叢生の治療にはインビザラインが効果的!?症状別に解説!!

【2018年7月現在】最新!当サイトの歯列矯正人気ランキング
【1位】インビザラインなら 精密審美歯科センター
充実した診断窓口と国内トップランクの医師の診断!
精密審美歯科センターについてもっと知りたい方は こちらの記事をご覧下さい

【2位】インビザラインなら 銀座クリアデンタル
豊富な治療実績と最新の矯正治療設備!
銀座クリアデンタルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい

【3位】 低価格で矯正するなら キレイライン矯正
低価格短期間での治療が可能!
キレイライン矯正についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧下さい
Pocket

白い綺麗な歯が見える笑顔は魅力的です。歯並びを綺麗に整えるためには矯正を行いますが、最近話題になっているのがインビザラインという目立たない矯正法です。歯並びの問題で多いのは「叢生」と言われるものですが、叢生の治療にもインビザラインは使えるのでしょうか?気になるお値段や期間の話も含めてご紹介します。

叢生とはどういった症状なのか?

叢生とはどういった症状のことをいうのでしょうか?

歯並びが悪く乱れている

叢生とは歯科の用語で歯の生える向きや位置が乱れて、正面から見ると歯列がガタガタになっている状態のことを指します。乱杭歯(らんくいば)ということもあります。

叢生の原因と問題点

叢生の原因は顎が小さく十分に歯の生えるスペースが確保できなかったことです。虫歯などなんらかの原因で歯を抜いたために空いたスペースに他の歯がはみ出して生えてしまった場合もあります。

叢生になると見た目の問題だけでなく、食べかすがつまりやすくなり、虫歯や歯周病、口臭などが起こりやすくなります。噛み合わせがうまくいかず、一部の歯に負担がかかるので歯の健康のためにもよくありません。

叢生は矯正で治すことができる!

叢生は顎の大きさや歯の生え方の問題なので、問題のあるところを少しずつ正しい位置に治していく矯正治療を行います。乳歯の時期には顎の骨の成長を促すような治療が主体になります。すでに顎の骨の成長が固まった大人の矯正では、主に歯を移動する矯正がメインとなります。

参考記事:マウスピース矯正に対応する症例とは?症例ごとに解説!!

インビザラインとは?

歯の矯正法には幾つかの種類がありますが、その中の一つ、インビザラインとは、透明なマウスピースを使った矯正法です。よく知られているワイヤーをつける方法と違って目立たないので女性や接客業の方などに人気のある矯正法です。

インビザラインの特徴は?

インビザラインの最大の特徴は透明で目立たないこと、取り外しができることです。食事をするときや歯磨きをするときはマウスピースを取り外せるので矯正中も普段と変わらない生活ができます。

マウスピースは歯ブラシで簡単に洗浄することができるので衛生的に使えます。素材がプラスチックなので金属アレルギーなどの方も安心して装着できます。従来の矯正法に比べると比較的痛みの少ない矯正法で、通院回数も少なくて済むと言うメリットがあります。

参考記事:ゼロから学べる!インビザラインについて徹底解説!!

インビザラインの治療で気をつけること

インビザラインを使った矯正では1日20時間以上の装着を続けることで矯正の効果を得ることができます。簡単に取り外しができることがメリットですが、その反面、外したままの時間が長くなると十分な効果が得られません。

また、歯並びが複雑で強いねじれがあったり、大きく歯を動かす必要がある場合にはマウスピースだけでの治療は難しいこともあります。

参考記事:インビザラインの装着期間が短い、足りないとどうなるの?

叢生にインビザラインは効果があるか

では、叢生の症状を持つ人はインビザラインの治療に向いているのでしょうか。あるいは、叢生の人がインビザラインの治療を行うことで、どれほどの効果が得られるのでしょうか。

叢生の程度によって治療法は変わってくる

一口に叢生と言ってもその症状や程度は様々です。軽い症状の場合は部分的な矯正だけで済むこともありますし、症状が重くなったり、複雑な要素が絡んでいる時は、インビザラインだけでなく他の矯正法を組み合わせたり、抜歯などの方法をとる方が良い場合などもあります。

叢生の症状に悩んでいるという人は、ぜひ一度クリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。「自分の症状がどういうものか。」、そして「自分の症状はインビザラインに適しているのか。」、それとも他の矯正方法と組み合わせたら効果的なのかも理解できると思います。

インビザラインの治療の進み方

インビザラインの治療はいきなり始まるわけではありません。歯科医と相談しながらどうするかを決めていきます。患者としては歯並びの悩みや疑問について伝え、歯科医からは矯正の方法やメリット・デメリット、費用や期間などの説明があります。

インビザラインの治療を受ける場合には最初に口腔内の検査やレントゲン撮影などの検査を行い、顔や口の中の様子を写真におさめます。それから矯正装置を作成するために歯型をとります。歯科医師が立てた治療計画に納得したら治療が始まります。

効率的に歯の位置を移動させていくため、通常2週間に1回くらいのペースで新しいマウスピースに交換していき、1年から3年くらいをかけて矯正が完了します。治療後は歯の位置を保定するため、しばらくは保定装置を着用して後戻りしないようにします。

参考記事:すべてが分かる!インビザラインの治療の流れを解説!

インビザラインの治療の費用は?

インビザラインには、部分的な装着をするものと、全部の歯に装着するものがあります。部分的な装着の場合、例えば1〜2本だけの場合だと約10万円から矯正をはじめられます。

上下どちらかであれば40万円程度です。上下両方ともインビザラインを装着すると60万〜80万円程度かかるとされています。歯を動かす距離が大きい場合は治療の期間も費用もかさむので100万円を超える場合もあるとされています。

参考記事:マウスピース矯正にかかる費用とは?重要なことは医院選び!

インビザラインの治療を効率的に進めるには?

インビザラインの治療は平均して2年前後の期間がかかります。最初に計画を立てたあとは歯型を作ってしまうので途中での変更が難しくなります。まずは腕の良い歯科医を選ぶことが大切でしょう。口コミやネットなども活用して安心できる歯科医を見つけましょう。

また、何よりも治療中は治療が効率よく進むよう、しっかりと装着時間を守ることが大切です。長期に渡る治療なので途中で虫歯などができると治療に影響することもあります。歯磨きをしっかりすることと、おかしいなと思ったら早めに担当の歯科医に相談することも大事になってきます。

インビザラインの治療については多くの方がブログなどを活用して紹介しています。あらかじめ治療の進み方や治療中の様子について見通しを立てておくと焦らずに治療に取り組むことができます

参考記事:【入門編】オススメのインビザライン矯正ブログ3選!!