは限らないのでマウスウォッシュも持ち歩いています。また、マウスピースへの付着物も気になるので洗浄液も持ち歩いています。これだけでもバッグの中の荷物が多くなってしまい、清潔を保つためといってももっとコンパクトに持ち歩くことができれば良いのにと思います。

20代 神奈川県横須賀市 男性の洗浄方法体験談

  • インビザライン・フル
  • マウスピースを洗浄剤で洗浄
私はもともとマウスピースを水ですすいでいるだけだったのですが,そうするとぬめりやにおいが残ってしまい,口臭につながってしまいました.しかし,洗浄剤を入れて洗浄するようにしてからはぬめりやにおい等の問題が解消されました.洗浄は夕飯を食べるタイミングで行っていました.
ブラッシングは試しませんでしたが,ブラッシングでも十分な洗浄効果がみられるかもしれません.ただ分かることは水による洗浄だけではぬめりやにおいは取りにくいと思います.

20代 兵庫県西宮市 男性の洗浄方法体験談

  • インビザライン・ライト
  • 水ですすぐ
水又はぬるま湯でぬめりのある部分を洗浄しました。タイミングは食後で、正しい方法で洗浄すれば汚れを確実に汚れを落とすことができました。歯垢がたまってくると、落ちにくくなってしまうので、その場合は歯ブラシを利用しました。歯ブラシを使用する場合は、ゴシゴシ磨きすぎずに、水洗いしながら軽く磨くことを心掛けました。自由に着脱して洗浄できるため、洗浄が億劫になることもありませんでしたし、こまめにケアすることができたと思います。

20代 大阪府箕面市 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯間ブラシ

私は現在ワイヤーによる歯列矯正を行っています。歯と歯の間があまり空いていないため、歯ブラシではうまく洗浄できないと感じることがあり、歯科医師に相談して今は歯間ブラシで歯の間をゆっくり丁寧に磨くように心がけています。ワイヤーに歯間ブラシが引っかかってしまうこともよくありますが、慌てずにゆっくりと動かすことでワイヤーからブラシをとることができます。これでも十分洗浄できているか不安なので、歯を磨いた後にマウスウォッシュをすることで少しでも歯石が残らないように注意しています。

30代 東京都江戸川区 男性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
以前、歯科矯正でワイヤーを装着させられました。その際、ブラッシングによる洗浄が中心でした。ワイヤーの間をぬって、ブラシの刃先を入れるのが非常に難しかった事を覚えています。固定されている金具の方が強度が高いため、何度もブラシが傷つき、ブラッシングの途中で刃先がひっかかって歯ブラシの刃先が切れた事もありました。非常に不便な状態でした。今考えると、ウォーターが一定のリズムで射出する器具による洗浄が最も効果的だったのでは、と思います。汚れている部分を染色した上で、きちんとクリーニングを実施した方が効率が良かったと思います。

20代 三重県名張市 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング

私は上の歯は裏側のワイヤー矯正を、下側は表側のワイヤー矯正をしております。食べ物がワイヤーに挟まりやすく、特にお肉などを食べるとなかなか取れません。そのため、外食をする際や、会社などでは、必ず矯正用の歯ブラシを持参し、食後お手洗いで洗浄するようにしています。また、食べかすがワイヤーに挟まることによる口臭が気になるため、常にマウスウォッシュとタブレットも持ち歩き、お手洗い等で口内を綺麗にするようにしています。

20代 神奈川県横浜市緑区 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
ワイヤーで全体の矯正を二年半行った後、ワイヤーは外したが、ずれていかないようにマウスピースの装着を行っている。
ワイヤーでの矯正時は、普通の歯ブラシに加えブラシの部分が小さい歯ブラシを使用してワイヤーの間を洗浄していた。歯磨き粉は今まで通り普通のものを使用。ワイヤー矯正が終了した後は、マウスピースを毎日すすぎ洗いするのと、1週間に一回ほど、洗浄剤を溶かした水に30分浸けて洗浄している。ただ、3カ月ほど使用すると汚れが目立ってくるので新しいものに交換する場合もある。

20代 兵庫県神戸市東灘区 男性の洗浄方法体験談

  • 顎間ゴムによる矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
私は顎間固定で矯正していました。最初は水ですすぐことしかできなかったのですが、口腔外科の医師のチェックの元、今は歯ブラシでブラッシングしています。スクリューを埋め込んでいるために、違和感を感じることが多く、ブラッシングするのに苦労しています。しかし、水ですすぐよりも効果はあり、スクリューの周りも丁寧にブラッシングしています。朝と夜はブラッシングを行い、昼間は水ですすぐだけになってしまいますが毎日かかさず洗浄しています。

