インビザラインにおけるゴムかけとは?その効果や注意点を紹介




2018年最新 ▼当サイトで人気の歯列矯正

【1位】 【精密審美歯科センター】
安心の価格設定!国内トップの医師に相談
精密審美歯科について知りたい方は こちらをご覧ください

【2位】【大塚駅前歯科】
手術なし!非抜歯率99.8%で安心!
大塚駅前歯科について知りたい方はこちらをご覧ください

【3位】 【キレイライン矯正】
業界最安値!短期間での治療が可能
キレイライン矯正について知りたい方はこちらをご覧ください

歯列矯正経験者が『患者』目線で厳選しています
Pocket

インビザラインでは、「ゴムかけ」と呼ばれる過程があります。

「ゴムかけ」とは、その呼び名のとおり、小さなゴムを矯正器具にかける作業です。

インビザラインで歯並びを矯正したことがない人だと、「ゴムかけって何?」

「どんな効果があるの?」「注意点は?」などといった、さまざまな疑問が出てくると思います。

ここでは、そんなインビザラインのゴムかけについて、詳しく説明していきましょう。

インビザラインにおける「ゴムかけ」について

インビザラインにおける「ゴムかけ」をする意味は何なのでしょうか?

「ゴムかけ」の目的、やり方についてまずは確認していくことにしましょう。

矯正治療でゴムかけをする意味とは

インビザラインでは、なぜ「ゴムかけ」をするのでしょうか。

その目的は「上下のかみ合わせを正しい位置に動かすため」です。

「ゴムの力で歯を動かすことができるの?」とびっくりする人もいますが、根気強くゴムかけを行うことで、歯を目的の位置まで動かすことができます。

顎間ゴムのつけ方について

引用元:SHIN矯正歯科

インビザラインを使った矯正の際に使うゴムの名前は「顎間ゴム」といいます。

このゴムは、インビザラインに出っ張りを2つ付け、そこに直接ゴムを引っ掛けて使用します。

出っ張りはボタンと呼ばれていて、以下の2種類から選びつけていくことになります。

  • 強度は強くないが目立たない白色のもの
  • 強度は強いが目立ってしまいやすい銀色のもの

以上の2種類を上手に使い分けながら、治療を進めていくことになるでしょう。

インビザラインでゴムかけをする効果とは?

インビザラインでゴムかけをするとどのような効果が現れるの?」と疑問に思う人も

中にはいるのではないでしょうか。

インビザラインでゴムかけをする効果は、場所によって変わります。

出っ歯を治すことができたり、上下のかみ合わせを正しい位置に持ってくるなど、ゴムをかける場所により、その人に合った効果が見込めるでしょう。

前歯にゴムかけをする効果

インビザラインを使った矯正では、前歯にゴムかけをすることがあります。

前歯にゴムかけをすると、前歯の凹凸や上下のかみ合わせの微調整ができるようになります。

大体は綺麗な歯並びになってきたけれど、あと一息という感じだというときなどには、前歯にゴムかけをして微調整することになるでしょう。

出っ歯の矯正に効果的

インビザラインを使った矯正中のゴムかけは、出っ歯の矯正にとても大きな効果を発揮します。

犬歯前後の部分にゴムをかけ、出っ歯を矯正していくのが一般的です。

あまりにもひどい出っ歯のときには、インビザラインだけでは対処できないこともあるので、1人1人に合った方法を医師と一緒に考えていきましょう

矯正中にゴムかけをさぼってはダメ 

ゴムかけでとても大切なことは、矯正中にゴムかけをサボってはいけないということです。

ゴムかけをすると、しゃべりづらいだけではなく、見た目にも影響があります。

何をするときにも口からゴムが見えてしまうので、恥ずかしいと思う人も多いようです。

ですが、矯正中のゴムかけをサボってしまうと、効果が薄くなり、矯正が完了するまでに時間がかかってしまいます。

できるだけ長い時間ゴムをかけておくことが、矯正期間を長引かせずに完了するコツになります。

インビザラインのゴムかけ時間とは?

