【人気インスタグラマー】サキ吉が語る歯列矯正の成功体験談




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

「歯列矯正をはじめてみたいけれど、効果があるのかな?知ってみたいな」

あなたはいま、そうお考えではありませんか?

「歯並びをキレイにしたいけど、良くわからない。一歩踏み出せない。」

そんな方は、歯列矯正の体験談を耳にし、歯列矯正の具体的なイメージがつかんでから治療を検討されるのが理想的でしょう。

そんなあなたに向けて、「笑みデンタルオフィス」では、歯列矯正の治療体験をお持ちの方にインタビューを実施しています。

この記事を読めば、歯列矯正の効果はあるのか?・治療期間はどれくらいなのか?・お金はどれくらいかかるのか?など知ることができます。

歯列矯正のことを深く理解して、最高の歯並びを手に入れるために、この記事がお役に立てば幸いです。

今回は、Instagramのフォロワー数10万人・YouTubeのチャンネル登録者数は6万人を超える大人気インフルエンサー「サキ吉」さんに歯列矯正の体験談を伺いました。

【サキ吉 (さききち)】インスタグラマー・モデルとして活躍。Instagramのフォロワー数9.8万人・YouTubeのチャンネル登録者数は6万人を超える大人気インフルエンサー。JSAアイシングクッキー認定講師という一面も持つ。

歯列矯正をはじめるまでの悩み・はじめるキッカケとは?

歯並びの悩みは人それぞれです。まずは、歯列矯正をはじめる際にどんな悩みを抱えていたのか、そして歯列矯正をはじめるキッカケとなった出来事についてお話を伺いました。

「八重歯」が悩み。笑顔で写真に映りたかった。

笑み

歯列列矯正をはじめるまで、歯並びにどんな悩みを抱えていましたか?

またどんな時に歯並びが気になりましたか?

サキ吉さん

高校生のころまで、「八重歯」に悩みを抱えていました。

大きい牙のような「八重歯」があって。歯がガタガタな状態で、前歯の横に引っ込んでしまった小さな歯があったのを覚えています。

下の歯もバラバラに生えている状態で、顎が小さかったこともあり、歯がキチンと並ばなかったと歯医者さんに言われましたね。

特に口元にコンプレックスを抱えていました。

写真とか笑っている写真は全然なかったですね。 写真撮るときにも口元を手で隠してたりしてました…。

歯列矯正を始めるキッカケは高校3年の時。

笑み

人前で笑顔を見せられないと辛いですよね…

写真を取るときにも自信をもって笑顔で写りたいものです。

そうした中、「歯列矯正をはじめるキッカケ」はどんなものでしたか?

サキ吉さん

歯並びを治すキッカケになったのは18歳のときです。

高3の時にアイドル活動をすることになったんです。その時の事務所に紹介してもらった歯医者さんで、歯並びを治すことになりました。

事務所に入ってからすぐオーディションがあったため、それに間に合わせるように歯を治していくということになりました…。

だいたい3、4か月ほどワイヤーを使って矯正をしたと思います。

歯列矯正の失敗談とは?抜歯や費用について

歯列矯正の治療方法や、その流れについては症状によって異なってきます。

なので、自分の症状はどのような治療法を取るのか事前に知っておくことが必要になってきます。

「サキ吉」さんの矯正治療を一例として、あなたの歯列矯正がどのようなものかを想定してみてはいかがでしょうか。

抜歯と削歯、「セラミック」で仮歯を作り歯並びを改善。

笑み

オーディションに合わせるために、歯列矯正をはじめたのですね。

3、4か月という短いスパンで矯正を行うのは大変そうですね…

では、次に具体的にどのような治療方法だったのか、治療の流れについても教えてください。

サキ吉さん

前歯の横の引っ込んでいた歯を抜いて八重歯を削って、、、という流れでした。

6本あった前歯のうち2本を抜歯して、4本に「セラミック」を被せました。

4本になったところに6本分のセラミックを被せたんです。

顎が小さく歯が並ぶスペースがなくて、後ろに引っ込んでいた歯もありました。

そのスペースに「セラミック」を6本並べて入れたので、一本一本のセラミックの歯がとても小さくて…

繋がっている歯じゃないといけなくて、マウスピースのような「ブリッジ」という歯をつけました。  だからとても不自然でしたね。

歯列矯正でかかった費用は○○万(ブリッジの費用含む)

