マウスピース矯正は痛い!?その他の歯列矯正と比較しよう!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

歯並びの矯正の効果はコンプレックスを解消するだけではありません。

歯並びが悪い状態を放置していると歯磨きなどで口内の清潔状態を保つことが難しくなり、虫歯や歯周病、口内炎などになりやすくなってしまいます。

歯の矯正にはこれら口内の不具合が起きるのを予防する意味もあるのです。

マウスピース矯正で悩みを解消できる!

歯の矯正治療は口の中の健康や印象面の改善を考えると、やった方が良いと言えるでしょう。

しかし、治療を始めると食事が取りづらくなったり、器具が相手に見えることが気になって普通に笑うことができないなどストレスがたまりやすくなるというデメリットがあります。

マウスピース矯正をしていることが目立たない

そんな悩みを解消する歯の矯正治療法がマウスピース矯正です。

この方法で使用するマウスピース型矯正の中にインビザラインという矯正方法があります。

マウスピースというとボクシングやラグビー、ホッケーなどの選手がプレー中危険にさらされる歯を守るために装着するものであるというイメージが一般的には強いですが、歯の矯正治療でも使用されています。

その大きな特徴の一つが目立たないということです

マウスピースは透明素材なので、装着後も目立ちません。見られても他人に気付かれることはほとんどないため、これまで通りの生活をすることができます

笑顔を見せる機会が多い営業職や接客業を仕事にしている人でも治療が仕事に支障を及ぼすことはほとんどないでしょう。

マウスピースを簡単に取り外しできる

また、マウスピマウスピースは簡単に取り外すことが可能です。そのため、食事の時などは一時的に外し、普段通り食事をすることもできます。

歯磨きも外した状態ですることができて、マウスピース自体も外して洗浄することができるので衛生的です。

洗浄方法については、専用の洗浄機を買うのがおすすめです。少し値が張りますが、毎日使用するものなので1日に換算するとリーズナブルな価格と言えるでしょう。

歯ブラシで自分で洗浄することも可能ですが、破損させてしまうリスクがあります。壊れた場合はまた作り直しになってしまうので注意が必要です。

マウスピースは金属素材を使っていないので、従来の方法では金属アレルギーで矯正できなかったという人でも大丈夫です

費用や期間については歯を動かす範囲によって個人差が出ます。1~2本ほどなら10万円から始めることができたという例もあり、期間は平均1~2年以内と通常の矯正方法と大差ありません。

目立たないことや治療中の口内の安全確保、衛生面を考慮してもマウスピース矯正はよりリスクの少ない方法です。

オススメのマウスピース矯正はインビザライン!

このようにマウスピース矯正はリスクの少ない矯正方法ですが、その中でも特にオススメなのが、インビザラインという矯正方法です。

仕事や学校で忙しい人にとって何度も通院するのは非常に負担になってしまいます。インビザラインでは型を取るのは一度だけです。その歯型を元に最初だけでなく、2段階目以降のマウスピースも作ることができます。

治療を受けに行くクリニックによって異なりますが、多くの場合、治療開始直後はアタッチメント装着などで通院回数が多くなり、それ以降は2~3か月に一度というゆったりとしたペースでの通院となります。

無理のないペースで治療できるインビザラインは、仕事で忙しく、なかなか通院することが難しいといった社会人を中心に選択する人が増えています。

参考記事:すべてが分かる!インビザラインの治療の流れを解説!

マウスピース矯正は痛くないのか?

マウスピースをつけている間、歯茎が強く締め付けられて痛いのではないか?とインビザラインについて不安を抱いている人もいます。

確かに微かな痛みはありますが、大きな心配はありません。

インビザラインでは一人ひとりに専用のマウスピースが用意され、治療の段階に合わせて少しずつ矯正していく方法になりますから強い痛みを伴うことはほとんどありません。

治療が進むにつれて、新しいマウスピースに交換していくことになります。

新しい物は以前の物に比べると硬めに作られていたりするため、変わった初日は少し締め付けがきついと感じることもあります

しかしそれも個人差はありますが、そう長い時間のかからないうちに慣れるでしょう。マウスピースの交換を繰り返すうちにマウスピースが変わること自体にも慣れてきます。

食べ物を噛むときに痛くないの?

食事の際にはマウスピースは取り外し、食事を摂ります。マウスピースを1日のうち20時間以上着用しているわけですから、食べ物を噛むときに痛みを感じることはないのでしょうか?

従来のワイヤー矯正では、ワイヤーを締め付けた当日などは、痛みのあまり食べ物が食べられないということもありました。豆腐ですら食べられないくらいの痛みを伴う人もいたそうです。

しかしながら、マウスピース矯正では、徐々に歯を移動させていくので、無理のない矯正が可能です。そのため食事のときにも普段の食事と何も変わりなく、安心して食事を摂ることができるのです。

参考記事:インビザライン治療中は噛むと痛い?食事中の気になる点!

