インビザラインをつけたまま食事できる?やり方や注意点とは?




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

インビザラインは、着脱が簡単で見た目も目立たないため、若い女性をはじめとして幅広い年齢層の方に選ばれています。

しかしながら、インビザライン矯正における食事については、いくつか注意点がありますので確認していきましょう。

インビザラインをつけたまま食事ができるのか、そして食事における注意点についても詳細に説明していきます。

インビザライン治療における食事の不安を解消し、効率よく矯正治療を続けていきましょう。

インビザラインをつけたまま食事して良いの?

インビザライン矯正では、基本的に食事を摂るときにマウスピースを取り外します

外出時でどうしても取り外せないときは難しいでしょう。

しかしながら、必ず取り外してから食事を摂る必要があり、それが守れない場合には矯正治療がうまく進まなくなってしまうのです。

インビザラインを取り外して食事を摂るべき理由とはいったい、どのようなものなのでしょうか?

まずは、インビザラインを取り外す理由について詳しく見ていきましょう。

インビザラインを取り外して食事する理由とは?

万が一マウスピースをしたまま食事をしてしまうとマウスピースと歯の間に食べ物が挟まり、マウスピースが汚れたり色素沈着を起こしてしまうケースもあります。

食事をした後にそのままにしていると菌が繁殖し、口臭や虫歯の原因にもなってしまいます

虫歯や歯周病になってしまうと、矯正治療がうまく進んでいきません。最悪の場合、歯列矯正を断念、あるいは一からやり直しになってしまうのです。

食事の前には必ずマウスピースを外して、トラブルを防ぐ事が大切です。

虫歯などの、考えられるあらゆるリスクを排除して、効率よく歯列矯正を続けていきましょう。

インビザラインをつけたまま食事してはダメな理由とは?

インビザラインを始める際には、インビザラインの正しい知識を持ってデメリットやリスクを回避していくことが重要です。

インビザラインをつけたまま食事を摂ることによるデメリットについて紹介していきましょう。

インビザラインをつけたまま食事することのデメリット

インビザライン矯正のマウスピースは薄いプラスチック素材で出来ているので、強度が高いものではありません

マウスピースをつけたまま食事をしなければならない場面で、は高温にも弱いので極端に硬い食べ物や熱い飲み物には気を付けましょう。

硬い食べ物を食べてしまうと破損してしまったり、熱い飲み物は溶けてしまう可能性があるからです。

硬いお肉やナッツ類を食べる時には小さくするなど、一口を少なくして食べます。熱い飲み物やスープはある程度冷ましてから口に運ぶようにしてください。

お餅やキャラメル、ガムなど歯にくっつきやすい食べ物もなるべく避け、間違って食べてしまった場合にはすぐにマウスピースを洗うと安心です。

インビザラインをつけたまま食事?飲み物にも注意しよう

飲み物の場合はいちいちマウスピースを外して飲むのは大変です。

しかしながら、面倒だからと言ってインビザラインをつけたまま飲み物を飲むことは避けましょう

色の濃い飲み物は控えよう

水の様な無色透明な飲み物は色素沈着の心配はありません。紅茶やコーヒーなど色が濃い飲み物は色素沈着の可能性があります。

色の濃い飲み物を摂取する時には出来るだけマウスピースは外し、もう一度装着する時には歯を磨いてから使用するようにしましょう。

その他注意すべき飲み物

さらに避けたいのはビタミンやミネラル、果汁や糖分が多く含まれた飲み物です。虫歯の原因になる酸や糖分が含まれているからです

色の濃い飲み物と同じように飲む時にはマウスピースを外し、飲み終わったら歯磨きをして清潔な状態を保ちます。

近年では、透明な飲料水であっても、糖分を多く含む飲料水が流行しています。「いろはす」や透明な「紅茶」なども、透明だからといってインビザラインをつけたまま飲んではいけません。

インビザラインを取り外せば、食事制限は必要なし!

ワイヤー矯正は繊維質のお肉や野菜などはワイヤーに絡まりやすく、食事のメニューも限られたものになってしまいます。

一人で食事をする時には問題は無いのですが、誰かと食べる時には気を遣う必要も出てきます。

インビザライン矯正はマウスピースを取り外せるので食べ物が引っかかる事が無く、食べ物の制限もありません。

繊維質の食べ物を食べても問題は無いのは嬉しいポイントですよね。

食べて良い食材や避けたい食材は様々なので、心配なら専門医にも相談しておきましょう。

インビザラインを食事中に取れないときには?