サキ吉さん

この治療でがかかった費用が約125万円です。

高校三年生だったので、親に将来払いでお願いしますと払ってもらいました。

ですが、抜歯したり、ブリッジを入れたり、短期間で歯並びを改善しようとしたので、すごい不自然な歯並びになってしまいました…

笑み

治療費は高くなるので、学生では払えませんよね。

たしかに、ブリッジやインプラントを入れると、さらに費用がかかってしまいます。

インプラント一本で数万~数十万というクリニックもあるので治療費の工面も大変ですね。

歯列矯正再スタート!「裏側矯正」での治療方法

サキ吉さん

結局大学生になった時に友達から「歯、偽物だよね?」とか、写真とか見ても歯が繋がっているから気になってしまい、さらに不安になっていましたね。

歯列矯正には分割払いもあるので、一括で払えないという方でも安心です。

結局その後、私の場合は「裏側矯正」を始めることになります。仕事的にも撮影があるので、歯の表側に矯正をするのは難しいので、歯の裏側につける舌側矯正をしました。

歯列矯正の治療期間とは?矯正中の悩み・困ったことについて

歯列矯正では、1~2年間の治療期間が必要になることが多く、症状の軽い方でも半年、症状の重い方であれば、2年以上かかるともいわれています。

長いスパンで治療を行っていくので、治療中の悩みや不安が出てくるのは避けられません。「サキ吉」さんの治療では、どのような悩みがあったのでしょうか。

矯正期間は1年半。矯正中に困ったことは洗浄方法

サキ吉さん

舌側矯正で1年半矯正しました。

もともと滑舌が良い方ではないので、さらに悪くなるし、舌が傷ついてボロボロになってしまうし…

口内炎がひどくて痛くてご飯も食べられませんでした。 食べ物がワイヤーに挟まるのも嫌でしたね。

笑み

ワイヤー矯正の悩みは「口腔内が荒れやすいこと」ですよね。

口内炎ができてしまったり、食べたものがワイヤーに引っかかり、取りづらいのも悩みの種です。

サキ吉さん

矯正始めて、 2ヶ月くらいろくにおいしいと思ってご飯を食べることはできていなかったです。 裏側矯正は覚悟が必要です。

裏側矯正を始める時に、まずは以前被せた「ブリッジ」をとって、4本の歯に対して4本の仮歯を被せました。

仮歯の大きさを調整しながら矯正していって、歯の隙間を作り、その隙間を埋める形で矯正をしていきました。

歯列矯正後はマウスピース型のリテーナーを着用する?