その他の歯列矯正とマウスピース矯正が痛いのか比較しよう!

さてこれまでは、マウスピース矯正が痛いのかという点についてご紹介してきました。

マウスピース矯正が痛いのかどうか知るためには、その他の歯列矯正との比較が重要になってくるのではないかと思われます。

そこで、その他の歯列矯正とマウスピース矯正を比較して、マウスピース矯正が相対的に、痛いのかどうかということを判断していこうと思います。

その他の歯列矯正って?マウスピース矯正と何が違うの?

インビザラインといったようなマウスピース矯正が流行する前に、主流であった歯列矯正はワイヤー矯正と呼ばれるものでした。

ワイヤー矯正では、一ヶ月に数回の調整が必要で、さらに調整の加減については、どのくらいキツくワイヤーを調整するのかといった点は医師の判断に任せられる事が多くありました。

人によっては調整をしてもらっった後に、キツくワイヤーを締めすぎたことによって、激痛が走る、歯が痛くて全く食べ物が食べられないということもあり、「歯列矯正は痛いものだ!」という固定観念が植え付けられてしまっていることでしょう。

他の矯正と比べてマウスピース矯正は痛い!?

そうしたこれまでの歯列矯正に比べると、マウスピース矯正では痛いといったことは見受けられません。

もちろん先ほどもご紹介しました通りに、マウスピースを交換したばかりのときには多少痛いと感じることはあるかもしれません。しかしながら、食事の時であっても普段の生活と同じように過ごすことができます。

マウスピース矯正の普及によって、痛いと感じることが圧倒的に少なく治療を行って行くことができるので、歯列矯正によってストレスがを抱えることのなく治療を進めていける点がマウスピース矯正がその他の歯列矯正に比べて選ばれる点であると思われます。

マウスピース矯正はその他の歯列矯正に比べて、痛くない!!」のです。

マウスピース矯正は痛くないから子供でもオススメ!

これまでの歯列矯正であれば、痛いと感じることも多いので、小さな頃から矯正治療を行うことをなかなか推奨できませんでした。

また、乳歯から永久歯に生え変わっておらず、骨格の柔らかい子供の場合、ある程度成長するまでは、治療を始めることができませんでした。

しかしながら、近年、マウスピース矯正は矯正治療による痛みが少ないことに加え、永久歯にはえかわっていないような、小さなお子さんであっても治療を開始できるようになってきたのです。

マウスピース矯正には様々な種類があり、適用年齢によって種類分けがされているため、これまでの歯列矯正では治療が行えないといった小さなお子さんであっても問題なく治療ができるようになったのです。

その例として、近年注目を集めている「インビザライン」といったマウスピース矯正が挙げられます。

インビザラインは現在4種類に分けることができ、その中でも10代の患者に向けて作られたインビザライン・ティーンが作られたため、より幅広い年齢層の方にマウスピース矯正を進めていける環境が整いました。

小さなお子さんのほうが、大人が歯列矯正を行うよりも簡単に、治療を進めていくことができます。骨格が柔らかいため歯列を動かしやすいためで、早いうちから矯正治療を進めていくことは、費用を安く抑える、あるいは、治療期間を短くするためにも有効なのです。

また10代のうちから歯列矯正を進めていくことによって、噛みあわせが良くなり、集中力が増すといった効果が得られ、勉強やスポーツのパフォーマンスも向上させることができるので早い段階で矯正を考えてみてはいかがでしょうか

参考記事:見た目を気にする10代こそインビザラインがオススメ!!

痛いと感じても取らないように、着用期間を守ろう!!

クリニックで伝えられた装着時間をしっかりと守れば、予定していた治療期間を過ぎることなく終えることが可能です。

最初は装着するという作業に慣れていないため、無理な力をかけて歯に負担をかけてしまわないように注意が必要です

取り外しの際も爪を使って端から引きはがすという作業がありますから、爪で歯茎を傷つけないように慎重に作業しましょう。

正確な型どりで作成されたマウスピースですから、装着した状態で普段通り口を動かしても痛みというのはありませんが、どうしても異物感はあります。

国内のインビザラインを取り扱うクリニックなら大抵どこに通っても問題のないマウスピースを作ってもらえるので次第に慣れていきますが、最初のうちは多少ストレスを感じる人もいます。

特に就寝時はマウスピースが気になって寝つきが悪くなるということも考えられます。慣れないうちは外してしまいたくなることもありますが、治療期間をなるべく短くするためにも装着時間はしっかり守ることが重要です。

参考記事:インビザラインの装着期間が短い、足りないとどうなるの?