マウスピース矯正に対応する症例とは?症例ごとに解説!!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

マウスピース矯正はワイヤーやブラケットを使うよりも簡単に行えるのが魅力で、対応している症状も幅広く、多くの方が検討できる治療法です。

中でもインビザラインは、他のタイプのマウスピース矯正では上手く行かないような症例でも治療を目指せる場合があります。

マウスピース矯正で治せるのはどのような症例なのか?

マウスピース矯正ではどういった症例が治療可能なのでしょうか?今回はマウスピース矯正、その中でもインビザラインで治療可能な症例について見ていくことにしましょう。

マウスピース矯正例 叢生(そうせい)

叢生はそうせいと読み、ガタガタとした歯並びのことを指します。

歯が突出したり引っ込んだりしていて、一般的には乱ぐい歯と呼ばれることも多いです。

これは顎が小さくて歯が生えてくるためのスペースが少ない方や、歯自体が大きいサイズの場合に発生しやすく、歯並びが大きく乱れてしまうケースも少なくありません。

叢生は見た目にも美しくありませんが、機能的にも問題が出てくることが多いため、注意が欠かせません。噛み合わせにも問題が出てきやすく、歯磨きがしにくいので口腔衛生の悪化にも繋がりやすいです。

叢生はインビザラインで治療可能!

そうした叢生にも対応できるのがインビザラインと呼ばれるマウスピース矯正です。

インビザラインでは、割とガタガタに見える歯列でもかなり自然な歯列に矯正することができます。

叢生のせいで審美的に悩んでいる場合には、就職活動や結婚式などの大切な場面の前に治してしまうといったことも可能です。

ただ、程度によっては一部抜歯の方法も取られますが、これは他の方法でも同じ結果になることが考えられます。納得できるまでじっくりと相談して、方法を選ぶのがおすすめです。

叢生のインビザライン治療方法、費用等につきましては、こちらの記事で解説しておりますので、併せてご覧ください。

マウスピース矯正例 上顎突出(出っ歯)

上の歯の先端、あるいは歯列全体が前に飛び出しているのが出っ歯と呼ばれる状態です。

出っ歯は上顎に問題がある場合の他に、下顎が小さかったり、歯の生え方が原因となるケースもあります。

上の歯の状態に問題があるので口が閉じにくかったり、噛み合わせが悪いなどの問題も現れるのが出っ歯の特徴です

上顎突出(出っ歯)はインビザラインで治療可能

もちろん、審美的な意味でもコンプレックスに感じられる場合も多いでしょう。出っ歯と呼ばれる上顎突出もインビザラインで治療ができます。

これもインビザラインを使って綺麗に矯正することで口元の美しさだけでなく、顔全体の印象が変わることも少なくはありません。コンプレックスになっている時にはインビザラインを検討してみましょう。

マウスピース矯正例 下顎突出(受け口)

出っ歯とは反対に、下の歯列が前に出てしまうのが受け口と呼ばれる症状です。受け口は下顎突出や反対咬合とも呼ばれ、将来的に違ったトラブルに繋がるリスクもあります。

見た目的にも気になる方が多いですが、下顎の動きに問題が生じるリスクもあり、放置すると顎関節や全身骨格への悪影響も心配です。

この受け口は治療が簡単ではない傾向があり、多数の抜歯や骨を切る必要が出てくるケースもあります

手術となると大掛かりな治療ですから、ちょっと考えにくいと言う方も少なくはないでしょう。費用的にもそうですし、手術や入院となると、休みを取りにくいも多いという人も多いはずです

下顎突出(受け口)もインビザラインで治療可能!

インビザラインで受け口を矯正することができれば、症状の程度によっては気軽に治療を考えやすいでしょう。

しかし、受け口は下顎の状態によって歯列を綺麗にするのが簡単ではないケースもあります。

そのため、インビザラインが効果的な治療方法とは言っても、単体ではベストな状態までは治しきれない場合があることも覚えておきましょう

マウスピース矯正例 八重歯

八重歯は叢生の一種とされ、口腔衛生的にはあまり良い状態とは言えません。

かつてはチャームポイントとしてポジティブな受け入れられ方もしていましたが、現在では虫歯になりやすい他にも口内炎や歯周病リスクを高める可能性が指摘されており、治療が望ましいとされています。

八重歯もインビザラインで治療可能!

八重歯の治療では従来は抜歯が主流になっていたため、今でも抜く治療を勧める歯科医もいるでしょう。

しかし、八重歯はインビザラインを使うことで、抜歯せずに矯正治療を考えられるようになりました。八重歯は、歯列の中で犬歯だけが前に突出してしまった状態です。

こうなる原因は色々ありますが、犬歯は前歯の中でも最後に生え変わるために生えるために必要なスペースが足りず、前に突出しやすい傾向があると考えられています。

ですので、インビザラインを利用して歯列を整え、犬歯を本来あるべき場所に戻すことで抜かずに治療を進めることが可能です。

八重歯のインビザライン治療では、マウスピースと歯並びにギャップが生じてしまい、マウスピースが浮いてしまうというケースも見受けられます

八重歯をインビザラインで矯正治療していくときに気をつけるべき点や、費用や抜歯につきましても紹介しておりますので、ぜひ御覧ください。

他の矯正方法と組み合わせると効果的!

インビザラインは他の方法とも組み合わせが行えるので、状態を見ながら別の手段を使って効果を補正していくことが可能です

加速矯正治療などと組み合わせたり、ワンポイントでスクリューを使うなどの柔軟な対応も考えられます。

これらの方法はいずれも手軽に行なえますので、インビザラインと共に色々な方法を実施しているクリニックを選ぶと言うのも選択肢の一つになるでしょう。

インビザラインはこのように幅広い範囲の症状に適用があり、逆に対応していないものの方が少ないとされます。

日常生活に支障なく治療を始められるので、歯並びの問題で悩みがある時には、気軽に歯科医と相談してみると良いでしょう。