インビザラインの変化はいつから?変化がなしの可能性も?




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

インビザラインによる変化を実感することは、治療のモチベーションも高まることにつながります。

モチベーションを高め、矯正をうまく進めていくためにも、まずは『変化』について詳しく見ていくことにしましょう。

矯正治療ではすぐに変化が現れるとは限りません。ここでは矯正治療における注意点やリスクにつきましても紹介しますのでご覧ください。

インビザラインの変化はいつから現れるの?

「インビザライン」は、目立たない矯正方法として、特に女性や思春期の学生から人気を集めています。

インビザラインを始める前にはまず、どれくらいの期間で治療効果が期待できるのかという点を把握しておくとよいでしょう。

治療効果がいつ頃から現れるのか把握しておくことで、矯正についての不安を抱えずに治療に専念することができるのです。

インビザラインでの変化はいつから実感できる?

歯列が移動していることは、インビザラインを始めた初日から実感できることでしょう。

特に、インビザラインをはじめた日、あるいはアライナーを新しく取り替えた日には、歯並びが急激に動きやすいので、「痛み」を感じることも出てきます。

インビザラインは一か月で変化を実感!?

インビザラインを始めてから1か月も経過すれば、歯並びが変化していることを実感できます。

特に「出っ歯」や「八重歯」などの症状の軽い方であれば、1か月の着用によって症状の緩和が期待できることでしょう。

インビザラインの変化は何枚目から?

インビザラインでは、「アライナー」と呼ばれるマウスピースを10日に1個のペースで取り換えていきます。

約1か月も経過すれば、多くの方が効果を実感できるといえるので、アライナーが4枚目になるころには、見た目の変化も見て取れることでしょう。

効果や変化には個人差があるので注意しよう

しかしながら、症状や歯並びの変化の度合いについては個人差があり、全員がすぐに変化を実感できるとは限りません。

アライナーが4枚目になるまで効果が実感できずに不安に思われる方もいらっしゃることだと思います。

ほとんどの方が3か月の治療を続けることで、治療効果を実感できると言われていますので、まずは3か月、インビザラインの着用をサボらずに続けていきましょう。

インビザラインによる見た目の変化はどこから?

インビザラインの効果が最も顕著に表れるのが「顔」です。

「横顔」を鏡でチェックするとその変化を実感しやすいことでしょう。

インビザラインでは横顔の変化を確認しよう

インビザラインでの変化は、「横顔」をチェックすることでより実感できるようになります。

アライナーを交換するたびに自分の横顔をチェックしていくと、その変化に気づくでしょう。

理想の横顔と呼ばれる「Eライン」を手に入れるためにも、インビザラインの着用時間を必ず守り、効果を実感していきましょう。

周りの人が顔の変化に気づくことも?

毎日インビザラインを着けている本人からは、効果や変化が分かりづらいかもしれません。

久しぶりにあった友人など周りから見たら劇的に変わっているということも起こり得るのです。

スマホ等で経過写真を撮り続けることで、本人が後から見直した時に、変化に気づくこともできるでしょう。

インビザラインを始められる際には、経過写真を記録しておくとよいかもしれません。

インビザラインの変化が現れやすい症状をご紹介

インビザラインにおける歯並びの変化は、症状によってもバラバラです。

症状が重い場合には、理想とする歯並びとのギャップが大きいため、変化に満足する期間も長くなってしまうでしょう。

インビザラインにおける出っ歯の変化とは?

歯並びの変化を実感しやすい症状としてまず、出っ歯の症状が挙げられます。

出っ歯の場合、インビザラインを使うことで前歯を内側に戻しやすく治療が進みやすいため、治療期間も短く終わらせることができます。

インビザラインにおける八重歯の変化とは?

八重歯の症状でお悩みの方も、インビザラインを使うことで短期間で変化を実感しやすいといえるでしょう。

八重歯の場合、骨格が問題でかみ合わせが悪いわけではありませんので非常に簡単に治療を終えることもできます。

3か月も経過したら、十分に八重歯の解消が期待できるのではないでしょうか。

インビザラインが変化なしに終わってしまう?

治療には絶対はありません。インビザラインによる矯正も変化が現れない場合もあるので注意が必要です。

変化なしで終わってしまう理由とは?

