【プロが教える!】マウスピース矯正のデメリットと解決法!




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

目立たない歯列矯正法として近年注目されているのが、マウスピース矯正です。

特に、透明のマウスピースを使用するインビザラインの矯正は、大人から子供までトライ出来ることが魅力の一つです。

しかしながら、マウスピース矯正にはメリットばかりだなんて、そんなことはありえません

あなたが知らないと損してしまうような、マウスピース矯正のでデメリットもいくつかしてあるため、デメリットを正しく理解しておくことが必要なのです。

ここでは、インビザラインをはじめとする、マウスピース矯正のデメリットを幾つかご紹介します。

対象読者

  • 歯並びに悩みをもつ方
  • マウスピース矯正をはじめたい方
  • マウスピース矯正を現在治療中の方
  • マウスピース矯正に不安をお持ちの方
  • マウスピース矯正のデメリットが知りたい方

マウスピース矯正のデメリットとは?

マウスピース矯正のデメリットとは何でしょうか?

主なマウスピース矯正のデメリットとして、以下の4点があげられます。

  1. 適用できない症例がある
  2. 効果に差が出やすい
  3. 手入れが面倒
  4. 費用が高い

マウスピース矯正のデメリット① 適用できない症例がある

インビザラインといった、マウスピース矯正では、使用者の歯並びに合わせて作成した透明のマウスピースを歯に装着して使います。

この方法のデメリットとして挙げられるのが、

  • 歯並びの状態によって適用出来ない場合がある

という点です。

歯列全体の、複雑な矯正が必要な方の場合は、ワイヤーを使ったアプローチの方が適している場合があります。

マウスピース矯正だけでなく、様々な矯正方法を組み合わせて、その人にふさわしい矯正を進めることが大切なのです。

マウスピース矯正のデメリット② 効果に差が出やすい

また、このインビザラインなどの、マウスピース矯正の場合、

  • マウスピースの装着時間や使い方などによって効果に差が出やすい

のもデメリットといえます。

医師が装着するワイヤーと違って、インビザラインなどの、マウスピースは自分で取り外しができます。

自宅での装着時間が短く、つけかたが間違っているといった時には、本来の効果が下がって矯正に失敗します。

インビザラインで失敗しないためにも、インビザラインの体験談や失敗談をチェックしていくことも重要です。

どうしたら矯正治療が失敗してしまうのか?であったり、気をつけなくてはいけないポイントはどういったことか?など、学んでいくことで今後の矯正治療に生かしていけるのではないでしょうか?

マウスピース矯正のデメリット③ 手入れが面倒であること

自宅で使用する矯正器具は、保管の仕方や装着した後のクリーニングなどに気を配ることが必要になるため、

  • お手入れが面倒である

点も1つのデメリットです。

マウスピースの使い方、お手入れ方法などを十分に理解をした上で行う必要です。

マウスピースは食事のときに毎回取り外して食事をとります。食事の後に歯を磨くことは、最低限するべきことですが、マウスピース本体にも汚れはどんどんたまっていきます。

汚れがたまってままにしておくと、虫歯や歯周病の原因になってしまうので、マウスピースをきれいな状態にしておかなくてはなりません。

しかしながら、毎回マウスピースを取り外すたびに、マウスピースの細部まできれいにブラッシングをすることはできませんよね?

ブラッシングをしているつもりでも目に見えない汚れなどは付着したままとなってします。

これで、マウスピースを清潔な状態に維持することの大切さと、手入れの面倒であるということはお分かりになって頂けたかと思います。

そこで、こうした手入れが面倒だというマウスピース矯正のデメリットを払拭するために、オススメのマウスピース洗浄方法を紹介していくことにしましょう。

超音波洗浄機を使って、お手入れのデメリットを払拭しよう!

