見た目を気にする10代こそインビザラインがオススメ!!

【2018年7月現在】最新!当サイトの歯列矯正人気ランキング
【1位】インビザラインなら 精密審美歯科センター
充実した診断窓口と国内トップランクの医師の診断!
精密審美歯科センターについてもっと知りたい方は こちらの記事をご覧下さい

【2位】インビザラインなら 銀座クリアデンタル
豊富な治療実績と最新の矯正治療設備!
銀座クリアデンタルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい

【3位】 低価格で矯正するなら キレイライン矯正
低価格短期間での治療が可能!
キレイライン矯正についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい
Pocket

あなたは歯列矯正と聞いて何を思い浮かべるのでしょうか。

歯列矯正と聞いて、「歯に金具を付けて、ワイヤーで矯正をする」といった従来の矯正方法を思い浮かべる人も少なくないでしょう。

従来の矯正方法では、どうしても、金属でできた器具やワイヤーが目立ってしまうため、歯列矯正をしたいと思っている方からも、敬遠されがちでした。その中で、近年急速に注目を集めてきた歯列矯正方法がマウスピース矯正とよばれるものです。

マウスピース矯正は従来の矯正方法とは異なり、矯正をしていても目立つことはありません。透明なマウスピースを着けるだけで矯正は進められるので、今ままで歯列矯正をしてみたいと思っていたけれど、見た目が目立ってしまうのが嫌だから矯正に踏み出せなかったということもありません。

インビザラインの特徴とは?

こうしたマウスピース矯正の広まりとともに、人気を博してきたのが、「インビザライン」です。インビザラインはアメリカで生まれたマウスピース矯正の一種であり、ここ10年ほどの間で日本国内の歯科医院でも、取り扱う医院が増えてきた矯正方法です。

インビザラインの特徴としてあげられるのは、

  • 透明で目立たない、
  • 取り外しが可能、
  • 通院が少なくて良い
  • 衛生的

などなど、患者一人ひとりの症状にあわせて調整され計画されたマウスピースに沿って矯正治療を進められるというのが特徴です。

参考記事:すぐにでも始めたい!マウスピース矯正 のメリット5選!!

歯並びについて誰もが気にしている!

日本臨床矯正歯科医会の行った調査によると、「歯並びによって第一印象が変わる」と答えた人が72%を超えています。歯並びを気にする人が増えていく中、インビザラインの矯正治療患者も増えてきたのです。
また、先ほどの調査によると「歯並びがきれいだと良い結果が得られそうな人生における場面」として
  • お見合い
  • 入社試験の面接
  • デート
  • ビジネスの商談

などがあげられれています。歯並びがきれいだと、

  • 清潔感がある
  • 健康的
  • 上品そう
  • 知的にみえる

といったようにまわりから好印象を受けることもできるのです。特に、これらのシーンは、10~30代で見受けられることが多いですよね。入社試験の面接は、大学新卒の場合、22歳で迎えることになりますし、就活のときにも歯並びが見られているのかもしれませんね。

インビザラインの治療は、平均して2年間かかると言われているので、新卒の入社試験に間に合わせるには、10代の間に矯正治療を進めていくのが良いのでしょう。

こうした調査結果と10代の矯正治療が多いのとのあいだには何か相関があるといえるのではないでしょうか。

さらに、先述の調査では、「歯並びに自身のない」と答えた人が全体の46%「歯をを見せて笑うのが嫌」と答えた人が全体の25%を占めていました。

また日本人のおよそ60%が歯並びに問題を抱えているとされ、叢生と呼ばれる歯がガタガタな症状の人は全体の22%に及んでいました。八重歯で悩んでいる人は全体の10%と様々なはの悩みを抱えていることがわかります。

歯列矯正は若い頃からしておくべき?

厚生労働省の調査によれば、歯列矯正の治療を始める人の70%は19歳以下であると言われています。
近年では、インビザラインのようなマウスピース矯正により、目立たない矯正方法が主流となってきたため、大人の歯列矯正も徐々に増えてきました。
ではどうして、歯列矯正を始める人の70%が19歳以下なのでしょうか?なにか理由があるのでしょうか?

どうして10代のうちに歯列矯正をやっといたほうがいいの?

歯列矯正を始める年代として、10代が全体の70%を占め、年をとってから始める人よりも圧倒的に多いということをあげましたが、一体なぜ若いのうちに始める人が多いのでしょうか。

これは、インビザラインといったマウスピース矯正だけでなく歯列矯正全般に言えることですが、歳を重ねたあとに歯列矯正を開始するよりも、若いうちに矯正をしておくほうが魅力は大きいからということができるでしょう。

若い頃に歯列矯正を行うのがいいい理由として以下のことが挙げられます。

  • 顎が成長する前だから動かしやすい
  • 骨が柔らかいからスムーズに治療可能
  • 治療期間短くて済むので治療費が安い
  • インビザライン・ティーンで永久歯でなくても治療可能

若い頃から矯正治療を行うのがいい理由はズバリ、顎が成長する前で骨が柔らかく、大人になってから治療を始めるよりもスムーズに治療を進めていく事ができるからです。

さらに最近では、インビザライン・ティーンができたことで、永久歯に生え変わっていない小さなお子さんでも治療を始められるようになりました。

見た目に敏感な10代こそインビザラインがオススメ!!