外食時や飲み会などで食事をする時もトラブルを起こさないようにマウスピースを外す事が重要です

家族や親しい友人と食事をする場合には注文を誰かに頼み、お手洗いなどでマウスピースを外すとよいででしょう。

一人で食事をする時にはお店に入る前にマウスピースを取り外すか、注文をしてから席を立ってお手洗いなどで取るとスムーズです。

会社の飲み会や取引先との飲み会などかしこまった場所ではマウスピースをつけたまま飲み物などを少しだけ飲み、タイミングを見てお手洗いでマウスピースを外すと場の空気を壊さずにケアが出来ます。

飲み物でマウスピースが汚れない様に軽く水洗いするだけでも色素沈着を防ぐことが可能です

専用のケースなどにしまっておくとなくす心配もありません。一緒に食事をする相手やお店の雰囲気に合わせて、臨機応変に取り外すように心掛けましょう。

インビザライン矯正の食事は歯磨きが重要!!

インビザラインを着けながら食事をとってしまったとしても、インビザラインを取って食事をしたとしても、マウスピース矯正を進めていく上で、歯磨きを欠かさずに行っていくことが重要になってきます。

インビザラインをつけたまま食事をしたら、すぐに洗浄!

マウスピースをつけているまま食事をしてしまった場合は、食べ物が挟まったり、汚れが蓄積したりするので、特に注意が必要です。

たとえインビザラインをとって食事をしたとしても歯磨きをしないですぐにインビザラインを着け直さなくては、決められた時間内インビザラインをつけつづけることはできません。

インビザラインの取り外し注意点!

よくあるインビザラインの失敗例としてあげられるのが、食事をしたあとにマウスピースの着用を忘れてしまい、着用期間が守れなくなるというケースです。

インビザライン矯正とワイヤー矯正の大きな違いは、食事や歯磨きの時に外す事が出来るか出来ないかです。

インビザラインの治療効果をたかめるためにも、取り外して食事を終えたらすぐに歯磨き、マウスピースの洗浄をおこなって、マウスピースの着用を忘れないようにしましょう

コレさえあればインビザラインで失敗しない!!

インビザラインの食事では、マウスピースを取り外して食事をしたときも、つけたまま食事をしたときでも、虫歯に注意する必要性があります。

マウスピース着用時に、歯に汚れがついたままだと、すぐに虫歯になってしまうのです。

インビザラインでは虫歯予防を徹底しよう!

そこで虫歯予防のために効果的なのが、虫歯予防成分を配合した歯磨き粉で歯磨きを行うこと、それに尽きるのです。

市販の歯磨き粉では、フッ素が含まれてるものが多くみられます。

フッ素には、歯をコーティングしてくれる効果があり、歯垢の付着を防いでくれます。

虫歯予防成分の含まれた歯磨き粉を選ぶ!

しかしながら、フッ素自体が虫歯を予防する解決策になると言えないのです。

虫歯予防のために、歯石の付着を防ぎ、虫歯のできない環境を作り上げる事ができる歯磨き粉があります。

大人用歯磨き粉【ブリアン】という歯磨き粉で、配合されている虫歯予防成分よって虫歯の予防をすることが可能です。

虫歯予防にふさわしい歯磨き粉やその他の虫歯予防につきましては、以下の記事でご紹介しております。あわせてご覧ください。

インビザラインは食事するときに痛いのか?

インビザラインをはじめるときに疑問にも思われるもう一つは食事の痛みについてでしょう。

矯正治療を進めていくうえで痛みは生じてくるのでしょうか。またどのような時に痛みを感じやすいのかについても説明していきましょう。

食事で痛いときはどんなとき?痛みは大きいの?

インビザラインで痛みを感じるのはインビザラインをはじめたときか、アライナーを新しく取り替えたときくらいしかありません。

アライナーを新しく取り替えてから2日くらいは、自分自身でも歯が移動しているということが分かるくらいです。もちろん歯が移動しているので少しばかり痛みを感じます。

ですが、すぐに慣れていくので痛みも感じなくなり、食事する際にも痛みを感じることはありません

他の矯正方法よりも痛みは少ない!

インビザラインでの食事の時の痛みについてですが、従来のワイヤー矯正などのように、食事ができないほどの痛みを感じることはないので、安心してください。

むしろ、インビザラインでは痛みも少なく取り外しができるといったように、メリットがたくさんあるので、非常にオススメできる矯正方法なのです。

インビザラインにはデメリットだけでなく、メリットが数え切れないほど多くあり、近年人気の治療方法になっています。以下の記事でインビザラインについて詳細に説明してますので、併せてご覧ください。

まとめ

インビザラインでの食事に関する疑問点として、つけたまま食事をできるのか、痛みはあるのかということがありました。

インビザラインをつけたままの食事は避けてください。

マウスピースの破損のもとだけでなくそのあとに、歯磨きやマウスピースの洗浄を行わないと、すぐに虫歯になってしまいインビザライン矯正が失敗してしまうのです。

また、虫歯予防に効果的な歯磨き粉で、虫歯予防を心がけることが必要不可欠です。

ぜひ虫歯予防成分を配合した歯磨き粉を使用して、矯正治療を無理なく進めていきましょう。

インビザラインについて疑問や不安な点がある場合には、無料相談を実施しているクリニックもありますので、気軽に質問をしてみるとよいでしょう

国内トップ医師の無料診断!精密審美歯科センターはこちら