歯列矯正がおわっても、治療した歯並びが元に戻ってしまう恐れがあります。

歯並びが元に戻らないためにも、マウスピース型のリテーナーの着用が欠かせないのです。

裏側矯正後、前歯を「ジルコニア」に。リテーナーも継続中

サキ吉さん

1年ほど裏側矯正を続け、前歯の差し歯を「ジルコニア」にかえました。 歯並びが元に戻らないように今はマウスピースで固定しています。

撮影のときや、食事のとき以外は、基本的に歯並びが戻らないように固定しています。

笑み

意外かもしれませんが、リテーナーの着用は矯正治療の中で最も大切です。

リテーナーの着用を忘れない、これが矯正治療を成功させる秘訣かもしれませんね。

前歯を「ジルコニア」に変えた理由はどんなものだったのですか。

サキ吉さん

「セラミック」よりも強度が高く、「ジルコニア」の方が透明感があってキレイなんです。

「ジルコニア」にした決め手は、「透明感があるかどうか」ですね。

「ジルコニア」の白さに合わせてホワイトニング治療

笑み

「ジルコニア」の白さに他の歯を合わせる必要がありますよね。

歯列矯正を進めていく中で「ホワイトニング」治療を始める方も多くいらっしゃいます。

「ホワイトニング」治療はどのように進めていきましたか。

サキ吉さん

はい。やっぱり「ジルコニア」が白いので、それに合わせて他の歯も「ホワイトニング」を行いました。 2ヶ月くらいで理想の白さが手にできたかなと。

歯医者さんでのホワイトニングと、ホームケアの両方をやって、ホワイトニングをして歯の白さを揃えました。

めちゃくちゃ白い歯は嫌だったので、「ジルコニア」の中でも白さは自然なものを選びました。

「歯列矯正・ジルコニア」をあわせた費用・値段とは?

サキ吉さん

期間は1年半で、費用の内訳は、ジルコニアが1本6万なので上前歯4本で24万円。

舌側矯正は上下で180万円、その他器具代(マウスピースなど)や仮歯代などで合計230万程でした。

歯列矯正のデメリットを感じることありましたか?

歯列矯正では、歯が痛い、ワイヤーが目立ってしまい気になる、手入れが面倒などのデメリットも多くあります。

「サキ吉」さんはどのような悩みやデメリットだと感じていたのでしょうか。

仮歯や抜歯など見た目が気になった時も…

サキ吉さん

痛みはもちろんですが、抜歯をした時や、仮歯で歯が大きく見た目の問題に苦しみました。

6本歯があったところに4本の仮歯を入れたので、ひとつひとつの歯が大きくて目立ってしまいました。

仮歯にした当初は嫌だったのですが、歯科矯正が進むにつれて歯も小さく削っていったので気にならなくなりました。

とにかく仮歯にした時と抜歯をした時、最初はとても気になったので、矯正で女の子が1番嫌だなと思う期間はこの時期だと思います。

サキ吉さん

また、硬いものも食べてしまってよくワイヤーが取れたので、食べ物に気をつければよかったです。

注射器に入ったガムのようなものがあって(ギシグーみたいな名前だったような……)、ワイヤーが痛いところに貼り付けて使えたので良かったです。

歯列矯正を検討されている方に向けたアドバイス!

笑み
1年半の矯正、セラミックやジルコニアの治療を経験された「サキ吉」さん。最後に歯列矯正を検討されている方に向けて一言お願いします。
サキ吉さん

約一年半、矯正してみて本当にやってよかったなと思います。

お金のこともあると思うし、歯列矯正を強制はしません。でも、口元がコンプレックスだったので、歯列矯正を終えて自信に繋がりました。

笑った写真を取れるようになったので本当にやってよかったなと思います。 性格も「以前に比べて明るくなった」と言われる機会が増えましたね。

いままでは歯がコンプレックスだったのに、今では歯を褒められるようになったのでこの違いはすごいなと思っています。

サキ吉さん

噛み合わせの問題もあるので、歯並びが悪いと、頭痛になったり様々な病気になってしまうという方に、歯のメンテナンスはおススメです。

自分の歯を綺麗に保つことはとても大切です。

歯列矯正は本当にやってよかったと思います。お金も分割で払えたりするので、悩んでる人は歯医者さんにカウンセリングに行ってみることをおすすめします。

歯列矯正をする芸能人は数多い!あなたも治療を始めよう!

歯列矯正の体験を耳にし、歯列矯正の具体的なイメージをつかむことはできましたか?

笑みデンタルオフィスでは、今後も歯列矯正の治療体験をお持ちの方にインタビューの実施予定です。

歯列矯正の効果はあるのか?・治療期間はどれくらいなのか?・お金はどれくらいかかるのか?など知り最高の歯並びを手に入れましょう。

今回、インタビューにご協力いただいた「サキ吉」さんはInstagram、YouTube、Twitter等でも歯列矯正の体験談についての投稿をしていらっしゃいます。

ぜひフォローしていただき、歯列矯正について少しでも知っていただけたらと思います。