歯列矯正やインビザラインの期間とは?症状別に徹底解説!!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

インビザラインは、透明で目立ちにくいマウスピースを使った矯正方法です。その効果は確かなもので、実際には他の歯列矯正と比べても、治療期間にはほとんど差が無いとされています。

歯列矯正は歯を動かすために力を掛けていきます。しかしながら、この力は強いほど早く治療が進むわけではありません。

症状別にそれぞれ適した期間や方法がありますので、費用や注意点についても併せて紹介していきます。

歯列矯正やインビザラインにかかる期間とは?

歯列矯正にかかる治療期間は、歯列矯正をどのように進めていくかによって変わってきます。

歯列矯正には、以下の進め方があります。

  • 『歯列全体』を動かすフル矯正
  • 『歯の一部』だけを対象とする部分矯正

もちろん『歯列全体』を動かすのは、一部分を動かすよりも大変ですから、1年から3年程度の治療期間を考えておくと良いでしょう。

一方で、『歯の一部』だけを対象にした部分矯正では、「前歯」だけを動かすなど、局所的に治療していくので期間も短くて済みケースが多いです。

また、症状の軽い部分を矯正する程度ならば、数ヶ月で治療を終えることも可能なのです。症状の強さや個人差によって、治療期間にズレが生じてくるので注意して矯正を進めていきましょう。

インビザラインの治療期間は症状別で異なる!

症状によって、インビザラインでの治療にかかる期間に差が出てきます。症状別にチェックしていきましょう。

歯列の乱れには色々なパターンが有ります。叢生や反対咬合、すきっ歯などが、よくみられる症状です。自分の症状がどんな症状なのか把握しておくことも重要でしょう。

叢生のインビザライン治療にかかる期間

まず、叢生と言うのは歯列がガタガタしている状態を指します。本来のきれいな歯並びに比べると、ある歯が引っ込んでいたり、逆に一部の歯が前に突出していたりするもので、乱ぐい歯と一般には呼ばれるものです。犬歯が突出してしまう八重歯も叢生に含まれます。

叢生の場合は歯列全体がガタガタしているケースが多く、フル矯正になって治療期間も長めになりやすいでしょう。

程度にもよりますが、1年から3年程度が必要となります。

叢生の場合は歯の生えてくるスペースが不足しており、そのせいで歯が本来のところに生えていません。

このために、他の治療方法でも、それなりに時間が必要になりやすいと言えます。

叢生の症状をもつ方が、どのようにインビザライン矯正を進めていくのかについては以下の記事においてご紹介しております。併せてご覧ください。

反対咬合のインビザライン治療にかかる期間とは

反対咬合は下側の歯列が前に出てしまっている状態です。

全体的に反対咬合になっているケースもありますが、奥歯だけが噛み合わせに問題を生じていることもあります。

反対咬合は、歯並びだけではなく骨格からの治療が必要です。

骨格からの治療が必要になるケースが多いので、その他の症状と比べて治療の期間も長くかかってくることでしょう。

治療期間としては、2~3年間を目安として考えておきましょう。

反対咬合は、一般的に「受け口」と呼ばれることが多く、歯のかみ合わせが合わないので虫歯の原因や、歯周病の原因になってしまう恐れがあります。

反対咬合について正しく知ることは、矯正治療を進める第一歩として欠かせません。以下の記事から反対咬合について学んでいきましょう。

出っ歯のインビザライン治療にかかる期間とは

「上顎突出」は、一般的に「出っ歯」と呼ばれる症状です。

「出っ歯」においてもインビザラインで矯正を進めていくことができます。

上顎が突出していることによる噛みあわせの悪さや、見た目の改善のためにインビザライン治療を始めることでしょう。

反対咬合の治療と同様に、骨格から治していく治療が必要になってきます。

上顎突出の治療においても、治療には2年ほどの期間がかかることを覚えておきましょう。

出っ歯と呼ばれる上顎前突は、日本人に多く見受けられる症状の一つであり、こちらに付きましても以下の記事でまとめてご紹介しております。合わせてご覧ください。

すきっ歯のインビザライン治療にかかる期間

短時間で治療を終えやすいのが「すきっ歯」です。

「すきっ歯」は歯間に隙間がある状態を指します。前歯の他、臼歯の間に生じることもあります。

「すきっ歯」は部分矯正の適用になりやすいので、数ヶ月から一年半もあれば治療が完了するケースが大半です。

また、インビザラインを進めていくことが困難なほど、症状が重いという方であっても、従来の矯正とインビザラインとをうまく組み合わせることで、症状別にそれぞれ、その人にあった治療方法で治療を進めていくことが大切といえるのです。

すきっ歯の場合インビザラインで矯正治療を行うことで、周りの人に気づかれることなく、短期間で治療を進めていくことができます。以下の記事で詳細を解説しておりますので、ぜひご覧ください。

歯列矯正やインビザラインで治療期間短縮はできる?

インビザラインを使った場合の治療期間は、おおむね上記で紹介した通りです。しかしながら、医師の指示を守らなかったり、サボったりすると治療期間は長引いてしまいます。

では、インビザラインの治療期間を上手に短縮することはできるのでしょうか。

着用期間をしっかり守る!

治療期間短縮のためには、医師の指示に従い、充分な時間、インビザラインを装着することが大切です

マウスピース矯正では、自分で矯正器具を付け外し出来るのが特徴です。もちろん装着時間を長くした方が効果が高まります。

装着しておける時間を確保することが、まずは期間短縮の前提になると言えるでしょう。装着期間が足りないとインビザラインの治療を計画通りに進めていくことができなくなってしまいます。

インビザラインでは、治療開始時にとった型をもとに段階を踏んで治療を進めていきます。

一度決めた計画を変更していくことはインビザラインの矯正では難しいので、着用期間は必ず守るようにしてください。

指定通りに通院をかかさない!

加えて、きちんと指定通りに通院することも、期間短縮には欠かせません。インビザラインは症状によっては、治療の経過とともに少しずつ作り直していく必要があるからです。この場合は、通院が出来ないことが何度もあると、やはり、その分は治療が進みません。

他の歯列矯正とインビザラインを組み合わせ短縮しよう

他の治療方法と組み合わせることで、期間短縮が出来るケースも増えてきました。加速矯正装置を使う他に、ピエゾサージェリーと呼ばれる超音波を使った装置も利用されています。

さらには、同じインビザラインであっても、アタッチメントという器具を装着することで、治療期間を短縮させることも可能です。アタッチメントをつけることによって矯正の効果を最大限に発揮することができるので、医師との相談のもとアタッチメントをつけるのかどうか決めていかれるとよいのではないでしょうか。

インビザラインの期間と費用の関係性とは?

次に費用についてですが、インビザラインはワイヤーを使う矯正に比べて、少々割高になると言えるでしょう。ただし、歯の裏側に器具を装着するリンガルと呼ばれる方法に比べると、割安です。インビザラインは表側にワイヤー器具を使うよりも目立たないので、矯正がバレにくい方法として考えると、リーズナブルと言えるでしょう。

インビザラインの費用は期間に比例する!

インビザラインでの矯正において、費用を安く済ませる方法としては、しっかりと装着時間を守って早く治療を終えることが重要です。また、程度の軽い症状の時には、インビザラインライトと言う負担が少ないものがあるので、こちらも選択肢です。

また、医療費控除を受けることでも、ある程度の節約になります

美容目的でしたら控除は使えませんが、子供の場合は発育のため、大人の場合は咀嚼機能の改善のために矯正治療が必要とされれば、医療費控除の対象になり得るので、活用していくと良いでしょう。