インビザラインの治療が変化なしで終わってしまう理由として、まずは着用期間を守れないということが挙げられるでしょう。

インビザラインは、着用時間が一日20時間程度と決められています。着用期間を守れなかった場合は、もちろん治療効果は期待できません。

医師との意思疎通が取れていない場合は治療がうまく進まない場合もあります。

変化なしで終わらないためにも、医師とのコミュニケーションが重要になってきます。矯正についての不安や悩みが少しでもあったら、気軽に相談することがとても大切です。

変化なしで終わらないためにクリニック選びは慎重に

インビザラインには数十万という高額な費用がかかってきます。

高い治療費を払うわけですので、まずは適切なクリニック選びが欠かせません。

クリニックを選ぶときには以下の点に注意して選ぶように心がけてください。

  • 矯正専門医がいるクリニックを選ぶ
  • インビザラインの治療実績が豊富なクリニックを選ぶ
  • 納得のいく治療費を提示するクリニックを選ぶ
  • 通いやすい場所にあるクリニックを選ぶ

矯正専門医がいるクリニックを選ぶ

インビザライン治療を始める上で、まずは矯正専門医のいるクリニックを選ぶことが欠かせません。

矯正専門医がいないクリニックを選んでしまうと、従来のワイヤー矯正しか取り扱っていなかったり、インビザラインやインビザライン・ライトを使って矯正ができなかったりします。

インビザラインの治療実績が豊富なクリニックを選ぶ

矯正専門医がいるクリニックの中でも、インビザラインを得意とするクリニックとそうでないクリニックがありますので注意が必要です。

インビザラインでは、アタッチメントや顎間ゴムなど様々な器具を使って治療を進めていきます。

インビザラインの治療実績が豊富なクリニックを選ぶことで、効率良く治療が進められますので、クリニック選びの一つの軸として、治療実績にも意識を置いておきましょう。

納得のいく治療費を提示するクリニックを選ぶ

インビザラインを始めるときに不安なのは、治療にかかる費用でしょう。

費用においても、クリニックによってバラバラなので、いくつかのクリニックの無料相談や、カウンセリングを受けてから治療を始めましょう。

通いやすい場所にあるクリニックを選ぶ

変化が実感できない理由として、マウスピースの着用をサボってしまうことが挙げられます。

また、クリニックが通いづらい場所にあると、定期的な通院をサボってしまい、治療が失敗するケースが非常に多いです。

インビザラインが変化なしで終わってしまわないためにも、定期検診にも必ずいって、医師とコミュニケーションを取りどのように矯正治療を進めていくのかすり合わせて行くことが大切でしょう。

インビザラインの変化は大人より子供のほうが早い!

近年では、「インビザライン・ティーン」の登場により、子供でも治療が始められるようになりました。

インビザラインを小さいころからには様々なメリットがあるため非常におすすめです。

特に骨格が成長する前に、矯正を進めておくことで得られるメリットが大きいので併せて紹介していきます。

子供のうちからインビザラインを始める理由とは?

子供のうちからインビザラインを始めることには、「変化を実感しやすい」というメリットがあります。

骨格の成長が終わってから治療する大人に比べて、顎の成長をうまく利用しながら治療が可能なため、治療期間を短く抑えることができるのです。

変化が早いので期間・費用の節約にもつながる

歯列の変化するスピードが早いため、治療期間の短縮につながります。

治療期間が短縮できるので、通常の治療費用よりも安い値段で治療が可能になると言えるのです。

また、子供のうちから歯並びを良くしておくことで、虫歯の予防や運動のパフォーマンスの向上につながるなど、様々なメリットがあるのでオススメです。

いつからインビザラインをはじめるのがよいの?

いつから矯正可能かは目的によって変わります。永久歯が生える前段階での矯正治療は6歳から8歳ごろまでに始めると良いでしょう。

本格的な矯正治療を子供のうちにするのであれば、永久歯は生えそろう小学校高学年から中学校の初めごろまでが最も適しています。

まとめ

インビザライン成功のためには、矯正治療におけるモチベーションの維持が必要不可欠です。

横顔や、歯並びの経過写真を記録していくことで、インビザラインの矯正治療における『変化』が実感できることでしょう。

治療が変化なしで終わってしまわないためにも、インビザラインの着用をサボらずに向き合って治療に励みましょう。