食事中と歯磨きのとき以外は、ずっとゴムを付けておくことがすすめられています。

「そんなにずっとゴムをかけておかなければいけないの?仕事中は?」と心配になってしまう人も多いかもしれません。

治療の一環なので、職場に理解してもらって、ゴムをつけたまま仕事をしているという人も多くいます。

どうしても仕事中はゴムをかけることができないという人は、仕事をしていない時間~就寝時間に限りゴムかけを行っているようです。

もちろん、全く効果がないわけではありませんが、ずっとゴムかけを行っている人に比べて歯の動きは少なくなります。

治療期間も大きく延びてしまうだけでなく、歯へのダメージも心配になってくるでしょう。

ゴムかけをする期間はどれくらい?

ゴムかけをする期間ですが、1人1人全く違ってきます。

ですが、毎日20時間以上しっかりとゴムかけを行っている人だと、1ヶ月で目に見えるくらいの効果が現れてきます。

逆に、1日12時間(自宅にいる時間のみゴムかけを行っている場合)しかゴムかけを行わないと、数ヶ月がんばっても目に見えた効果がなかったという人も多くいます。

ゴムかけは、とにかく1日のうち長い時間継続して行わないと、思ったように効果が出ず、意味がない治療だといえるでしょう。

ゴムかけを行うのは最終段階

引用元:SHIN矯正歯科

「ゴムかけはいつ行うの?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

ゴムかけを行うのは、治療の最終段階です。

インビザラインの治療は以下のように進めていくケースが一般的でしょう。

  1. 最初は虫歯の治療や必要があれば抜歯などの処置をする
  2. 次にインビザラインのみでの矯正を行う
  3. その後ゴムかけをして微調整を行っていく

ゴムかけを行い始めたら「もう少しで矯正が完了する」という目安になります。

ゴムかけを夜だけ行う場合

ゴムかけはどうしても日常生活で悪目立ちしてしまいます。

仕事先での理解が得られなかったり、接客業だと「清潔感がない」といわれてしまうこともあるでしょう。

どうしてもゴムかけを1日中行えない場合、夜だけ行っているという人も多くいます。

ですが、どんなに時間がないという人でも、1日に18時間以上は継続して使ってほしいというように、クリニックでは説明されることが多いのです。

あまりにゴムかけを行う時間が少ないと、歯にダメージがかかってしまったり、治療が数ヶ月以上長引いてしまうこともあります。

インビザラインにおける「ゴムかけ」のデメリット

インビザラインだけを使用して矯正を行う場合、矯正器具が目立たないので「歯の矯正をしている」とばれることなく歯並びをよくすることができます。

ですが、ゴムかけを行う場合、デメリットも出てきてしまい、「こんなはずではなかった」と後悔してしまう人も多いようです。

ここでは、インビザラインにおけるゴムかけのデメリットについて紹介していきます。

ゴムかけによって目立ってしまう

1番のデメリットは、「ゴムかけ」のゴムが目立ってしまうというものです。

ゴムかけようのゴムは、普通にしゃべるだけでも目に付いてしまい、「常にガムを食べているよう」だとも言われています。

治療の一環なので、職場での理解を得られることも多いのですが、治療している本人が恥ずかしいと感じてしまうこともあるでしょう。

日中に付けなくなってしまったり、接客業などの場合、不潔に見えてしまうのでクレームにつながってしまったという悲しい出来事も実際にあります。

アタッチメントと併用できる?

アタッチメントとゴムかけの併用はできるの?と疑問に思う人もいるでしょう。

結論としては、アタッチメントとゴムかけの併用はできます。

ただし、併用するかどうかというのは医師が判断することなので、一概に「併用できるからしてもOK」とはいえません。

あくまで、1人1人の状態に合わせて行うことが重要なのです。

ゴムかけで痛みが生じる

ゴムかけで痛みが生じてしまうというのも、デメリットの1つになります。

ただし、歯の矯正に痛みはつきもので、どんな方法で矯正を行ったとしても、多少の痛みは我慢しなければいけなくなるでしょう。

数ある矯正の方法の中で、「ゴムかけ」は痛くない部類にはいります。

中には、全く痛くなかったという人もいるくらいなので、あまり気負わずに治療をしていってはどうでしょうか。