30代 新潟県新潟市 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • マウスピースを洗浄剤で洗浄
私はワイヤーによる歯列矯正を行っていました。食事後は歯磨きをして歯間の食べかすを落としていました。外出先等で歯磨きが難しい場合は、うがいを行っていました。
また、就寝時のみマウスピースタイプの物もつけて寝ていました。その装置は洗浄剤に浸けて匂いを落とし、その後小さな歯ブラシで装置についた汚れを落としていました。ですがマメに洗浄剤に浸けることで装置に汚れがほとんどつかず、清潔に使用することができていました。

30代 愛知県名古屋市 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
20年前にワイヤー矯正をしていました。ワイヤーのすき間に食べ物のカスが詰まりやすく、専用の細い歯ブラシ使って磨いていました。口を開いて見える部分は何とか磨けますが、奥歯や歯の裏などはブラシが届きにくく、磨くのにとても苦労したことを覚えています。磨き残しがあって虫歯などになると、治療がさらに大変になると説明されたので、一生懸命に磨いていました。矯正期間中にしっかり歯を磨く習慣がついたので今でも虫歯ゼロなので良いですが、もう少し手入れが楽だったら良いのになと思います。

20代 東京都中野区 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
私はワイヤーで歯科の矯正を行なっていました。食事のあとはやはり付着物などとくに気になり、気にしておりました。常に食事のすぐ後には歯ブラシでブラッシングをしておりました。また週一で歯科医院(矯正用)へ通ってメンテナンスを行ってました。なかなか自分では磨ききれないところもあるのでそこは歯科医院で解決してました。私は上の歯だけの矯正だったので割とブラッシングは楽でしたが、上下ワイヤーが付いていたりするととても手間だと思います。

50代 愛知県名古屋市名東区 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
ワイヤーについては、歯ブラシを使って磨いていましたが、マウスピースは使用後は毎日ポリデントなどの入れ歯洗浄剤に一晩漬け込んでいます。何かで磨いたりすると傷になるのでマウスピースは無理に磨いたりしない方がいいと思います。ポリデントなどの入れ歯洗浄剤も一錠全部使わなくても、4分の1ほど使えば次に使う時は問題なく使えて爽やかです。毎日洗浄剤に漬け込むのがポイントで、それさえできていれば他に特に何もしなくても大丈夫です。

40代 東京都世田谷区 女性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • マウスピースを洗浄剤で洗浄
私は数年前に歯科矯正治療を終了しました。矯正はワイヤーを使用していました。ワイヤーがはずれたあとに、マウスピース型のリテーナーを数年使用しました。数日使用すると汚れが気になるため、洗浄剤を使用して汚れを落としていました。入れ歯も洗浄できるもので、水に入れると泡を伴って、溶けるものです。とてもすっきりするので、いつも同じものを使っていました。歯科医で売っていたものです。匂いもすーっとするミント系のものでした。取り扱いも簡単でよかったです。

20代 鳥取県米子市 女性の洗浄方法体験談

  • リテーナーによる矯正
  • マウスピースを洗浄剤で洗浄
私はワイヤーによる歯列矯正を行ったあと、現在は保定期間としてリテーナーでの矯正を行っています。それにプラスをして就寝時にはマウスピースを使用しているのですが、このマウスピースを洗浄するために洗浄剤を使っています。それだけではきれいにならないこともあるし、少し不安もあるので、毛の細かい歯ブラシでマウスピースを磨くようにしています。汚れがどれだけとれているか、本当にきちんととれているのかわかりませんが、矯正歯科が進めてくれたやり方でもあるので、今後もこのやり方で洗浄をしていく予定です。

30代 大阪府堺市 男性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • マウスウォッシュ
自分は、ワイヤーでの矯正をしていましたが、食べ物がよくつまったりしました。水でうがいするなり、水で口の中をすすいだりしたのですがなかなかとれなくマウスウォッシュを使う事にしました。最初は、水ですすぐのもマウスウォッシュで洗浄するのも一緒だと思っていたのですがいざ使ってみると全然違って水ですすぐよりマウスウォッシュですすぐ方が口の中も爽やかになり、綺麗に食べかすもとれます。自分がこのような経験をしているのでオススメはマウスウォッシュがいいと思います。

20代 山口県防府市 男性の洗浄方法体験談

  • ワイヤーによる歯列矯正
  • 歯ブラシによるブラッシング
矯正をしている間は、していない時よりもブラッシングが行き届かなかったりして磨き残しがありがちなので、マウスウォッシュ等も併用してしっかりブラッシングを行う必要性を感じました。
数年ほど前に矯正が終わったのですが、ワイヤー等があって磨きづらいので、気を付けていても矯正中に歯槽膿漏になってしまって、歯茎が熟れたトマトのようになっていました。
また、ワイヤーやその他の器具でよく口内を切ってしまって、口内炎が絶えなかったこともブラッシングをうまく行えなかった原因かと思います。痛くてしっかりと洗浄することができなかったので、そのあたりを改善できる洗浄方法ができれば、と感じました。