オススメの洗浄方法は、超音波洗浄機による洗浄方法です。

超音波洗浄機を使うことによって、ブラッシングをすることなく、マウスピースの隅々までマウスピースを洗浄することができるのでとてもオススメです。

価格も3000円程度とお求めやすく、マウスピースの洗浄方法としてはうってつけです。

「外出時は、超音波洗浄機は使えないじゃないか!」と思われるかもしれませんが、外出時には外出時に適したマウスピースの洗浄方法があります。

外出先であっても、気軽に簡単にマウスピースを嫌いにお手入れできるので安心してください。

外出時にオススメの洗浄方法につきましては、以下の参考記事で詳しく紹介しておりますので、併せてご覧ください。

マウスピース矯正のデメリット③ 費用が高いこと

マウスピース矯正をはじめたい方が一番不安に感じることは、

  • マウスピース矯正にかかる費用が非常に高額である

ということでしょう。

マウスピース矯正の中で一番ポピュラーである、インビザラインですが、インビザラインの矯正にかかる費用は~約80万円ほどかかってくるのです。

引用元:精密審美歯科

マウスピース矯正をはじめるうえで、ほとんどの方は歯列全体を矯正して行く必要があります。

約80万円程度の費用がかかるのが相場価格となっており、金銭的にデメリットとなっているということができるのです。

デメリットを改善!?オススメの「キレイライン矯正」

そんな金銭面でのデメリットを改善してくれるのがキレイライン矯正です

約80万円の費用がかかっていたマウスピース矯正ですが、このキレイライン矯正によって低価格での矯正治療がカンタンにできるようになったのです。

費用面のデメリットによって、治療を始められなかったという方も低価格で始められるキレイライン矯正をつかって矯正を始めることができるようになりました。

低価格でオススメ!!キレイライン矯正はこちらから

当サイトでは、キレイライン矯正の詳しい値段設定や、治療の流れ、対応する症状について詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください!

マウスピース矯正のメリットを再確認しよう!

それでは、デメリットを見ていくだけでなく、マウスピース矯正のメリットにつきましても確認していくことにしましょう。

マウスピース矯正のメリットとして以下の点が挙げられます。

  1. 目立たない
  2. 口腔内を傷つけない
  3. 取り外しが可能
  4. 年齢にかかわらず利用可能
  5. 費用面で見てお得になる場合も!

マウスピース矯正のメリット① 着用していることが目立たない

ただ、インビザラインのようなマウスピース矯正にはメリットもたくさんあります。

例えば、

  • 透明なマウスピースは人目に付きにくい

のが利点です。

矯正をする時に器具が目立つことを気にする方は多いですが、透明のマウスピースであれば付けていることはほとんど分かりません。

マウスピース矯正のメリット② 口腔内を傷つけない(金属アレルギーでもOK!!)

また、インビザラインのようなマウスピースは凹凸が少ないため、

  • 歯茎や粘膜などを傷つけず、金属製のワイヤーやブラケットに比べて痛みが少ない

という点もマウスピース矯正のメリットの一つといえるでしょう。

ポリウレタンなどが素材になっているマウスピースの場合、

  • 金属アレルギーの方が問題なく使える

点も大きなメリットになるでしょう。

アレルギー体質でこれまで矯正を諦めていた方も、インビザラインのようなマウスピース矯正であればトライ出来る可能性が出てきます。

マウスピース矯正のメリット③ マウスピースの取り外しが可能

さらに、インビザラインのようなマウスピースは

  • 取り外しが簡単に出来る

点もメリットになります。

必要な管理さえきちんと行えば、ご紹介したようなデメリットを抑えて矯正をすることは不可能ではありません。

マウスピース矯正のメリット④ 大人も子供も年齢にかかわらず利用できる

またインビザラインのようにマウスピース矯正は、

  • 年齢に関わらず利用出来る

という特徴があります。

この矯正は小学校1年生程度からトライすることが可能で、治療を適用出来る年齢はかなり広いと言えます。

実のところ、インビザラインのようなマウスピース矯正は学校生活への影響を気にするお子さんはもちろん、大人になってから矯正をスタートする方からも注目されています。

近年では、子供向けのインビザラインとして、インビザライン・ティーンが誕生しました。

このインビザライン・ティーンは、まだ永久歯に生え変わってない状態の小さな子どもであったも、矯正を始められるようにつくられた矯正方法です。

永久歯に生え変わっていない、顎の成長がまだ進んでいない子供の場合、大人に比べて歯をスムーズに移動させることができます。

治療期間も短くでき、治療費用も安く済ませることもできるといえるので、早いうちから矯正治療を行えるインビザライン・ティーンを、小さいお子さんをお持ちの方は、ぜひお子さんに勧めてあげるとよいのではないでしょうか。