でも、10代、特に中学生や高校生って見た目に敏感ですよね。従来のワイヤー矯正では、目立ってしまってダサいからやりたくないっていう人もいるでしょう。

筆者自身、中学の頃から矯正治療をはじめたわけですが、当時は、インビザラインといったマウスピース矯正といった矯正方法の選択肢はありませんでした。ですので、嫌々ながらも、ワイヤー矯正をしていた気がします。周りの同級生の中でもちらほら、ワイヤー矯正をしている子がいたことが唯一の救いだったのかもしれません。

もちろんワイヤー矯正導入されたのが高校の頃でした。それから、インビザラインの矯正に移行したのですが、透明で目立たない、痛みも少ないインビザラインに感動を覚えたものです。

従来の方法と比べてインビザラインをオススメする理由

そこで、従来のワイヤー矯正とインビザラインの両方の経験から見えてきた、従来のワイヤー矯正とインビザラインを比べて、どうしてインビザラインをオススメするか紹介していきます。

  • 透明だから目立たない
  • 痛くないのでストレスがかからない
  • はみがきが楽
  • 通院回数が少ない

透明で目立たないということは、インビザラインが選ばれる一番の理由です。今までワイヤー矯正を体験してきて矯正治療中の見た目という点では半ば諦めていたというか、どうしようもないうことだと思うようになっていました。

そうした中、透明であるということ、周りからも矯正していることに気づかれないほど、会話をするにも発音や滑舌も違和感なくとても満足できるでしょう。

また、痛くないのでストレスがかからないということもインビザラインをオススメするポイントの1つです。

従来のワイヤー矯正では、通院ごとにワイヤーをきつく締め付けられるので痛みを感じることが多く食べ物を噛むのも痛くてままならない、ということも頻繁にあります。また、ワイヤー矯正では、ワイヤーに食べ物が挟まってしまうため、歯磨きや手入れがとても大変です。

インビザラインをはじめてから、食べ物を噛むのに痛いと思ったこともありませんし、歯磨きやマウスピースの手入れも非常にに簡単にできるのでオススメです。

参考記事:ゼロから学べる!インビザラインについて徹底解説!!

見た目の美しさだけでなく、歯から健康に!!

先ほど、社会に出る前に歯列矯正をしとくと好印象受けやすいという説明をしました。しかしながら、歯列矯正をオススメするの歯、見た目の美しさだけではありません。

見た目の美しさだけでなく、歯列矯正を行い歯並びを改善していくことで、健康な食生活をおくることができるのです。また、普段の生活を健康な生活に変えるばかりか、スポーツなどのパフォーマンスもあげられるのです。

子供のうちから歯列矯正を行い、歯並びを改善しておくことによって歯磨きをしやすくし、子供が虫歯になりにくくなるといったメリットもあります。

このように、歯列矯正には、見た目の美しさといったメリットだけでなく、健康面のメリットも得られるので、歯列矯正を行わない理由が見当たらないのです。

気になる費用はいくらかかるのか

インビザラインをはじめうるえで気になるのはやはり、治療にかかる費用であると思います。歯列矯正は高額なため、10代の学生の場合においては自分自身で支払いをするというわけにわいかないですよね。

家族とよく相談して、歯列矯正をするのか決めなくてはいけません。その際、不安材料になってくるといえるのが費用がいくらかかるのかということでしょう。

では実際のインビザラインにかかる治療費用はいくらなのでしょうか。

インビザラインにかかる費用

インビザラインには、以下の3種類があります。

  • インビザライン・フル
  • インビザライン・ライト
  • インビザライン・ティーン

インビザラインにかかってくる費用は、症状によって個人差があります。症状が重い人は治療期間が長くなり、治療費用も多くなりがちです。また、症状が軽く、インビザライン・ライトで、部分的な矯正だけで済むといった人もいます。部分的に矯正を行う場合10~20万円で治療可能の場合もありますが、一般的な、インビザライン・フルの場合、平均して100万円前後の費用がかかってくると言えます。

参考記事:マウスピース矯正にかかる費用とインビザライン

インビザラインの治療費が安くなるのは?

インビザラインの治療では保険が適用されませんので注意が必要です。治療費が安くするために、もちろん歯科医院選びが重要で、安くやってくれるところを探すのも一つの手です。
また、子供のうちから矯正治療を進めると歯並びがスムーズに動きやすいため、早く治療終わり、安くなるというケースもあります。大人になってから矯正治療を始めると時間かかり、費用も高くなりやすいので、若いうちから、矯正治療をはじめておくと良いでしょう。
保険適用はできませんが、医療費控除を申請することでインビザラインの治療費を安くすます事ができます。

子供のうちに歯列矯正をするデメリットは何かあるのか?

従来の方法では、永久歯に生え変わっていない小さな子どもが歯列矯正を始めることはできないと言われてきました。しかしながら、永久歯に生え変わっていなくても矯正が可能なインビザライン・ティーンが誕生したことで子供でも問題なく、歯列矯正を行えるようになってきました。

また従来のワイヤー矯正では、調整難しく、痛みを感じることが多かったですが、インビザラインによって人それぞれの無理のない矯正治療が可能になったので、痛みも感じる心配もなく治療を進めていくことができます。

子供のうちから矯正治療を行う上で、気をつけなくてはならないのが、虫歯にならないようにすることと、着用期間をしっかり守るということです。

特にインビザラインのようにマウスピース矯正を始めるのであれば、歯磨き、そしてマウスピースの洗浄をしっかり行わないと虫歯になるリスクが高まります。マウスピースには、汚れが付着しやすいので、丁寧な洗浄を心がけましょう。

参考記事:たったこれだけ!インビザラインの洗浄方法オススメ4選!!

また、マウスピースの着用期間を守らないと、うまく矯正が進みません。インビザラインは、取り外しができとても便利ですが、1日の着用時間が20時間以上と決められています。食事のときに取り外したままにしてしまい、着用を忘れてしまった当事の内容に、本人だけでなく両親の監督が必要になってくるでしょう。