例えば、

  • 人と接する機会が多い社会人の方
  • 就職活動中の学生の方

の中には敢えてマウスピースでの矯正を希望する方もいるほどです。

また、

  • トロンボーンやフルートといった管楽器を演奏する方
  • 格闘技を趣味にしている方

にも向いています。

菅楽器を演奏する際には矯正用のワイヤーやブラケットが邪魔になることがありますが、マウスピースなら支障が出ない可能性が高まります。

格闘技やサッカーなどのスポーツをする時でも、思わぬ怪我をする心配が少なくなるでしょう。

マウスピース矯正のメリット⑤ 費用面からみてもオトクな面が多数ある

ワイヤーでの矯正より費用を抑えられる可能性がある点も、マウスピース矯正の特徴として挙げられます。

ワイヤーを使った矯正の場合、平均的な費用は80万円から100万円といったところです。

ワイヤーの力を利用するこの矯正方法では、一部分の歯並びを治したい時でも複数の歯にワイヤーやブラケットを設置することがあります。

マウスピース矯正であれば部分矯正で済む場合であっても、ワイヤー矯正では、半強制的に歯列全体の矯正方法で矯正方法をとるしかないのです。

例えば、前歯を矯正する時でも奥歯に装着したワイヤーの引力を利用して矯正していくケースがあり、費用がかさむことがあります。

この手の治療は細かい矯正がしやすいという利点がありますが、やはり費用は上がる傾向が見られます。

その点、インビザラインのようなマウスピース矯正は部分的な矯正が比較的しやすいです。

数本程度の矯正であれば、1本につき10万円前後の費用で済む場合もあり、費用を抑えたい時にも検討してみる価値がある治療法です。

ただ、正確な費用は完了するまでの期間によって大分変わりますので、その都度歯科医師に確認しておくのがベストでしょう。

マウスピース矯正を始めるときに気にするポイントとは?

選べる矯正方法は、受診したクリニックによってさまざまです。

歯列矯正ではまとまった費用が発生しますので、治療を始める時には自分の歯の状態や希望などを考えながら、最適なクリニックや矯正の方法を選んでいきたいところです。

インターネットなどを利用して、予め歯列矯正について情報を集めておくのも1つの方法になるでしょう。

気になるクリニックを訪れて、とりあえず相談してみるという方法もあります。診察やレントゲンでまずは正確な状態をチェックしてもらいましょう。

医師によって見解が違う可能性もあるため、セカンドオピニオンを得ることも時に大切です。最適な歯列矯正の方法を探り、後悔のない治療法を選んでいきましょう。

マウスピース矯正はクリニック選びが非常に重要!!

マウスピース矯正は、日本で普及しはじめてから十数年と、まだ歴史の浅い治療方法です。

先に述べましたように、クリニックによってどの治療法をとっているのかは異なってきます。近年では、インビザラインに加えキレイライン矯正などの様々な種類が増加してきました。

クリニックによっては、マウスピース矯正の治療経験が少なく思うように歯並びの改善が進まないといった場合も起こり得るのです。

そこで、当サイトでは、治療実績が豊富で、国内トップランクの治療経験を持つ医師が多数在籍している精密審美歯科センターについてご紹介しています。

引用元:精密審美歯科

治療実績の多い信頼のおける医師のもとで、歯列矯正を進めていくことで、治療がうまくすすまないで治療にかかる費用が増してしまうこともありませんし、人それぞれの症状応じた治療方法をうまくとっていくことが可能になってきます。

無料相談では、精密審美歯科の治療実績豊富な医師によるカウンセリングを実施しており、歯列矯正についての疑問点や、自分の症状にどの治療方法が適しているのかも診断していただけます。

マウスピース矯正に自分が適しているのか、どの治療方法をとり、どれくらいの費用がかかるのかもより具体的にイメージすることができるためぜひ、無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。

国内トップ医師の診断!精密審美歯科センターはこちらから

まとめ

マウスピース矯正を始めるときには、メリットだけでなくデメリットを把握しておくことも重要です。

マウスピース矯正のデメリットを把握することで、より良い矯正生活が送れるようになることでしょう。

今回は、デメリットだけではなく、メリットや特徴などもまとめていきました。

今後、マウスピース矯正をはじめてみたいという方もぜひ参考にしてみてください。